2017年07月02日

【勝手句帳】122 29-6-30 静岡新聞掲載分から

↓5)向宜詠吟.2017/07/02

|田植機の苗に如雨露の水をかく      静岡市・満点句会

|田植機の苗に如雨露の水をかく 大事のはずも余せばほっぽ


 *如雨露(じょうろ)


> 苗はな、植えるまではこうして大事に扱うものよ
> ふーん、でも田植えの終わった後の余った奴のあの扱いようは何?
> あ、あれか‥あれはまぁ、捨てるのも何だし、田んぼに置いておくのが供養ってわけよ
> ふーん、まるでおじいちゃんの先行きそのものの暗示だよね
> もっと友好に扱わないと、田んぼだってがっかりだと思うよ




|田の水にひとかたまりの夏の鴨      静岡市・満点句会

|田の水にひとかたまりの夏の鴨 まるで儂らぞ最後の代


> ‥最近目立ってよく見るの、田植えの頃の残り鴨の夫婦連れ
> まるで、減って行く田の行き先が気になって仕方がない儂らのようだなぁ
> 懇願したいのはこちらとて同じこと
> 儂らが居なくなるとお前らを見ることも無くなるんだのう‥さみしいのう‥




|田植機は老いの友なり蛙鳴く       静岡市・虹の環句会

|田植機は老いの友なり早苗泥 とぎれ去ろうと青空しょって


 *早苗泥(さなえどろ)


> どうにも手伝ってくれる者も居らんからのう
> この歳になると、新型買うのも引けてのう使い慣れたお前だけが頼みよ
> 跡継ぎに恵まれんでも、わしゃ最後まで踏ん張って青空背負うでェ
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:04 | Comment(0) | 名句にポン/2017後半 | 更新情報をチェックする