2018年08月18日

【勝手句帳】240 30-8-3,4,7 其の2静岡新聞掲載分から

↓5)向宜詠吟.2018/08/18

|暮れ際の空の華やぎ星まつり        焼津市・梶の葉俳句会(8-3)

|黄昏の雅ぶる宙にすきま星 移ろふ紫紺惜しむ瞬き


 *黄昏(たそがれ)、雅ぶる宙(みやぶるそら)、紫紺(しこん)

> 黄昏の移ろい時には、ひときわの雅ぶる宙が現れる
> そこに幾らかの星を見ることもあろう
> されど、見事な紫紺たる夕闇色が観測できるのは
> 地球のゆらぎ‥つまり「おやすみなさい」なんだろうなぁ

  ‥その挨拶に、応える星々もあると言うことだろうなぁ‥




コバルトの風吹いて来し貝風鈴       静岡市・はいくぴあエイト(8-7)

|夏惜しみラピスラズリの闇に寝る 深閑にける天の無窮


 *深閑(しんかん)、無窮(むきゅう)

> ‥夏を惜しんで、星夜の綺麗な里にやって来た
> 期待通りのラピスラズリの闇の如き星空に恵まれた
> そして、静かだった、どこまでもそれは果てしなく瞬いていた

  (素晴らしい休暇をありがとう、Good night)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 18:21 | Comment(0) | 名句にポン/2018後半 | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

【勝手句帳】239 30-8-3,4,7 其の1静岡新聞掲載分から

↓5)向宜詠吟.2018/08/17

|水馬ぶつかり合ってのち静か      伊豆の国市・田方野俳句会(8-3)

|人生は瞬間沸騰のち静か 長生きするほど身に沁みる

|人生は瞬間沸騰のち静か まるで宇宙の写し絵かも


 *水馬(あめんぼ)

> ‥人生は青春にてほぼおしまいさ
> などと思う始めるのが老いだったり、病だったり、怪我だったりとするのだろう
> とくに、長生きするほどに若さが恋しくて仕方がない

  なぜあれほどに、人生のピーク(若さ・健康・五体満足)は短いのだろうか?

  ‥そこでふと思ったのだが‥

> ‥宇宙誕生のビッグバン説を信じるとすると
> 宇宙も然りだという相似性(フラクタル)に準じているだけかもな
> なにしろ、熱かったのはほんの初期の勢いだけで、あとは老化同然だよ(消滅ありき)

  確かに、そっくりだ!(今さらながらに驚いた)




親よりも口の大きな燕の子       伊豆の国市・田方野俳句会(8-3)

|始めとは姿異なる宇宙かな 久遠の旅路満身創痍


> ‥宇宙からして、古来よりの原型を留めちゃいないさ
> つまり、満身創痍(まんしんそうい)が宿命という事だろうね

  宇宙人からして、原初のオリジナル(遺伝子)を探し求めるようだけど(タイムトラベル)

  科学の好奇心は、どこでもやらかしちまうんだろうな(遺伝子操作)
  それで無くても、劣化(劣勢遺伝)は宿命らしいよ


> ‥とはいえ、情報によると
> 希に「先祖返りありき」なんて言ってるよ
> 宇宙的にいくつかの好条件が重なると起きるらしい
> 地球においては今どきという話だけどね

 (なぜ今か?‥それは事前に計算して仕込まれている部分もあるから)
 (発動するかどうかは、未知数らしいが‥)

  取りあえず、寿命が200歳程度まで延びて(個人差あり)
  再生能力がUP!(医学不用)

  ‥などと聞こえている


> ‥しかし
> 精神的な疵沙汰という方面になると、トンチのように情報がとんと無い
> とある話では、嫉妬の遺伝子を将来的には隔離するなんて言ってるよ
> アンチ勢力が植え付けた遺伝子を塩梅減らすないし除去するという話だ

  (へぇ??)

  ‥まぁ随分と先の話だろうけどさ(やる気らしい)
  それはそれで、新しい世界とのご対面だよ
  とはいえ、そこでも、それなりの衝突やら喧嘩はあるだろうね

  ‥そこに違いが起こるとしたら
  「根に持つ」「意固地の堅持」「隠し沙汰」傾向が限りなく薄れる
  という具合になるんじゃないのかな

  (とはいえ、その手の好転だろうと‥変化に葛藤が伴わない訳が無い)

  ‥込み混みで、現代社会をフル活用しているとしか思えない(事象の最大限あぶり出し)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:10 | Comment(0) | 名句にポン/2018後半 | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

【盲点】辻政信(旧陸軍)の存在自体が、文民統制の不能の具体例だった

記稿.2018/08/16

> ‥NHKスペシャル「ノモンハン 責任なき戦い」を視聴していて不思議に思ったのは
> 辻政信という希有な狂気が、どうして野放しにされていたか‥


 辻政信‥ノモンハン事件、太平洋戦争中のマレー作戦
     ポートモレスビー作戦、ガダルカナル島の戦いなどを参謀として指導し
     軍事作戦指導では「作戦の神様」と讃えられた

     士官学校と陸軍大学校と成績優秀(首席または首席を争う貫禄を有した)
     出身は、石川県江沼郡東谷奥村今立(現在の加賀市山中温泉)
     父親の生計は炭焼き(集落暮らし)

     ‥「ノモンハン 責任なき戦い」で紹介された人物像としては
     作戦責任を現場に負わして、常にしれっとしている超危険な存在

     戦後、CIAにして「平然と第三次世界大戦をやりかねない男」と呆れられた


> とくに家柄があった訳でもないのに、成績優秀だったというそれだけで重宝されたていた???


 ‥はい、ここが重要です
 当時、軍司令部入り(出世)するには軍学校を出て士官コースが鉄則です
 入学するには学問が欠かせませんが、学校で学ぶことも概ね机上です
 ヒトの殺し方についてのスペシャリストなんて次第にはありません
 陸軍中野学校ぐらいの特殊コースなら多少ツッコんでやっていたかもしれませんが
 学び舎の段階で、直に殺傷まで授業でやらかしていたとは思えません


 つまり軍人といえど、権限を確約された特殊文民でしかなかったのです(盲点)


 ‥ですから、そんな連中のやらかすことと言えば
 如何に優位に肩書き席に座っていられるかが日々の目的と化するわけです?(官僚と同じやん)

 なんちゃって軍人世界では、学業時代の成績が基盤にあるので
 そこをないがしろにするような成績優秀者を、おいそれと左遷扱いにしては
 全体のモチベーションが揺るぎ兼ねません


 ‥多くが庶民出だからな
 ‥しかも戦争ごとだからな、立案する立場より無難に同意が流れになる(糞レベル)
 ‥立案採用はカッコイイにしても、失敗例になった場合の気負いは果てしなく大きい

 (それが戦争という狂気でもあるからな‥だからこそ)

 ‥戦争責任を「現場に押し付ける空気」が一番に上手な奴ほど
 最適化されて、重宝されるという心理が働くということでーす
(ブラック企業と同じやん)


> 閣僚だって同じようなもんなんだし、文民統制なんて、ただの言い回しに過ぎません
> きっちり撤退、和睦、停戦と唱えられる口が在ったら、始めから憲法九条でーす


 ‥憲法九条を蔑ろにしている時点で、文民統制は妄想です
 そんなのは、ぶっちゃけ、戒厳令下でのやりたい放題前提に思われます

 そして、極めつけは

 責任を下に擦り付けるのが天才的に器用な奴が居た場合ほど
 確実に暴走する率が跳ね上がるというパターンです

 (斯様が組織にのさばってた時点で、誰も彼も自分の席のことしか考えていない空気が蔓延)


> なるほど、そうだったのか太平洋戦争(はじめて納得できた気がするンゴ)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 01:33 | Comment(0) | 日記/2018 | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

【動機観】お得主義×共鳴主義

向宜弁論.2018/08/15


|資本という自慢乞食が音頭取る あやかる民を御輿奴隷に(お得主義)

|自由という抗舌馬鹿がかしずかず 見惚るる民に尊厳の風(共鳴主義)


 *御輿(みこし)、抗舌(こうぜつ)、傅く(かしずく)

> ‥「ほめられて伸びるタイプ」というのがある
> どうにも、自慢にハマると自惚れる口なのだろう
> そう思うと「ほめられずとも伸びるタイプ」のポイントを知りたくなる
> それがまぁ‥共感・共鳴という現象だろう

> 所謂、「憧れて伸びるタイプ」と言うことだろうか‥
> しかしこちらには気負いが有り続けるだろう(二番煎じを拭えないからだ)

  だからもっと純粋に共鳴する方が良い

> ‥それが絶対的権威に自分の意見を堂々と述べまくる姿という事になる
> 明らかにお得に成りそうにも無く、時下に誉め合えるような行為でも無い
> なのにその姿に惚れ込むと元気になっちゃう(まるで恋同然だ)

  とくに為政絡みであれば、そこに語られるのは尊厳に公平だ

> 不思議なモノで、尊厳ある姿なり弁を目にして共鳴して元気になっちゃうのもタイプらしい
> おいしい思いができるからとご褒美目当てに頑張っちゃうタイプとは明らかに対極だ
> ‥この二極対比は、社会現象に根深いところがあり、漫然としている

> 「共産×資本」「社会×民主」‥そういう右派左派対比とは違って、個々に日常的だ
> そもそも、十九世紀頃からの思想対決自体「どちらがお得か?」の対比実験にしかなかった
> しかし、ヒトが頑張っちゃう理由として、そこには厳然とした二極性があったのだ


  それが、「お得」と「共鳴」だ

 (ヒトの本能を目的化にも分けて競わせる意味が不明)


> ご褒美目当てに頑張っちゃうタイプを「お得主義」
> 尊厳と公平に共鳴して頑張っちゃうタイプを「共鳴主義」

  という具合に表現してみるのも悪くないだろうよ

> お得主義のリーダーは、ご褒美をちらつかせて競わせる自慢馬鹿だ
> 共鳴主義のリーダーは、尊厳と公平に絡まない細部にはぶっちゃけ地味ケチだ

 「それは我が社の利に適ってるから是非やろう」
 「それは社会的に文化向上に繋がるはずだから是非やろう」

> お得主義のリーダーは、能力主義を口にしても実際はお仲間会だ
> 共鳴主義のリーダーは、平和主義だが共鳴に原点があるので閉鎖的に見えることの方が多い


 どちらにしても「やる気」に仕込みを入れてやる動機は、「お得」×「共鳴」でしかない



> 修弁させていただきました、ありがとうございました。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:57 | Comment(0) | 命題 | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

【ウォッシュリンク】バキ(2018)

改稿.2018/08/13...20180719...

> 濃すぎたようなので、輝度を下げて再調整しました

> ‥バキ(2018)を見ようと思ったら
> 色合いがどうにも、薄暗くて、見えてこないし、我慢できなくなって洗逸しちゃいました


◇◆L-Smash Works◆◇
Video Scaler:Bicubic Spline
Dummy solorspace:YC48
AVS bit-depth:16
LW48 output:off(デフォルト:色入力と色出力は違うらしい‥)

◇◆x264guiEx◆◇
「拡張」タブ:LW48モードをチェック(再エンコード用途)

◇◆AviUtl◆◇
色入力:LW ColorSpace
色出力:BT.601 or BT.701(表示画面サイズによる)


◇◆対象とするテレビモード◆◇
シネマモード:標準


<色調補正>
明るさ   :  49
コントラスト:  30
ガンマ   :− 16 − 18
輝度    :  24   27
色の濃さ  : 234  243
色合い   :−117 −126


<拡張色調補正>
Y(offs) :  34
Y(gain) :− 55
Cb(offs):   0
Cb(gain):  39   42
Cr(offs):   0
Cr(gain):− 78 − 84
R(offs) :   0
R(gain) :− 40 − 45
R(gamm) :   0
G(offs) :− 42 − 64
G(gain) :   0
G(gamm) :  72   80
B(offs) :−110 −125
B(gain) :  81   90
B(gamm) : 256



> バキ(2018)の色合いは、これは難しいっすよ、普通じゃない
> 素材によりけりだとは思いますが、この辺かと(押忍)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:44 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

【勝手句帳】238 30-7-31 其の4静岡新聞掲載分から

↓5)向宜詠吟.2018/08/12

雨傘の朱色ゆっくり通り行く白また白のあじさいの中             浜松市南区遠州浜

|ぱらつけば朱い傘を連れ出して 白いあじさい続く路地端


> あーあ、折角朱い傘こうてもらったのに、今年の梅雨は雨降らへんな
> このままやとあじさいの時季が先に終わってしまうやん

> おーい節子、雨ぱらついて来とんで
> わぁ、ほんま?

> ‥節子のやつ、なんであないにはしゃいで出て行きよんねん??
> おもろそうやから、ついてってみよか

> ‥へえ、こないな路地に、白いあじさい咲いとったんか
> それで節子のやつ、あれ、なに傘をふりふりにポーズげなんや??

  ああーそうか、あれが所謂「インスタ映え」の気持ちってことか

> それじゃ、兄ちゃんがひとつ撮ったるさかいなっ
> 朱い傘に白いあじさいかっ
> 節子のやつセンスあるんとちゃうか、天然やろ
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:28 | Comment(0) | 名句にポン/2018後半 | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

【勝手句帳】237 30-7-31 其の3静岡新聞掲載分から

↓4)向宜詠吟.2018/08/11

|「この命無駄にはせぬ」とつぶやきて駆除されし野生鹿解体人           吉田町住吉
|「この命無駄にはせぬ」と猟師の血 駆除鹿・猪・熊のシチュー            手直し


> どう見ても「駆除されたのは○○の解体の人」

  ‥矛盾含みの中途な言い回しの此れで特選??‥

> さて問題です
> 解体の人を駆除したのは何者でしょうか?
> 次の三つの中から選びなさい

  1)獣
  2)食中毒
  3)放射能

 ‥さすが特選だけのことはある、真夏のホラーやん!


 ‥ちなみに
 特選に選ばれれば、なんと金一封!(これで大一枚かよ‥うんざりな夏バテボケな選‥)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:03 | Comment(0) | 名句にポン/2018後半 | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

【勝手句帳】236 30-7-31 其の2静岡新聞掲載分から

↓5)向宜詠吟.2018/08/10

|ふる里は母だ癒やしだ青い海        静岡市・退福共川柳グリーンの会(7-31)

|ちゅら海は母だ癒やしだ青春だ 基地キチガイの埋め立てなんざ


> ‥基地建設の意味とは、イコールで火薬庫である
> 火器砲弾の出入りが行われるわけだが
> オスプレイを100機導入するという意図が不明だ
> まさに、戦争の下準備と言わんばかりだ

  では、なぜ、基地を移動させる必要があるだろうか?

> ‥オスプレイの導入に反対運動が起きてるから
> 反対運動というテコを利用して、基地移転を持ちかけている
> 「海岸沿いなら問題ないでしょ」と言わんばかりの空気にすり替えている

  だが、海岸沿いにあるメリットが、軍事作戦上の有利をももたらさなければ意味が無い

> ‥そりゃまぁ補給が手っ取り早くなる
> ‥出入りの艦船が標的にされる対応としても、オスプレイ威嚇は当然の選択肢(不自然は無い)


  それはそれで、軍港への道を暗示させている
  あれは基地工事などでは無い、軍港への創設準備さ

 (後々の埋め立ての拡張も織り込み済みだろうよ)
 (軍港扱いにあるいくつかの港の解放を条件にちびちびやらかそうってんだろう‥もはやパターン)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:50 | Comment(0) | 名句にポン/2018後半 | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

【勝手句帳】235 30-7-31 其の1静岡新聞掲載分から

↓5)向宜詠吟2018/08/09

|青鷺よ君はカントかデカルトか        浜松市東区天王町

|青鷺よ君はカントかデカルトか 日々ぶらぶらとバキューム食い


 * https://www.philosophyguides.org/


> 考え方の道理を理性に求めて、その特徴を理解し得ようとも
> ヒトのやりたい欲求は異なっている
> 理性のスタート的解釈が、道徳としての水準器に生まれ変わろうとも
> ヒトのやらかすことに、後悔、反省、改善に至る反芻が見られないなら
> 理性なんて持ち合わせていないも同然じゃないか!?

  そんなのはあれだよ

 ‥青鷺が自分の人生を満たそうと獲物を丸呑みするのに必要な理性の量を見逃しているだけだよ‥

> 個々の欲求に必要な理性の大きさが違っているのに
> もっともそうな理性批判なんて始めから成り立つわけが無い!
> それすらも問えない職業哲学に未来なんて在るわけが無い!(鵜呑み野郎!)
> 哲学のそもそもは、理性の有り様における啓蒙に至るべきだったように思われる


 ‥それがなぜだか

 ヒトの自由において、自由を縛り上げる理性など不用・不自然というのが時代の展開だもんなぁ
 ニーチェ哲学を最強として、どっぷり学んじゃってる人たちほどそんな感じに思わざるを得ない


 ‥「思う」と「在る」の分離が始まるとまさにそんな落ち度に嵌まり込む
 「自分には責任がございません」と嘯(うそぶ)くすすめの如しだもんなぁ‥(ばーかっ)

 ‥此に哲学的な訂正を加えるならば
 「思う」と「在る」には距離が存在している
 二点の距離がゼロに向かうように、努力するかしないのかの差こそが「理性の強度」かもなぁ


