2016年12月15日

【プレバト】丸の内のイルミネーション、俺も詠んでみた

向宜詠吟.2016/12/15

|飾り夜を振り返りぬれ時計見る
|飾り夜にまっすぐ終えてきっと来る
|飾り夜の待ちに待ちたる背な来たり
|飾り夜や都心にくっつく今宵かな



> うた詠み終わります、ありがとうございました。



語稚草

 飾り夜【かざりよ】‥主に、イルミネーションに飾られた夜の街通りを指す。(冬)


> ‥「飾り夜」をどう考えるかですが


 まず、七夕にしても、夏祭りにしても‥飾ると言えば飾りますが
 それぞれに季語がありますので、ここはもう、冬のイルミネーションに席を譲るしかありません。
 クリスマスの印象にも思わせるところもありますが、あくまで冬のイルミネーションの位置づけです。


稚草

> ところで


 ‥微妙な展開です

 野郎は徒歩でやって来るのでしょうか?、それとも車?
 どこかに駐車してから現れるのが‥まぁなんというか、シチュエーションかと。

 (だって連れ添って歩けねぇじゃん、歩くか歩かないかの差だけどな)
 (どちらにしても、飲む気ならどこかに止めっぱなしが筋になる)


 ‥あと、メールを打つかどうか?

 打たれると「面倒くせー」とかあるわけでーす。
 仕事終えたばかりでの急ぎ足だったなら、
 ‥「ほんと勘弁して欲しいわ」という事にも。
 (約束の時間が来れば、問答無用でしょうけどね。五分前に着いた発信ぐらいはお約束かと)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:14 | Comment(0) | プレバト俳句 | 更新情報をチェックする