2017年05月05日

【勝手句帳】102 29-4-28/4-29 静岡新聞掲載分から

↓8)向宜詠吟.2017/05/05

|ハーモニカ吹けば心の日向ぼこ          清水町・清流句会(4-28)

|ハーモニカ吹けば心の日向ぼこ 滲むさみしさ耳き入るような


 *滲む(にじむ)、耳き入る(ききいる)


 ‥是は是は、一本取られた趣の余韻です。


> ハーモニカの音色はどうして心に響くのだろうか?
> でもその音色はどこか寂しげで、そのたどたどしく思える幽かな響きが
> どこまで続くのだろうか?‥と、ついつい思って聴き入ってしまうのだ
> どうして、その人がハーモニカを吹くと、あんなにも儚く幽かな調べが滲み出すのだろう‥
> ぼくはどうしてその音色に魅了されるのだろう‥
> いつまでも聴いていたいその調べは、まるで日向ぼっこのようだ


 
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:59 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする