2018年09月20日

【総括】走査線シミュレーションだった(脳内量子間引きだった)

↓2)改稿.2018/09/20...20180919...

> ブラウン管と液晶モニターの大きな違いとは


 走査線による残像効果があるか否か
 指定された色合いを点灯し続けているか否かである

 走査線による残像を、脳の側が、勝手に都合の良い色合いに思い込む(脳内量子効果)

 ‥それこそが、ブラウン管マジックの正体だった‥


> つまり、最適な間引きをしてやらないと
> ブラウン管当時の色合いは絶対に出てこない


 とは言え、液晶に残像効果を求めれば、液晶の寿命にも影響するだろうし
 そもそも、ちらつきを無くすのが液晶の利点と見なされてきた

 ‥結局‥

 物理的に起こり得ていた残像効果が脳に及ぼしてきた中身を
 ごっそり無視してしまったという次第が、液晶時代の赤黒さだった

 つまり、その分を間引いてエンコードなりとする必要があった


> さらに、赤・緑・青の残像効果には、それぞれの微差が伴う
> その微差に対してさらに420という間引きをやらかしていた理由こそが
> 青の残像が一番に長く残るという実際だろう(テレビの残光と言えば総じて青白い印象)


 ‥そんなわけだから
 実際の緑系の色合いと残像の印象として、かなりの隔たりに晒されていたように思われる
 とくに、赤と緑で合成される黄系&オレンジ系はとくにそうだったのだろう

 (もちろん紫に水色系統もそうに違いないが、それほどに気になるほどでは無い)
 (それは、青と赤の数値変動が端と端であり)
 (又、青の残光の長さが気にならない側だからのように思われる)
 (その点、反対色且つ合成色にある黄系は、否が応でも青の残光の影響を一番に受けざるを得ない)


 ‥青の残光からの影響を取り除くべく処置の必要は
 ブラウン管においての課題だったのだろう
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:31 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

【テレビ設定】プロポーズするにはまだ早いのだが‥z値

記稿.2018/09/19

> このテレビ設定は、「スタンダードはキミだ!z値」利用時のコンビネーション値です
> 再エンコードしなくても、ブラウン管の色合いを相当に再現します


 ‥ただし、ブラウン管再現とは異なり、色と色の間に濁りが発生しにくいので
 ピンク系の色合いなどで無駄に濃い目に見える傾向がございます
 そのような場合には、余分な青成分を抜くべく再エンコードしてしまうのが最善です


 ‥再エンコードせずも
 420化フィルターがあればサクッと問題解決するように思うわけですが
 420のままに編集するのとは訳が違いますから、勘違いしないように願います


 (紫系の淡い肌色が、適正になるようにバランスを取るのが難しい)
 (緑系の淡い色合いの場合、飛んでしまう傾向はもはやしょうがない)

 ‥という淡い系調整の悩ましさへの対応が
 シネマモードでのバックライトマイナス最大ということらしい

 (実写映像の場合、全体的に暗く締まる趣です)

 で、代わりに艶を出すべくモードとして、「明るさオート」が当てがわれているらしい
 ぶっちゃけ、デジタルアニメの場合、「明るさオート」を外すと、無駄に物足りない状況に陥ります



映像メニュー:ユーザー(シネマ下地)

バックライト:−30
ピクチャー : 10(スタンダードz値化ですでに明るく仕上がっているので‥艶とのバランス優先)
黒レベル  :−20(ここまで下げる必要があるとは思わなかった)
色の濃さ  :  0(色合いがいじれないのでいじらないに限るようだ)
色合い   :  0(ここに至っていじると、途端にケロロ隊メンバーの色合いが怪しくなる)
シャープネス:  0

液晶AI  :オフ
色温度   : 低
ビビッド  :オフ
超解度   : 弱(ノイズ感が欲しいおまじない程度、効果の程は?)
NR    : 弱(ノイズ感が欲しいおまじない程度、美麗ソースにはほぼ無意味)
HDオプティマイザー:オフ(パナソニックオリジナルだと思ったけど?)
明るさオート:オン(艶の乗る方)
テクニカル : 切


> これはあくまで基本ベースです(暫定)
> 浮気にも色々と探求してみれば、異次元的色彩体験できる可能性はあると思います


 (これで落ち着いて再エンコードやらかせるゼっ)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:44 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

