2017年01月28日

【勝手句帳】074 29-1-21/1-24 静岡新聞掲載分から

↓4)向宜詠吟.2017/01/28

この寒さ六根清浄の気が満ちて身のひきしまる一人の部屋に    浜松市・アカシャ短歌会(1-21)

|冬将軍「六根清浄」声デカく 雪まるサハラ緑まるやも


 ‥「六根清浄」寒波に迫られる寒さの中、部屋の中でふと思い浮かんだと
 狙いは面白いと思いますが、どうにも部屋から飛び出した発想にすべきかと。


> 今冬は、世界中で風変わりな状況が起きているようです。


 サハラ砂漠やアラブで雪国並の積雪が起きたり‥まぁ色々と
 地球環境の激変が催されているようです。

 (夏に起きた太陽コロナ&フレアの爆発の影響があるのだろうか?)
 (方角的に、概ねその辺りを通過中にあるんすけどね‥)


 ‥砂漠が急激に緑化した後に、野生の大移動が起きれば是は本格的で
 そのまま緑化ぱしって、どこかが崩壊し始めるのが辻褄に思われます。
 そうでないと、今冬のような冬が、毎年のように続くという事に成りかねません。

 (地軸がひっくり返るよりは影響が小さいのでしょう)
 (‥まさかの人工的な気象操作をやらかしていたりして‥)

 欧州を襲っている寒波が2〜3月になっても引かないようなら
 ‥今年から来年に掛けて、サックと飢饉も有り得ます。小麦の値上がりは避けられないでしょう。

 (小麦一ますは一デナリ。大麦三ますも一デナリ。オリブ油とぶどう酒とを損なうな)
 (パン屋は麦にこだわらずに、さっさと国産米粉パンに慣れといた方が賢明かと‥)




咲く椿さかぬ椿の道よぎり今日入院の友見送りぬ      三島市・銀杏樹の会(1-21)

|咲く椿咲かぬ椿の道よぎり 残しき思い多けれこそと


 ‥確実に、句会を三つは掛け持ちしている勉強不足の選者の詠みでーす。
 (今回はなかなか、三つは掛け持ちしている片鱗をそれなりに見せたかなと)


> リスペクトはこんな解釈になります


 ‥人生、寒い時期に咲かす椿の花のように
 ‥皆一様に咲かすという訳でも無く、まばらで、栄枯盛衰に見えるものである
 ‥中にはまったく咲くところの無い足取りもあるのだろう、私たちの暮らしはそんな道半ばだ
 ‥仏の教えは、そんな生老病死の世界に思い残さずを唱えてはいるが
 ‥それはそれでどうだろうか?
 ‥人として生き抜こうと腹を括れば、どうしたってそういうわけには行かないのだ
 ‥付き合いが手広ければ、それだけ思い残すことも多くなるのが当然だ
 ‥ならば、思いを減らすべく煩うよりは、自然と多くなることに、なんぞ戸惑いなぞあろうか?
 ‥仏にしたって、そこは同じだろうに
 (そうでもなければ、どうして仏としての教えを残そうとしたのだろうか?)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:39 | Comment(0) | 名句にポン/2017前半 | 更新情報をチェックする

【哲学】恋愛(好き&嫌い)を多次元方程式から鑑みる‥

↓3)記稿.2017/01/28

> 恋愛は自由にと願いつつも、いつしか一穴主義が猛威を振るうのだ‥


 そこから生ずる様々な動揺は、実に不自由この上ない。
 まずは、恋愛である前に人間にあるのだ。

 そこから来ている自由が、どうしてか‥恋愛になると

 いつの間に‥{人間}<{恋愛}<{性欲}‥に成り下がるのだ。
 (だからこそ、HENTAIも発生するのだろう)


 正しくは、{人間}>{恋愛}>{性欲}に据えるべきに思う。


 人間として、好きになる&嫌いになるのだから、それは一過性の一次方程式などでは無い。
 継続的な多次元方程式であり、どこに解が発生するかなんて、概ね判らない所がある。
 ‥ある意味で「解」は創造すら可能なのだ。(消失もまた可能にある)


> どうして一穴主義が前提というか‥主流なのか?


 ‥そこにこそ疑問を投げかけるべき事なのだ。(では、少しばかりよく考えてみよう)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:23 | Comment(0) | 哲学/一般 | 更新情報をチェックする

【短歌】ゆこゆこのカタログから詠む‥十射

向宜詠吟.2017/01/28

|ゆこゆこのカタログ眺め疑問持つ、不景気なのか?バブル以上なのか?
|食材を派手に飾って毎晩是??‥津々浦々なんていつからバブル最高潮?
|広告の如何に見栄っ張りやゆこゆこのカタログ見るほど疑問積もれり
|食材が有り余ってるわけも無く、飽食沸騰‥甲斐の幸が蟹とは‥
|こんなのを眺めて憧れる人思う何と単純何と情弱なの?
|「翻せ」攻め方色々有っても良い。そう思えずして生き残れはしまい
|‥外国人富裕層相手の商売か??‥英語で出してみいそのカタログ
|来てみたら外国語対応不十分。それと同じく嘘半分よ
|空気読め、土日がメイン今の時代。平に行っても外人ばかり
|国内の懐具合斜めから思えば地味が相場だろうに‥



> うた詠み終わります、ありがとうございました。



稚草

> ゆこゆこ → http://www.yukoyuko.net/


 家の中に、ゆこゆこのカタログが転がっていたので眺めていたら
 そんな意味で爆笑しちまいましたとさ。

 ‥ほんと、奇妙な温泉旅館案内だなぁと思っちまいましたとさ。


> 若い奴ほど誘われるもカネに乏しく、バブルを経験した老いほど斜めに読む


 ‥じゃ、誰を相手にそんなカタログを編集しているの?
 (馬鹿ですか?、趣味ですか?、見栄ですか?、正社員向け?)

 「いつかは星野‥」なんて願望に支えらているだけの横並びっすね。
 ‥それが人間の贅の方向性にあると、一様に思っているなら、片腹痛いぜ。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 03:22 | Comment(0) | 日記/2017 | 更新情報をチェックする