2017年07月01日

【思案中】今月を経ると一年経過に至りますが‥

記稿.2017/07/01

 深く考えずに静岡新聞の投句に評をくべつつ「名句にポン」に取り組むこと
 あと一ヶ月で一年一周を迎えようとしています。


 ‥自分としては
 随分と柄にも無いことをやってるなぁと思いつつも
 評を入れてく段階で、テメエのぬるさの再確認ばかりに思い知らされる日々でした。

 まぁそれの意味では、随分と勉強になった訳ですが

 どうにも三年もぶっ続けるとなると、リピートスピーカーに陥りかねません。
 実際、掛かりっきり状態で、自信のリフレッシュ感を欠き始めている面持ちです。


> ‥そもそもの着目が、投句頼みって感触は拭えないわけですから‥
> それは、どうしたって、魅力に欠くわけです。


 ‥そこで、思案しているのが

 @評を付けないで、メモ書きだけで、残り二年を済ましてしまうか
 Aまるまる一年おいてリフレッシュして、再度一年取り組むか(繰り返し)
 Bすっかり放り投げたように、気が向いたら再会するともしないとも

 (取りあえず、心境を示して置くとします)
 (心境は、概ねB>A>@っすね)


> 得られた中から選抜して、百人一首さながらに遊べるように編集するのもありかなと
> あと、ブログを整理したいし‥
> ビデオも見ずにたまってくだけだし‥(明らかに知識が古く成りかねない)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:53 | Comment(0) | 名句にポン/2017前半 | 更新情報をチェックする

【勝手句帳】121 29-6-27 其の2静岡新聞掲載分から

↓7)向宜詠吟.2017/07/01

|梅花藻の揺らぎやさしき柿田川緑すがしき日の盛りかな     伊豆の国市御門

|バイカモの揺らぎやさしく柿田川 緑すがしき川底命


 *ミシマバイカモ‥花期は6〜7月で、清い水の流れに白い花を付ける。

 1930年に、三島市楽寿園の小浜池にて発見(新種?)
 1950年代、地下水の大量消費や生活排水流入による環境汚染により一度は絶滅したと考えられた。
 現在、自然環境で現存するのは清水町の柿田川のみ。(他は柿田川より移植された)

 (外来性植物の排除に気を配らないでいると繁殖を奪われやすく、もっか絶滅危惧に晒されている)


 ‥う〜ん、なるほど
 「緑すがしき」はなかなか出てこんな
 上の句は、似たようなのを考えた気もするが、「梅花藻の」なんて思い切りは無かったな。

 ‥「日の盛りかな」では
 カメラが急にパーンしたみたいで違うかと。
 ここは、水底にカメラを沈めて撮るぐらいでないと映像としても不満でーす。
 実際、そういう植物なんだし、上の句とのマッチングを考えても当然の流れっす。


> ミシマバイカモの育成には、富士山の伏流水が欠かせない
> もとい柿田川流水とセットで生きている
> その清らかな湧き水の流れが有ってこそなのだ
> それが成り立って、あのように、ミシマバイカモだけの緑すがしき川底が成り立っているのだよ
> (私たちが、その命の脆さ儚さを理解せずに手を貸さないでどうする・・)
> (果ててしまっては、ふるさとへの富士山への裏切りに近き背徳感があとに募るばかりだろうよ)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:01 | Comment(0) | 名句にポン/2017前半 | 更新情報をチェックする