2016年12月08日

【プレバト】雪の列車、俺も詠んでみた

向宜詠吟.2016/12/08

|細氷や待てる駅に吾ひとり
|幻日や汽笛が走る雪の原
|雪よぎる軌条に消ゆ太陽柱
|月暈や雪見の駅に降り立ちて



> うた詠み終わります、ありがとうございました。



語稚草

 細氷【さいひょう】‥いわゆるダイヤモンドダストどえーす。(晴れ間のようでも雪の扱いでーす)
 幻日【げんじつ】‥太陽が大気中のレンズ効果で(現象が全部揃うと)神の目のように見える。
 太陽柱【たいようちゅう】‥とくに冬に限らず、朝か夕に太陽の光筋が上方に立ち伸びるような光景。
 月暈【つきがさ・げつうん】‥月の周囲に見える光の環&輪。

 ※ 「細氷」と「幻日」は冬の季語になりうるが、「太陽柱」と「月暈」は該当せず。


 



稚草

 ‥(やれやれ)基本的に「雪の」と書けば、雪が降っとるわけでして
 そこに気がついて、えらい手間取っちまいました。

 「雪の晴れ間」のように断っちまえば、晴れてるわけですが、
 「太陽柱」と「月暈」はどうにもそれのインパクトが不足していまして
 ‥斯様な感じにまとまりました。


> 言い訳をしておくと


 ‥概ね、太陽柱が消えるのは、山の向こうです。
 少なくともそれが「軌条に消ゆ」の条件です。海では違ってしまうのです。
 北海道と言えども、西向きが見えるように路線が行き交うのは、太平洋側の海岸沿いかと思います。
 山中を走っていては、「軌条に消ゆ」なんて前に隠れてしまうかと(見えない見えづらい)
 そりゃ北海道はデッカいだけに、
 局部的に軌条の向こうに沈みそうな地形は、他にもいくらか候補は上がると思いますが
 それとて、電車の本数を鑑みるに車窓からのチャンスは少ないかと‥(待ちぼうけが前提です)

 ‥狙うとすれば、朝方の方の太陽柱だと思います。
 でも「昇る」にしては、余計に字余りになっちまうんです!


 月暈が電車の頭上に位置するなら、電車の窓から見えるかどうかは微妙でしょう。
 ‥ということで、駅に降りて始めて気がつくなんて具合かなと。


 (面白いことに、そんな具合に音数が整うんですな、さすがに太陽柱は下五だけ字余りですが)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:27 | Comment(0) | プレバト俳句 | 更新情報をチェックする