2017年07月06日

【日記】海上自衛隊航空母艦「ほうしょう」案に驚いた

記稿.2017/07/06

 英国の「クイーン・エリザベス級航空母艦」の一番艦の就工を新聞で知り
 ググってみたところ
 日本でも、海上自衛隊航空母艦「ほうしょう」案というのがすでにあるようだ。


 


 どちらもサイズは似たようなモノで、かつての大和型三番艦「信濃」を彷彿させる。
 (とはいえ、米国の「ニミッツ級航空母艦」に比べれば、原子力に無い分‥一回り小ぶり)

 ‥戦争気運満々じゃねーかッ
 (2020〜2030の間ぐらいで、ドンパチ狙ってる感触かなと)


> でもなんだ、勝つ為が目的じゃねぇだろうからな


 ‥原子炉を確実に狙い撃つ為の空母??
 (誰もそんな作戦には出たくない)
 (普通に考えても、原子炉をハッキングして乗っ取ってから脅せばいいだけ)

 ‥でも、誰も出たくないなら、出なくてもかまわない時代でもある
 ‥ミサイルを発射させれば十分だ
 ‥つまり、駆逐艦からのミサイルを有効射程にまで導く為の護衛空母

 (届かないなら、まんま戦闘機で攻撃させるかもと‥)

 (核兵器をまんま大陸弾道弾に載せて放っても、核を宇宙人に抜かれちまうことが判ってるので)
 (原発解体なんてまどろっこしいとばかりに、通常兵器で木っ端微塵にすれば都合が良いと‥)
 (で、世界各地の原子炉がマジに同時多発的に攻撃されて攻撃対象のトレンドともなれば)
 (シェルターに避難せざるを得ないから、集合シェルターに避難するように誘導して)
 (どっこい、実は‥核の放射能で死んだように見せかけて)
 (BかCをシェルター内から散布して始末する人口削減を狙っているかもと‥)

 ‥そんなところが、脱大戦派の考えるワールドなんとかを目論んだ戦争案だったりしてな‥

 (どちらにせよ、原発があるかぎり、大型空母が必要とかなんとかって意義付けにすり替わるかも)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:54 | Comment(0) | 日記/2017 | 更新情報をチェックする

【刮目】公平さを人生に例えれば、それは七転八起である

向宜弁論.2017/07/06

貧富の差を交渉力に置き換えたとき
交渉できるか否かに拘わらず、そこには目的がある

交渉には必ず目的が伴うのだ

そして物々交換(等価交換)が成立しないとき
そこでは、その目的が奪略に置き換わるばかりだろう

持たざる者は常に奪いとるしかない

しかし日常は、持たざる側は、持てる側から遠ざけられたくないので
持たざる側が折れており、持てる側に略奪されがちである

されど、等価交換とてそこにあるのは
お互いの了承でしかないので
厳密に於いて、誰も、公平さを保てているかなど判断のしようが無い


正確に言えば、等価交換とて
お互いの自己満足とを交換し合うようなものだ


又、交渉には、交渉力の強みとして
「脅迫」or「誠実」or「ユーモア」の三つの要素がもたげている

それとて、ユーモアからして白と黒があるように
その交渉が、脅迫になってしまっていないかどうかの判断は難しい

何事にもケースバイケース&両面性が伴うことから
何がポジティブ的で、何がネガティブ的かを色分けするには複雑だ
お互いに、無い袖は振れないからだ

少なくともはっきりしているのは
交渉の仕方に見られるのは個々の流儀であり、そこには善も悪もない
断りの忖度にしても、策ありきだろう

ただし、俯瞰してみたとき

より自分有利を求めるばかりの者の割合が高ければ、奪い合いの世の中が醸し出され
より公平さを重んじる傾向に人々が熱心なら、穏やかな世の中が醸し出されるということだ

‥そこを各々がどう考えているかでもある
前者を順風満帆の願望と言い、後者を七転八起の心得と呼ぶ


公平とは即ち、七転び八起きの心掛けである



ゆえに、七転び八起きに不自由な社会なら、
そこで起きている交渉の目的の多くが略奪過多ということである

誰から見てもそれは明らかであり、それの政治が支持されないのも当然だ

なぜなら、人々が願っているのは、自己満足にも順風満帆だからだ
されど、順風満帆を求める性分だけに、お花畑にもそそのかされやすく
必要以上に七転び八起きにならざるを得ないのは、
公平としての七転び八起きを理解しているとは言い難い

そりゃ怒り心頭とばかりにテメエが略奪過多になりかねないのだ
言葉一つにしても言いすぎる輩は多い‥
政治のアタマからしてその程度なら、社会全体が略奪過多を醸し出すのも道理だが‥
汝らが公平の用を見失わない限り、それは何度でもひっくり返るだろう

ただし、斯様な行き当たりばったりを、誰も七転び八起きとは語るまい
そんなのは単に政治の混迷なだけである

「七転び八起きの本懐とは、汝・汝らのいたらなさからの改善である」



|改善を担う気の無き者は、不公平を背負うばかりだろう



> 修弁させていただきました、ありがとうございました。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:58 | Comment(0) | 哲学/一般 | 更新情報をチェックする