2016年12月28日

【理解】助動詞「つ」「ぬ」が完了として他とどう違うのか?

向宜詠吟.2016/12/28

|辻斬りの手合い尽きねど月の霜 いつもの事と退け見ゆ


 まず、今回折った句ですが

 「退けに見ゆ(しりぞけにみゆ)」の「に」‥
 これが「つ」の場合とどう違うのかと言うことです。

 「退けて見る屍」‥まるで倒れた敵の顔を確認するかのような意思の表れ(興味あり)
 「退けに見ゆる屍」‥いつもの事のように何気なく見たような無造作な様子(興味なし)


> ちなみにネットでは


 「つ」は[何(誰)がどうした]という意志または作為的な動作を表す場合に使うのに対して、
 「ぬ」は[何(誰)がどうなった]という自然推移または無作為的な作用を表す場合に使う。

 ‥という説明がされています。
 しかし、斯様な言い方は実に紛らわしいのです。正確に紐解けば

 「つ」も「ぬ」も、活用と活用の接続における気持ちへの繋がりの区切りを示す完了
 ‥という次第になるかと。


> もう少し例を挙げると


 「つ」‥落ちてしまえ 知ってどうする?
 「ぬ」‥落ちに落ちた 知りにけり

 「落ちてしまえ」とは、自分の意思の表れです。「知ってどうする」とは、意志からの問いです。
 「落ちに落ちた」とは、経過の流れです。「知りにけり」とは、これも経過の流れです。


 ‥とまぁ、ここまで来ればおわかりかと。

 つまりは、動作ごとに気持ちがあり、気持ちには区切りが入るわけです。
 そこに区切りを付けて表す助動詞が、「つ」&「ぬ」と言うことです。

 (連用形で比較すると、そこがよく分かるかと思います)


 その意図がさらに特化して、助詞化したのが、「て」「に」に思われます。

 ということなんで

 物事の一動作に対して気持ちを切り替えるような意図を示す‥助動詞の言い回しとして
 「つ」「ぬ」ともに、強意・並列の意味合いを兼ね備えていたという事になります。


> これこそが日本語の最たる特質なのかも知れませんね


 ‥外国語の翻訳&義務教育(画一的な国語教育)による
 「つ」「ぬ」「り」「たり」を簡易化した活用語が明治から始まって今に至るわけですが、

 外国語と日本語のニュアンスの徹底的な違いが、そこにこそあったと言えるのです。


> なぜ、「日本語」とは呼ばずに「国語」として扱ってきたのか?
> ‥それは、外国語とは決定的に異なる要素を、朧にも感じていたからのように思われます。


 是に見る、一動作ごとの気持ちに区切りを付ける言語が他にあるかどうか知りませんが
 英語学習上の日本人の苦手は、どうにもそこの違いにあるように思えます。

 外国語にも、同じようにそこのニュアンスがどうなっているのかを前提にしてしまうのでしょう。

 しかしまぁ英語のノリを思えば思う程に、発想や解釈自体がまるで異なっています。
 どうにもそこにあるのは、気持ちの切り替え・区切りと言うよりは、切り捨てなんだと思います。
 ‥それがまたどうにも割り切れないと。


> うた詠み終わります、ありがとうございました。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:21 | Comment(0) | 名句にポン/2016 | 更新情報をチェックする

【勝手句帳】064 28-12-20/12-23 静岡新聞掲載分から

↓3)向宜詠吟.2016/12/28

「弁天島 冬の夕照」浜松市西区 (写真)12-23

|冬至こそ弁天島の夕鳥居 日のちょぼと居てまどかに暮るる


 touji_bentenjima.jpg

 出典:http://shlakers.hamazo.tv/e4074483.html


 ‥写真は、静岡新聞投稿欄「ひろば」に掲載されたのと似たのをネットから拾ってます。

 この週の金土の分は
 年末で忙しいのにちょうど良く、目に止まる句が少なかったので、写真から詠んでみました。

 (‥というか疲労気味っす‥他のことがしてぇ!)

 (まぁキッチリ三年は続けてやらないと、お互いに身につきませんからな)
 (チェックする方も大変でしょうけど)


> 夏至に沈む方角を、グーグルマップで確認したところ


 まず、冬至の夕日ばかりでなく、朝日だって拝めるのではと思い、
 グーグルマップの反対から拝めそうな位置を閲覧してみたところ、距離が遠すぎて無理。OTL

 太陽方向への角度が腑に落ちなかったので、夫婦岩と比較してみたらそれなりに違ってた。
 ‥片方は人工物、片方は天然の岩、違いが見られてもさほどの問題もないのだが

 (キッチリと冬至の方向との解釈は‥かなりの思い込みにあるようでーす)

 ‥それにしても
 地軸が移動してるというのに、どうして鳥居のど真ん中に収まるのだろうか?
 夏至や冬至の頃になるとコソッと戻ってたりするの?(どうにも腑に落ちなーい)




「来年の主役」富士宮市 (写真)12-20

|唯そこに鴨のんびりと水面掻く 留まらざるも知恵の内なり


 所謂、水面に鴨三羽の図でーす。(三羽とも左向き)似たのを探してみました。
 http://andy-renny.blog.so-net.ne.jp/2014-03-21


|飛んでよし泳いでよしと鍛えたる身の引き締まる味や鴨肉


 ‥やっぱり肉と言ったら、良く鍛えられて締まった赤身っす。
 (すっかり肉は口にしませんが、ジビエには多少そそられまーす)
 (ググって出てくる捌かれた写真がもろ生々しいっすよ)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 03:38 | Comment(0) | 名句にポン/2016 | 更新情報をチェックする