2017年07月20日

【刮目】GDPの錯覚

記稿.2017/07/20

 一般にGDPの指標とは、生産から成り立つ利益分の総和で有り、
 全体に於けるマイナス分、つまり、企業赤字分は含まれていない。
 つまり、GDPだけを眺めて判るのは、全体で生産に求められる総和の程度だけである。

 数値が伸びても

 全体の赤字は引き算されないので、実体経済の実際をなにも表さない。
 競争社会のシェアの大きさだけを漫然と示すだけで
 負け組分は勝ち組分に吸収されるだけなので
 格差改善の指標どころか、景気指数の指標にも成り得ない。

 赤字分の引き算をきちんとすれば、どこの国が
 最も好景気で、最も不景気かがはっきりするはずだ。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 01:39 | Comment(0) | 日記/2017 | 更新情報をチェックする