2016年12月23日

【勝手句帳】061 28-12-17 其の1静岡新聞掲載分から

↓8)向宜詠吟.2016/12/23

|傾ける夕日を踏みて芋洗ふ       富士宮市・早蕨句会

|傾ける夕日を踏みて芋洗ふ 惜しまざる母の影ぞ焼きつく


> ‥是は見事としか云いようがない着眼と整いです。(素直に脱帽)




|双子座は天頂にゐて虎落笛       富士宮市・早蕨句会  

|双子座は天頂にゐて虎落笛 迫り来る矢☆魔球カーブす


 *虎落笛(もがりぶえ)‥冬の強い風が柵・竹垣・電線などに吹きつけて発する笛のような音。


 (俺的には青天の霹靂のような語感センス‥どうしてこの当て字になったんだ??)

 ‥それを放り込んだ句が、また俳句甲子園のような詠みっぷり
 ぱっと見よくわからないのが俳句甲子園の勢いだが、是はさすがに知らないと「?」でーす。

 「風が強くお陰で星空もとい流星群がハッキリと見えている」‥所を詠んだわけです。

 ‥ところが微妙なのは
 ふたご座の季節は冬とは異なりますが、ふたご座流星群は十二月です。
 また、「星」の類は秋の季語です。で、「虎落笛」は冬の季語です。


> つまり、インパクトのある季語を盛ってきて、「冬」を強調せんとして居るわけです。
> (そこの狙いとしては、見事に成功しているかと)


 ‥とはいえ、斯様な代物をどう引っぱれば良いのかに悩みつつ
 ユーチューブ映像を眺めていたところ、思わぬ発見をしちまいました。

 

 ‥36秒のあたりをご覧下さい。
 画面左中央やや下から流星が真っ直ぐやって来るのですが、
 途中で、なにかを避けんばかりに魔球的進路変更をしております。
 ‥え?マジ?、なにこれ??‥UFOなの??ほんとに流星??‥それともCGですか??

 (2倍速で見ると、バットから逃げるような魔球軌道!)
 (飛行機でもあんなにきれいには曲がれないっスから!)
 (まるでハイウェイに沿うコーナリングを見たような!)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:28 | Comment(0) | 名句にポン/2016 | 更新情報をチェックする