2017年01月08日

【勝手句帳】067 29-1-3/1-5 静岡新聞掲載分から

↓7)向宜詠吟.2017/01/14...20170108...

|冷え著く静もる杜の大鳥居を零時の時報待ちてくぐれり      浜松市中区(1-3)

|冷え込めり鎮まる暮れの大鳥居 時報ぞ零時今くぐらむと


 ‥いろいろとツッコみたい詠みだったので手直ししてみた。


 いくら俳句・短歌でかなを端折る傾向があるとは言え
 「著しく」とちゃんと書け、しく活用の活用部分までを端折っては、意味不明になりかねんだろうが!
 動詞・形容詞・形容動詞の区分までを端折ったら、日本語が乱れるだろうが!

 「静もる」は方言ぽく見えるがこれも好かん。

 どう考えたって、新年が明けるのを待ってるんだから「鎮まる」だ。
 その鎮まっているのは「杜」で無し。「暮れ(行く年)」なのだ。


> ‥そもそも何が詠みたいのだ?、年明けのその瞬間だろうに
> ‥どうして「杜」になったんだ、真夜中に杜なんざ見えてねぇだろうが!


 「時報」がまた微妙なところだ‥昔なら「時計の針」をイメージするのだろうが
 今や、ケータイで確認する時代だし、気分を盛り上げようとして音をセットしてもおける。
 (自分で適当な音ファイル探してきて、タイマーセットすりゃ好いだけだ)

 ‥表現がやや紛らわしいのだが、まぁ許容の範囲だろう。


 「待ちてくぐれり」‥文法的に間違いは無いが、なんかこう、イベント感が今ひとつだよね。
 年始の頭にお参りしようとの意気込みはあるのだろうが
 ‥それを言葉にしようとすると
 どうにも、ただの勢いみたいなのは、マンネリな感じで、新鮮味に欠くばかりかと


> 詠みってのはね、常に瞬間の最高に生きて、最高の瞬間を味わうように記すべきなんだよ
> いつもの調子、いつもの勢いのどこに詩情たる新鮮味があるわけ??
> 最高の瞬間を創造して、そこに詩情が立つるべきでもある




|春耕や先づ一呼吸一礼す         静岡市葵区俵沢(1-3)

|春耕や先づ一呼吸一礼す 宜しく生きさせて貰います


 ‥まさに最高の瞬間を得ようとしている意気込みが伝わってくる一句である。

 これもマンネリでしょうとのツッコミもあるだろうけど、
 凛としているかどうか‥頭の毛から爪先の爪まで伝えようとしているかどうか‥
 そこの違いは、どうしたって、集中観という奴だろう。


> ‥無造作と集中観の違いということである。




|棟上げや槌音秋の空にあり        掛川市・句会あさかぜ(1-5)

|棟上げや槌音秋の空にあり 届けよ響けよ里恋しけれ


 ‥是もなかなか、集中観が極まっています。

 何事も無造作に取り組んでいては、凛としてこないという事です。
 頭でわかっているという事でなく、意識して集中する次第がそのままに顔を覗かせるという事です。


 集中の集中(プロ加減)を説いているのではありません。
 集中する方向を確かに念い描いてから、事に取り組む習慣付けが肝心だというだけの話です。
 ‥同調すればこそ湧いてくる感覚があるのです。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:09 | Comment(0) | 名句にポン/2017前半 | 更新情報をチェックする