2016年12月14日

【勝手句帳】057 28-12-9 其の2静岡新聞掲載分から

↓9)向宜詠吟.2016/12/16...20161214...

|子と母の影を夕日が照らし出す     浜松市・浜松川柳社いしころ会

|影法師ならべる親子の帰り道 煙突煙る昭和の銭湯


 ‥ぶっちゃけ、「子と母を夕日が照らす」です
 さらにツッコむと‥影を照らしているのではなく、何か対象を照らすから影ができるのであって
 影を照らそうとすれば、そこに浮かび上がるのは心の翳りつまり闇でしょうか‥

 という勘違いになりかねないので、「影法師」を使う所から始めましょう。
 ‥それとも母子家庭ながらのどん底加減を詠みたかったのでしょうか?
 ‥それはそれで、俳句でしたためるのは無謀かと


> ちなみに、昭和の銭湯のピークは人口差により地域によりまちまちに思われます。
> それでも昭和40〜50年代あたりはまだまだ経営が成り立っていたと思われます。
> やはり、昭和バブル崩壊が大きいかと思います。(風呂だけにバブル崩壊ですかな)




|仰向いて目で追う雲の七変化      浜松市・浜松川柳社いしころ会

|仰向いて目で追う雲の七変化 空なんもせずとも自由を為せり


 ‥季節感が定かに無いので、その点でパンチに欠けますが
 「七変化」には、そこを春か秋に連想させるカバー力があり、良く詠めていると思います。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:55 | Comment(0) | 名句にポン/2016 | 更新情報をチェックする