2017年01月04日

【勝手句帳】066 28-12-27 其の2静岡新聞掲載分から

↓5)向宜詠吟.2017/01/04

|名も知らず継ぐ父の鉢母の鉢            選者

|名も知らず継ぐ父の鉢母の鉢 出自ぞあろうひとりひとりに


 ‥「鉢」が人の器を思わせるのが面白いっす

 「父の鉢」「母の鉢」を受け継いでそこにその人が在るのだと、そんな風に受け取りました。

 こうして鉢に置き換えてみると、平凡でも、鉢として成り立つ事の方が興味深いのです。

 「器」などと用いると、ついつい大きい方が好いなどと思いがちです。
 「鉢」と用いることで、適度なサイズで成り立てば十分だとの印象に変わるのです。


> ‥これは良き勉強になりました




|知るよりも知らない事が武器になる       焼津市小土

|識るよりもまずは形と腹括る 立てば開かむ立たねば開かじ


 ‥知らない事が武器になるなんてね、若い内だけでーす。
 年重ねても、同じように思ってるようじゃ武器どころかリスクでーす。


> ‥猛将・本多忠勝が形から入るタイプだったそうですが


 6mもの槍(蜻蛉切)を携えてりゃ、そりゃ、雑魚はビビって近寄らんでしょう。
 名のある武将にしたって、ハッタリで無く使いこなしていては、相手にしたいとは思わんでしょう。
 そういう形を以て、形から入れというのなら
 すでに見ている形からして、全然違うと言う事です。

 ちなみに、6mから振り下ろされる槍先は、2階から飛び降りて刀を突き立てるのと同じ効果‥


> すでに見ている次元が違かったのが、本多忠勝の強さの秘訣かと。


 ‥その言葉を正確に表現すれば、「念い即行動せよ」という事になりますな。
 「思いつきの是非など問わずに、念いをそのままに現せ」だったのだと思います。

 でもそれって、忠勝自身、自ら動く時はスゲー無鉄砲でもあったって事ですな。
 実際、その手の武勇伝がしばしば登場する御仁だったようでーす。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:45 | Comment(0) | 名句にポン/2016 | 更新情報をチェックする

【勝手句帳】065 28-12-27 其の1静岡新聞掲載分から

↓6)向宜詠吟.2017/01/04

|水鳥の羽音奏でし初冬かな      浜松市中区曳馬

|水鳥ら波紋を残し空に立つ
|幾万羽波紋さかまきねぐら立つ 宮島沼に影や明け空


 

 ‥「水鳥」「初冬」ともに冬の季語で季重ねです。
 季重ねの季語に「かな」止めでは、尚更に詠み足りない印象です。

 あと、「奏でし」が怪しすぎる気配にいろいろと調べてみました。
 ‥お陰で面白いのが詠めました。


 ‥羽音なんざどう考えたって、ただの雑音です。
 「奏でる」ように思えたとしたら‥それは一斉に飛び立たんとしている様というだけの事です。
 (その辺を、どうより判りやすく捻るべきに思うかです)

 ‥数万羽が一斉に飛び立つともなれば
 ぶつからないように警告を発しているのでしょう。(クラクションみたいなものかと)


> とまぁ斯様な向きで、手直し1(俳句)を折ってみました。(小規模な印象)
> でも、せっかくなので、手直し2(短歌)に至りました。(大規模の様子)


 「ねぐら立つ」は十分に季語たり得ると思います。
 ‥というか、それの言葉が歳時記に入っていないと、もはや勘違いに繋がりかねないかと。

 真雁を始めとした冬鳥の行動には、朝に出掛け夕に戻ってくるとした基本行動があるのでーす。
 ‥夜明けと共に飛びだつかどうかの出発時刻は、種によって差があるように思います。
 (よく知らねぇけど)
 ‥また近年では、温暖化の影響によりそのまま定住する傾向を見せているようです。
 (状況に由っては一年中になるのだろうか?‥ユーチューブを見ていてもそんな雰囲気です)
 (まぁ春夏は朝早くから明るくなるし日長だしあわてる必要も無い所はあるでしょう)
 ‥だからこそ、冬の季語にしておく事が、昔ながらの趣を感じさせる意にもなるかと。


> 逆に、鳥は日長と日短の時刻の度合いをどう判断しているのかな?‥と不思議に思います
> 方角の判断でさえ、明確な回答に乏しいのに、こちらに関しては問いすら聞き及びません


 (単純に仮説付けるなら、鳥類の多くが太陽の角度にリンクした情報を処理できる能力が備わる??)
 (鳥は直感で、人は科学計算で‥そのぐらいの違いはあるように思います)

 それにしても、ちゃんと順番待ちしてるんですな。日本人並に合理的!
 ‥どんな順番にあるのかに興味が湧きました。(そこは人間より上手かも)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:44 | Comment(0) | 名句にポン/2016 | 更新情報をチェックする