2018年01月28日

【勝手句帳】188 30-1-26,27 静岡新聞掲載分から

↓5)向宜詠吟.2018/01/28

|いつのまに桜葉落ちていちょう散る自然のたすきが心彩る     藤枝市・文化協会短歌会(1-27)

|柿紅葉 桜紅葉に 楓 銀杏 秋のたすきは日本の宝


> 秋の紅葉(こうよう)を時間系列で辿ることはほとんど無い
> いたって、自分の目にした光景の中の切り取られた時間での断片だ
> ‥でも順序立てて並べてみると‥
> まるで、秋の移ろいが、たすきリレーをしているかのように思い浮かぶのだ
> 柿紅葉、桜紅葉、楓、銀杏‥他にもあるにせよ、出番を待っての姿勢は良く出来ている
> 実に、命のつながりが伝わってこよう
> これこそが日本の宝、四季としての有りようなのだなぁ




|木枯のさざ波連れて川下る         静岡市・浅間神社句会(1-26)

|木枯しやゴッホの色で川下る 巻き散らかして巻きし吹くかな


> 川を下るその先々で木枯しが舞い散っていた
> なんと‥ゴッホが筆を描き殴ったようなタッチで、紅葉が川へと散りばめられていく
> おまけに、川下りの水飛沫も、ゴッホのタッチで飛び散っているかのようだった
> (まったく以て、好いタイミングで川下りにありついたものだよ)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:41 | Comment(0) | 名句にポン/2018前半 | 更新情報をチェックする