> そこに義務はあるかって?(そういう批判からやらかしたのがカントだよ)


 ‥理性の強度に挑戦するかしないかで
 明らかにヒトとしてのパフォーマンスに差が出るようなら、やらざるを得ないだろうよ
 実際そこには、仏教の定着した日本流と、していないグローバル世界との差があるわけだよ

 (実証済みなんだぞ、諸君!)
 (カントだって、DQNな批判からやらかしているようでも、当人は厳格な義務遂行者だ)


 ‥今時代に日本流を以て疲れやすく思われるのは、理解の不一致が発生しているからだ
 主義の交錯した世間様でのスムーズは、険しいばかりだからなぁ

 (不器用なくせに主義だけ変えて、本音は昔のままというのが倦怠感のそもそもだよ)
 (欧米化しちゃってるから、主義も本音も食もごっちゃだろうからね)


 ‥まずは、自由批判からやるべし
 いくら自由でも、自分の許容を超えると途端に詰まらなくなる
 思ってもいないのに在るが押し寄せてる状態だよ(そういう時代色だからなぁ)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:49 | Comment(0) | 名句にポン/2018後半 | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

【宇宙な】神々から見た地上に関する正義則

↓2)記稿.2018/08/07

> 神にも色々と居て、正義にも色々とした見立てがある中の決定版


 ‥地球と人類の関係は、エネルギー創出の実験場である
 計画側が考えるエネルギーとは、創造する力だ

 ‥誰かが何とかしてくれるという発想のままでは、エネルギーを発生させるよすがに乏しいので
 計画側にしてみれば、欠陥品扱いとなる


  しかしまぁ
  実験段階程度の宇宙創造において、有り余るほどのエネルギーなど無いので
  たとえゴミ屑だろうと無駄にはできない


 ‥このような事情から
 すでに人類には、エネルギー増幅装置としての機能が組み込まれているという話だ(感情系エナジー)

  だったら、直にいじって改造すれば良いだろう?
  得られるエネルギーだけを搾ってもかなりイケるのではないのか?
  俺専用に人類の放つエネルギーを利用してしまうのも悪くない‥

  (などとした思惑が交錯する)

 ‥計画側が、このような懐疑から正義である為には
 それらを退けるだけのルールを自分たちに課しておく必要が伴う


> 創造エネルギー(感情)の活用は、各自の権利に基づいている
> 権限のある神ですら、勝手にその者の思考に干渉したり覗いたり除いたりするのは宜しくない


 勿論、そんなの関係ねぇとした立場を示して
 敵対する勢力も発生する(それはそれで、それも創造の内だろう)

 しかして

 対抗する上での備えも欠かせず、結果的に、計画側と言えどエネルギー不足になりがちだ
 目的を据えおいて、正面切って対抗するとした意図もまた無いので
 斯様なケースを折り込んだままに実験は続けられている

 ‥如何様に遺伝子が綻びようと、再生し、復活できてこそ完成品としているらしく
 地上が、苦行な有り様に陥りようとも、想定内という事である
 とはいえ、負荷が掛かりすぎて、完全崩壊してもお互いに意味が無いので
 小規模なメンテナンスが都度欠かせない


> 地上に失われた情報を、その都度もたらす為には、まず、地上に構成員を降ろす必要が伴う
> 神と言えど、非公開正義など有り得ないからだ(とはいえ)
> 神と言えど、図々しくも、汝の感情に土足で踏み入るわけにも行かないのである


 在るべき情報が失われたままでは
 勝手な勢力の為すがままにされ、人間の感情を用いた創造実験どころではない

 地上に降り立った構成員に繋がることで
 本来の人間の目的に目覚めてもらおうという話だが
 何かと、精神論に持ち込まれておシャカになりがちだ


 まず、なんら思考を熟していない者ほど未来が投影されないという現実がある


 未来(思熟)を持たぬがゆえに‥もとい、未来を持とうとの覇気に乏しいがゆえに
 その思考の云々は、ついつい善悪論に陥りがちだ
 しかも、何が善で悪かに深い哲学がされて居るわけでもない、その多くは受け売りである次第が多い

 まずは、己の言葉に、未来を紡ぐ気迫を得られるかどうかという事だろう
 そこに慣れが無いと、どうにもお得な響きにヨイショされがちだ
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 19:08 | Comment(0) | 宇宙な? | 更新情報をチェックする