2017年01月11日

【勝手句帳】068 29-1-6 静岡新聞掲載分から

↓8)向宜詠吟.2017/01/14...20170111...

|電飾の馬車で駆くるや雪の富士       沼津市・片浜松風句会
|電飾の馬車まわる雪花富士         手直し


 *雪花(せっか)‥雪片を花にたとえていう語。
 (降ってきたかなぐらいの場面のニュアンス、さすがにしんしんとしている雪には詠まんかと)


 ‥遊園地若しくはイベント会場から見た富士を詠んだのだと思いますが(富士急ハイランドですか?)

 ‥どことなく「駆くる」が強すぎる印象です。
 「雪の富士」は、雪が降ってるの?、それとも白いだけっすか?(そこが肝)

 雪降ってくりゃ、遊園地なら運休するか休園するんちゃう。
 (そこが雪国なら尚更の事かと、お客が帰れなくなる深追い営業はしないと思う)
 ‥と言うところで、小雪ぐらいの印象になるように手直ししてみました。


|電飾のガンダム駆くる月のうら 派手に飾らにゃ映えやしねぇ


 ‥とまぁ、ガンダムに発想が飛びまして
 (電飾のガンダムと言えば、ユニコーンガンダムっすかね??)
 月の裏側でのドンパチとか、よくよく考えてみると真っ暗闇です。

 すると認識できるのは、センサーからの解析映像だけでーす。

 そんなんで戦争をするとなると、
 それこそ、画面上にはレーダーの点にロックオンしてぶっ放す‥半ば潜水艦戦です。


> などという矛盾点に気がついちまいました。(まぁ、アニメっすからね)


 戦を死合うためには、それこそ規格された敵・味方識別発信電波を定義せざるを得ないかと。
 アニメでは‥無線封鎖絡みにも、音紋とか熱紋とか紛らわしい表現にもなっとりますが、
 宇宙空間の闇には、ずばり、中接近戦=識別電波が欠かせないと言う事に成ってきます。

 (なら、だまし討ちなんて成り立たないね、正面切って政治外交で話し合わないと)
 (出会い頭の戦闘開始宣言を儀礼付ければ、ガンダムらしいと言えばらしいけどね)

 ‥だから、リアルな宇宙戦争ともなると
 UFOで時間の海をくぐり抜けるとした潜水艦戦の如しという事に成るのかなと‥


 敵前&戦闘中に無線封鎖しないで会話が通じているアニメ表現の前提としても
 無線封鎖のなんとな〜く無意味感がそこにあったと言う事になってきまーす。

 暗闇でカメラ視認できない(そもそもにして高速物体同士の間にはかなりの距離がある)とも成れば
 ど派手に電飾しないとダメですが、耐久性やらで難しく
 ‥だからこそ、識別発信電波が欠かせないので、無線が通じ合っているのが前提だったと!!

 どうにも、オンライン戦争スタイルっす‥(やはりそうならざるを得ないと)


 無論、攻撃されても良いなら始めから発信を切るのもありですが、単独の奇襲作戦ぐらいかなと。
 (こちらから受信だけできていれれば、敵が編隊なら誤発射を嫌い向こうは発信を切れない)
 (そういえば、その点においてだけはベースシップは単独行動だな。モビルスーツは通信してるけど)
 (各機の機影を追跡解析してるからな、あれは切るに切れないシステムでもある)

 (まぁいずれにせよ、アニメの宇宙戦争の表現は、すべて焼き直す必要があることになりまーす)

 (太陽の前に出たら出たで、熱いし明るすぎだろうし、どうにも視認性は同じだろうな)
 (‥やはりそれの点では、スターウォーズの方がリアルっぽいのかなと。ワープ前提はうなづける)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:51 | Comment(0) | 名句にポン/2017前半 | 更新情報をチェックする