2017年06月09日

【勝手句帳】114 29-6-2/6-3 静岡新聞掲載分から

↓8)向宜詠吟.2017/06/09

|特攻機母への遺文散る青葉           沼津市・するが俳句会(6-3)

|青葉散る特攻機の兄 遺文きり 慰めのはず‥九条が‥


 ‥ネタはどうにも三段切れの様相です
 ここは誰宛を示すよりは、誰からかをきっちり示すべきです。

 (どちらかというと‥顔を見たこともない父のような気がしないでも‥)
 (でも、顔すら朧の存在では、引っぱりにくいので兄にしてみました)


> まぁこの先の九条がどうなるかなんて分かりませんけどね
> ずるずるやってるのも国会の無駄遣いのようにも見えてしまうと‥


 ‥表記の決着を付けんとして、無駄にツッコむだけが戦後政治ですから

 (毎年平然と自衛隊予算を付けといて、それ以上になにを欲しているかです)
 (戦争商売したい真っ黒が多いと言うことです)
 (それの先導役が自民党なのは、自民党草案を見れば明らかです)
 (自民党が米国の戦争に真っ向から反対している文言を聞いた試しがございません)
 (そんな連中は、好戦的なだけで、ちゃぶ台返しも平然とやってのけると)

 ‥だったら、隙のない表現を足しておくのも、知恵としての選択肢でもあるかと
 とはいえ、様々な思惑が絡んで来ますからね、やらないのも選択肢ではあります。


> 戦争が本格的に企画提案されるリスクを考えれば、馬鹿のマンネリ&ネジレのなんと涼しい
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 09:12 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする

【哲学】魂を売らない自由

↓3)記稿.2017/06/09

「先輩、やっぱ『万歳突撃』って、意識高い系っすよね?」
「はぁ?、お前何言ってんの‥」
「はぁ?、先輩こそ何言ってんすかぁ!?」

「・・・・」

「いやぁすまん、まずは意見を聞こうじゃないか‥」
「まぁ、ズバリいちゃいますと
 当時の日本には、まだ『魂を売らない自由』があったんすよ
 それがどうです‥平成の世にもなるとそれがサッパリ無くなってるんす
 この状況は、意識高い系の俺っちにとって忌々しき事態であって
 まさに、意識の高さを見せるのにまたとない時代色だと思うんすよね」

「で、お前は何をやるってんだ?」

「だから魂を売らない自由を貫きたいと思ってます」

「だから具体的にそれは何だ?と問うているのだが‥
 そこから先の具体的なイメージを携えていなかったのが当時の一兵卒たちだ
 なにも携えていないなら、またそのままに、飛んで火に入る夏の虫だぞ
 ‥お前が、そのかつての日本魂を売らない抗いの気概に共感しているなら尚更だな」


|くろがねを磨き上げても夏の底 無念の果てに奪われき
|魂を売らぬ自由ぞ冬の峰 己を通せゆえに見る剣


 *剣(つるぎ)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 07:10 | Comment(0) | 哲学/一般 | 更新情報をチェックする