2017年01月23日

【レビュー】JBL PEBBLESのチューニング程度について

↓4)記稿.2017/01/23

> あの店の新年セールでUSBスピーカーを買いました。
> 年末にもチラシに出ていたのですが、年明けなら、去年の騒ぎも落ち着いてるようだし
> ‥アマゾンより安かったし、地元店舗で買ってみました。


 →こんな奴です。(グーグル画像検索に飛びます

 ‥特徴を挙げておくと
 電源はUSB、設定できる範囲はOSのドライバーにある項目のみ。

 具体的には、
 コントロールパネル→サウンド→オーディオデバイスの管理→
 再生デバイスの項目に出る「JBL Pebbles」を選択して→プロパティを開きます。

 ‥USBデバイスなんで、マザーボードに付いているサウンド機能が不用になります。
 ノイズの原因やら、CPU負荷やらと絡むので、他のデバイスを使わないようなら
 「デバイスを無効にする」にセッティングしてしまいましょう。

 ここに現れるデバイスの項目から消すだけでは、まだその他のドライバーは機能しているので
 デバイスの項目から、それぞれのプロパティを選択して開いて、デバイスを無効にします。


 ‥すでに該当する他の再生デバイスの項目が無い場合には
 デバイスマネージャーから開いて、
 「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー」項目に表示される
 他のデバイスを選択して操作します。


> ‥で、ぶっちゃけた話、音質はどうなのか?という話になります。
> 兎に角、テレビの音声レベル程度+を前提にしたいのであれば、期待できる聞き心地です。


 ‥ただし、プロパティからの設定変更は欠かせません。
 チューニングしないそのままでは、どうしたって今ひとつです。
 チューニングを施してこそ、テレビの音声レベル程度+になる感じかなと。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:18 | Comment(0) | 日記/2017 | 更新情報をチェックする