【AviUtl】スタンダードはキミだ!z値

記稿.2018/09/19

> ‥色々と確認した結果
> ガンマと輝度の比率が1:1である次第を確認しました


 ‥黄金比と1:1と9÷8が
 <色調補正>を飾っていたという結果になりました
 なかなか興味深い比率の合成だったということのようです


 という流れで、今度は、最適なテレビ設定が大荒れになっています


 ‥アニメのタイトル毎の個性が強すぎて
 バランスを取ろうとするとPCモニター寄りになってしまいます(迫力不足は否めません)

 (まぁそれはそれで、テレビをPCモニターにせざるを得ない場合の参考にはなるでしょう)


 また、再エンコード用に青成分が多めと言うのが厄介で
 そのままでも適したタイプの映像と、そうでないタイプとがあるようです

 ‥調整によっては
 再エンコードしないままでも、なかなかの異次元ぶりを味わえるケースも見受けられています

 (そんなこんなで、タイプ別で考えざるを得ないように思われます)
 (どちらが面倒くさいのかよく分かりませんが、サクッと再エンコードしてみるのも手順かと)



◇◆L-Smash Works◆◇
Video Scaler:Bicubic Spline
Dummy solorspace:YC48
AVS bit-depth:16
LW48 output:off(デフォルト:色入力と色出力は違うらしい‥)

◇◆x264guiEx◆◇
「拡張」タブ:LW48モードをチェック(再エンコード用途)

◇◆AviUtl◆◇
色入力:LW ColorSpace
色出力:BT.601 or BT.701(表示画面サイズによる/再エンコードにも絡む)


◇◆想定するテレビ側の項目設定◆◇
 編集時&視聴時共用:プロポーズするにはまだ早いのだが‥z値(暫定)



<色調補正>
明るさ   :  49
コントラスト:  30
ガンマ   :−  9
輝度    :   9
色の濃さ  : 162
色合い   :−144


<拡張色調補正>
Y(offs) :  34
Y(gain) :− 55
Cb(offs):   0
Cb(gain):  48
Cr(offs):   0
Cr(gain):− 96
R(offs) :   0
R(gain) :− 36
R(gamm) :   0
G(offs) :− 32
G(gain) :   0
G(gamm) :  64
B(offs) :− 90
B(gain) :  72
B(gamm) : 256


> ‥少し前の残念に思われがちなwmvファイルでも
> ブラウン管当時の色を丁寧に復活させちゃいます
> なのでDVDからの再エンコードともなると馬鹿にできないレベルに仕上がるでしょう


 ‥ただし、トリニトロン管だろうと得て不得手が有ったらしく
 そこの差までを埋めようと試みれば、必然的に、テレビ画面の吟味が欠かせなくなってきます

 当時は、モード切替なんてせずにやれていたのにその勝手が利かないのは
 わざわざ最適化エンコードをしておかないとならないのと同じです

 しかし、液晶だって去る時代がやってくるだろう事を思えば
 ファイルの状態と再生とを分離しておける意味は大きいかと
posted by 木田舎滝ゆる里 at 03:16 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

【テレビ設定】キミには相棒が必要だz値ゝ

改稿.2018/09/18...20180917...

> キミはスタンダードかも知れないz値‥で変換したファイル視聴専用が
> キミには相棒が必要だz値(テレビ画面カスタマイズ)になります


 (色調変換したアニメの色が不安定だったので、テレビの方を調整しました)

 ‥スタンダードz値で再変換したウルトラマン第1話を
 編集時確認用で視聴したところ、余分の青成分が面白いほどの塩梅で抜けていました

 ということは

 アニメ用に調整したテレビ画面を前提にしてもイケるだろうと思い立ち試みたところ
 ↓のカスタマイズ画面視聴においても問題ありませんでした(安定感が増したように思われます)



映像メニュー:ユーザー(リビング下地)

バックライト:−18 −15
ピクチャー : 12  10
黒レベル  :− 6 − 5
色の濃さ  :  0
色合い   :  0
シャープネス:  0

液晶AI  :オン
色温度   :中
ビビッド  :オフ
超解度   :オフ
NR    : 弱
HDオプティマイザー:オフ(パナソニックオリジナルだと思ったけど?)
明るさオート:オフ(暗くなる方)
テクニカル : 切



