2018年01月01日

【勝手句帳】180 29-12-23/12-26 其の2静岡新聞掲載分から

↓8)向宜詠吟.2018/01/01

|境内に「知足」と記さる秋彼岸当たり前なる日々省み        掛川市・葛の会(12-23)

|「足るを知る」創造過程の基本事項 狙いと手順に余裕得じ


> ‥自らの科学力で、宇宙を一から創造できたとしても
> エネルギーが余り有るなんて事は無い
> 必ずや供給不足に陥るのが相場さね
> ‥ならば‥
> 必ずや不足分を我慢しなければならなくなる
> それは単に、特定の物事に好奇心を示さないとした形かも知れない‥
> 宇宙人の姿が地球とは異なっていると思えば、たぶんそういう事情も合わさっているのだろう

  その上で

> エネルギーの公平性に競争原理を導入するとしたら
> 創造側の被創造に対する搾取宣言と言うほかに有り得ない流れだ
> ‥ならば‥
> ただ単に自分好みを貫きたいとした心は、それだけでもかなりの劣悪を孕んでいることになる

> ‥ではどうしたら良いかって?
> お互いに無理の無いペースでの暮らしを宗とすることだろうよ
> そして、自立の根っこを太くすることだ
> 大きなエネルギーを適切に扱うにはそれなりの負荷にだって耐えられないと始まらないのだから

> ‥其を単純に言い表すと、やはり「足るを知る」に集約されるのだ
> とくに、陰謀側の工作趣向と言うことでは無いのだよ





|競争に性善説は成り立たぬ 我が身第一ウソつき多し


> ‥良い暮らしをしたいと思ったら
> 他者を出し抜くことに躊躇はできない
> しかし本質的には安心できる暮らしの方を多くの者らが望んでいるのだ
> 多数決から言っても、他者を出し抜く発想に正義は無いに等しい
> ‥ところがそうでは無いとした空気が漂っている‥
> 見ろ、そこには我が身第一のウソつきが吹き溜まっている
> メディアそのものが競争原理を性善説に仕立て上げている
> それこそが嘘の体制だしな



|やってやる負けん気見せて鷹の餌 挑むべからず離れて集え


> ‥組織の中核からの改革を宗としても
> 結局は、組織に呑み込まれて思ったほどではない
> それでも世界は変わっていると思いたいのだろう
> ‥でもそんなわけが無い‥
> 環境が壊れてはお終いだ、結局のところ深刻化しているよ

> ‥代替を持たぬ猪突猛進なんか、何の意味も無い
> 一番で無くても良い、代替だろうとやっていける自立こそが大切だ
> お互いがそこに目覚めることだよ
> その自立をつぶし合っている自由競争に明日なんか無いのだ

> 競争が無いと切磋琢磨出来ないなんて奴は、ズルを好んで生きているようなものさね
> ‥それはつまり‥
> 上にあるほど価値があるとした考えそのものが
> 他者より良い暮らしがしたいと言うことなんだから
> 不公平の上に立つと宣言したも同然なんだよ

> ‥まぁ公平を重んじる限り
> 無理に「泥に棲めや」なんて、誰も言わないさ
> 口にしているとすれば、たいていが競争大好きの不公平容認(ポチ容認)側さね
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:39 | Comment(0) | 名句にポン/2017後半 | 更新情報をチェックする