2017年01月16日

【原則】{経済競争が混乱をもたらす確率}={初恋が破綻する確率}

記稿.2017/01/16

> 変な夢を見た


 男1人(俺)女が5〜6人、全員スッポンポンで
 据え膳食わねぇ状態である。(俺は夢見の最中の動向を客観的に観察していた)

 (どうにも女の目線的に、俺はフル勃起にあるようだ)
 (俺の夢見の動機付けとしては、お目当ての女が居ねぇとか思ってるらしい)

 我慢できなくなった女の一人が俺にすり寄ってきた‥


> ここで思った。


 なるほど、黙ってみているだけだと声を掛けてくるのは我慢の利かない奴からだったと‥
 それを有り難がっても
 これを早熟の初恋に喩えるなら、そいつが浮気性である確率も高いという事に成る。

 (そもそもにして、我慢が利かないという証がそこに有るばかりなのだから)

 経験値を積んでも、互いの堪え性の無さは折り込み済みであり
 逆に言えば‥我慢強ければ強いなりに、不器用とばかりに、まさぐり合いも遠のくと。


 なるほど、実に判りやすい例えだな。
 そんなことも判断できずに世間では萌え萌えとか、初恋デザート願望に丸出しだったと。
 (まぁ俺もその範疇であった点に変わりはないのだが‥)


> では次に、このパターンを経済競争になぞらえてみよう


 園児の集団が、お菓子の家の前に据えおかれてお預けをくらっています。

 (所謂「待て」の実験)

 当然、OKなど発せられる予定もなく
 ものの10分もすれば我慢の利かない奴が現れる。
 それが一定の人数に達すと、雪崩を打って群集心理が働き‥

 それを見てもキチンと待って居られる園児は、わずかに至るだろう。


 ‥我慢の利かない奴から、競争に参加する‥

 そいつらのモラルが成ってないのは、火を見るよりも明らかだ。
 さらに群集心理に冒されやすい奴らが、それを見て、それで好いんだと思い込む確率も高い。

 つまり、競争をオープンにすればする程、
 モラルが形成される確率は、残されてキチンと待っていられた割合次第と言える。

 半分も持ち堪えていたなら、その集団は十分にバランスを保って機能するように思われる。
 (何しろ、堪え性の無い奴らも居ないと商売には成らないからな)


> 見るべき視点は、成果主張を正当化ばかりしていては、
> その頂点に立つだろう連中が、堪え性の利かない連中だらけに成っちまうと言う見方である。


 そんなのは、モラル無き代表の溜まり場にしか成らないわけで、
 言わずともなが、社会的には破綻するしかないだろう。

 (今時のグローバル加減が良い証明と言えるのだから)

 双方のバランスを保つには、
 半々ぐらいで、双方から代表を引っ張ってきた方が無難と言えそうである。

 (半々が適当であるかどうかは、今のところ不明)


> 欲に目が眩んでいては、こんなこともすぐに理解できないと
> 人類の暮らしぶりって、ほんと杜撰にしか成り立ってないんだな(チーン)


 是を以て、自覚し合えば、競争の仕方にも改善が求められて当然と言う事です。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 08:37 | Comment(0) | 命題 | 更新情報をチェックする