> 実写の色をアニメのハデなカラーに合わせようとすると
> 実写の方からしっとりしだし(やや暗め淡い色調)
> アニメ作品のスタンダードを模索し始めると、アニメの色合いもしっとりせざるを得ませんでした


 (ギラギラビビッドの色合いが好みの著生としては、かなり意外でした)
 (圧縮効果を考えても、しっとり路線が正解です)


 ‥注意事項としては
 「キミには相棒が必要だz値」×「キミはスタンダードかも知れないz値」の状態で
 視聴確認している映像は、青みを敢えて多く増してあるので、多少違和感も有ると思いますが
 そういう状態なので、青みを取り除きたい場合には、再エンコードしてください

 z値再エンコードした映像を再び「相棒z値」で視聴することで

 ソース寄りの印象を保ちつつ明るさ倍増の安定画質が得られる仕組みになっています


 ‥再エンコードするまで想定された映像を確認できない
 且つ、想定のz値で視聴しないとならないので、想定の画質をご紹介できないという
 どうにもデジタル×ネットに逆行していますが
 とにかく、ネット上に想定画像を抽出してご紹介できないというのが流れです

 (ご紹介できるのは、中間画質の画像のみになります)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:37 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

【AviUtl】キミはスタンダードかも知れないz値

記稿.2018/09/17

> 特撮の値が、アニメと掛け離れているのはやはり疑問なので
> 折り合いを模索した結果、1.125倍を逆にしたりの÷ったり×たりを見直しました


◇◆L-Smash Works◆◇
Video Scaler:Bicubic Spline
Dummy solorspace:YC48
AVS bit-depth:16
LW48 output:off(デフォルト:色入力と色出力は違うらしい‥)

◇◆x264guiEx◆◇
「拡張」タブ:LW48モードをチェック(再エンコード用途)

◇◆AviUtl◆◇
色入力:LW ColorSpace
色出力:BT.601 or BT.701(表示画面サイズによる/再エンコードにも絡む)

◇◆想定するテレビ側の項目設定◆◇
 視聴時用:シネマモード(標準)

 ※編集時に420対策として青めを増やしておくわけですが
  そのバランスの確認にオリジナル設定を用います

  編集時確認用:オリジナル設定
  (この段階でも当然美麗ですが、ソースの状態等により雰囲気に差が起こり得ます)


 ‥再エンコードした抽出ファイルは、以後、シネマモード(標準)で視聴します

 余計な青さがぶっ飛んで、オリジナルのソースに近い風合いに戻りつつ明るくなる想定です
 (場合によっては、再エンコードせずにそのままの方が好い場合もあるように思われます)



<色調補正>
明るさ   :  49
コントラスト:  30
ガンマ   :− 18
輝度    :  16
色の濃さ  : 162
色合い   :−144


<拡張色調補正>
Y(offs) :  34
Y(gain) :− 55
Cb(offs):   0
Cb(gain):  48
Cr(offs):   0
Cr(gain):− 96
R(offs) :   0
R(gain) :− 36
R(gamm) :   0
G(offs) :− 32
G(gain) :   0
G(gamm) :  64
B(offs) :− 90
B(gain) :  72
B(gamm) : 256


※ ガンマと輝度の1.125倍を逆にしました
※ 色合いと色の濃さを半分から1.125倍扱いに変更しました
※ 色合いの9x18倍とB(offs)の5x?倍の比率を、色合いと同じ倍率にしました


> では、各々でご確認を(もといチャレンジを)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:01 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

【ウォッシュリンク】ウルトラマン懲りずに再開しましたゝゝ

↓1)改稿.2018/09/17...20180916...

