2017年06月12日

【勝手句帳】115 29-6-6/6-9 静岡新聞掲載分から

↓8)向宜詠吟.2017/06/12

|まだこの世未練があって歩をのばす   浜松市・浜松川柳社いしころ会(6-9)


 ‥ネタの詠みっぷりには、おったまげました
 しかしどうにもまだまだピンピンしていて死にそうに見えてこないのが
 「未練」不足を思わせます。(そこが、もう一つかなと)

 と言うところで

 満身創痍に見えるようにリ着目してみたところ
 外地に飛ばされたかつての日本兵の無念の詠みになりました。


|まだまだと未練のありき這いずれば もげても帰らむふるさとの


 *陸(おか)、飯(めし)

 ‥「もげても帰らむ」
 そういえば、そんな御仁で超有名な方が居られましたっけ


|まだまだと未練のありき這いずれば もげても帰らむふるさとの


 ‥二首目は、故・水木しげる氏の場合ですが
 一文字違うだけで、まったく死にそうに見えてきません。

 (皆さん、食い意地も張りどころ次第ということでーす)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:53 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする