2016年10月29日

【刮目】はるかぜちゃんの「いじめ考察」から思う世の欠落

↓1)記稿.2016/10/29

> 抜粋


 いじめられる側に原因があるか聞かれたら
 完璧な人間はいないので、ある、と答えざるをえません。
 けれどそれは、いじめる側が原因を相手の中に「見つけた」だけのことだと思います。
 まずいじめる側に、誰かをいじめたいという目的(結果)があって
 その目的に向かって、原因を探し出されたのです。


 @少し自分語りをします‥
 ぼくが小学校のときに声優を目指していると言ったら
 ある人が「テレビのバラエティにしか出ていないくせに」
 「声優学校にも行っていないくせに」と言って、ぼくのことを笑いました。

 Aそのあと、ぼくは声優学校に通える年齢になったので
 声優のレッスンに通いはじめました。するとその人は
 「いくら声優のレッスンだけ受けても、テレビに出ているやつなんかダメだ。
 本気で声優になりたい人は真剣に舞台で芝居をやっているんだ。」
 と言って、ぼくのことを笑いました。

 Bそのあと、ぼくは偶然にも舞台と出会い、
 すっかり舞台の面白さにハマり、
 いま舞台のお仕事をしているのですが、その人は
 「あいつは落ちぶれてテレビにも出してもらえなくなって、
 小劇場にしか出られなくなったから、声優になんかなれない。」
 と言って、やっぱりぼくのことを笑っています(笑)

 C何が言いたいかというと、
 いじめられる側からいくら「いじめる人に言われる原因」を取り去ったとしても
 その人の中にある、他人をいじめたいという「結果」が変わらない限り、
 人は、永遠にいじめられ続けるのです。

 いま、誰かにいじめられていて
 「自分にも原因があるから仕方ない」とか、
 「悪いところをなおせばいじめられなくなるかも知れない」とか考えて苦しんでいる人がいたら
 ぼくの@からCまでの話を何度か繰り返し読んで、
 Bのところで思い切り吹き出してみてください。

 これを読めば、
 変わる必要があるのはいじめられる側ではなく、いじめる側であるということ‥
 そして
 いちいち人の意見に振り回され、
 他人の望む自分になることのバカバカしさが分かるでしょう。


 いじめられる側に原因があるのは
 いじめる側に「いじめをしたい」という結果があるからです。
 原因があって結果があるのではなく
 結果があって原因がある。
 いじめる人が変わらなければ、いじめられる人がいくら努力しても、
 いじめが無くなることはありません。
 自分の人生を生きてください。


> ‥なかなかの考察、しかし、未熟にも浅はかさもありますね。さてどこでしょうか?
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:36 | Comment(0) | 刮目/2016 | 更新情報をチェックする