2017年07月01日

【勝手句帳】121 29-6-27 其の2静岡新聞掲載分から

↓7)向宜詠吟.2017/07/01

|梅花藻の揺らぎやさしき柿田川緑すがしき日の盛りかな     伊豆の国市御門

|バイカモの揺らぎやさしく柿田川 緑すがしき川底命


 *ミシマバイカモ‥花期は6〜7月で、清い水の流れに白い花を付ける。

 1930年に、三島市楽寿園の小浜池にて発見(新種?)
 1950年代、地下水の大量消費や生活排水流入による環境汚染により一度は絶滅したと考えられた。
 現在、自然環境で現存するのは清水町の柿田川のみ。(他は柿田川より移植された)

 (外来性植物の排除に気を配らないでいると繁殖を奪われやすく、もっか絶滅危惧に晒されている)


 ‥う〜ん、なるほど
 「緑すがしき」はなかなか出てこんな
 上の句は、似たようなのを考えた気もするが、「梅花藻の」なんて思い切りは無かったな。

 ‥「日の盛りかな」では
 カメラが急にパーンしたみたいで違うかと。
 ここは、水底にカメラを沈めて撮るぐらいでないと映像としても不満でーす。
 実際、そういう植物なんだし、上の句とのマッチングを考えても当然の流れっす。


> ミシマバイカモの育成には、富士山の伏流水が欠かせない
> もとい柿田川流水とセットで生きている
> その清らかな湧き水の流れが有ってこそなのだ
> それが成り立って、あのように、ミシマバイカモだけの緑すがしき川底が成り立っているのだよ
> (私たちが、その命の脆さ儚さを理解せずに手を貸さないでどうする・・)
> (果ててしまっては、ふるさとへの富士山への裏切りに近き背徳感があとに募るばかりだろうよ)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:01 | Comment(0) | 名句にポン/2017前半 | 更新情報をチェックする