> 今回は、「バキ」でガンマと輝度の値を下げたのと
> テレビのオリジナル調整をしたのが取っ掛かりです


 ‥オリジナル調整をしたテレビ画面で
 夏前に再エンコードした「帰ってきたウルトラマン」を確認すること絶句‥
 やはり、どうしようもなく濃い目だったのが判明(抜本的にやり直しになりました‥orz)

 濃さ調整の狙い目は、「ガンマ」と「輝度」の比率からになります

 ‥色々と思案した結果
 −16、18(1.125倍)を採用

 ‥不思議と
 1.125倍(9÷8)は、色合い調整の隠れた魔法の比率です



◇◆L-Smash Works◆◇
Video Scaler:Bicubic Spline
Dummy solorspace:YC48
AVS bit-depth:16
LW48 output:off(デフォルト:色入力と色出力は違うらしい‥)

◇◆x264guiEx◆◇
「拡張」タブ:LW48モードをチェック(再エンコード用途)

◇◆AviUtl◆◇
色入力:LW ColorSpace
色出力:BT.601 or BT.701(表示画面サイズによる)

◇◆想定するテレビ側の項目設定◆◇
 視聴時用:シネマモード(標準)

 編集時確認用:オリジナル設定



<色調補正>
明るさ   :  49
コントラスト:  30
ガンマ   :− 16
輝度    :  18
色の濃さ  : 162
色合い   :− 81


<拡張色調補正>
Y(offs) :  34
Y(gain) :− 55
Cb(offs):   0
Cb(gain):  27
Cr(offs):   0
Cr(gain):− 54
R(offs) :   0
R(gain) :− 36
R(gamm) :   0
G(offs) :− 32 −26 *輝度変更で、「G(gamm)÷2」に復帰
G(gain) :   0
G(gamm) :  64
B(offs) :−100 *(−95)‥36話~39話(媒体の傾向に変化あり)
B(offs) :− 80
B(gain) :  72
B(gamm) : 256


 ※7話まで再エンコードしてみたところ、予想より赤みがかるのが気になり
  B(offs)値を見直しました
  さらに、見直してG(offs)を変更


 ※‥420に減衰された状態を8と見て9にすべく不足分の青成分増幅を思案
  色の濃さ162=18×9の18を1.125倍で÷と16
  16×5=80が得られる(たまたま割り切れた)

  ‥編集確認の際
  ソース画像の状態が多少青み強めに出るので躊躇していたが、再エンコードは良好を得たが
  G(offs)の変更後、不思議と青ずんで見えたので、視聴をシネマモード標準に変更

  結局、シネマモード標準で安定画質に至った(再エンコード(420変化)の劇変ぶりに戸惑う)

  (結果、色の濃さとB(offs)の比率出しに手違いが有ったのを確認した)


> QP値とファイル容量とも下げ傾向で良好です
> 今回の設定は、昭和特撮4:3系の標準というかスタンダードでイケそうです


  ‥ただし、色褪せ部分は
  そのままに良好の部分との差をハッキリと示す傾向になりました
  それ以上にいじる意味が無くなったかも‥(完成形?)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:31 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

【日記】勝手句帳、二年経ちました

記稿.2018/09/15

> ‥これ程にネタに詰まらないとは
> しかも、不思議と、魔法に掛かったように並ぶし


 無論、同じような着目もあるわけですが

 そこはマンガづくりのネタと言うことで、敢えて押さえています
 同じテーマで詠まざるを得ないのがマンガの場面として想定されるわけですから当然です
 「‥また似たようなのが出たぁ」と見た目での解釈は野暮だけですのであしからず

 ‥とはいえ
 時間が経つと、ちょっと判りにくい下手も出ているなぁという点は否めません

 まぁ、詠んだ風景の印象を覚えている程度で、片っ端から忘れています
 この忘れているというのが、量産化において幸いしているとしか思えません


> それにしても


 農業詠みだけで100首できちゃいそうな勢いです
 テーマで100首揃うと、やらかしたくなるのが心情でしょう

 (農家さんが多いという事なのでしょうけれど)

 読み込むほどに、適度に裕福そうな面々の空気が
 こちらとしては痛くてしょうがないんすけど


 句会=高齢&年配=適度に中流を維持の傾向(静岡県の傾向)


 ‥詠まれる程度が大ざっぱにも文学センスほどには近づかず
 とくに「買いくれし」という「くれし」の表現はどうにも方言なんだなぁと思うより他ありません


> その手の思い込み方言まんまというか、文法の勉強不足は否めず


 古典仮名遣いだけしかキッチリしていないのは、明らかに勘違いに思います
 古文法をしっかりさせてこそ当時の言い回しを想起できるのに、そこが疎かなのはどうかなと

 まぁ古文法と言っても、厳密の敷居は定かに無く(学者でさえ曖昧)

 時代ごとの移り変わりも激しいと言うことで、最近に思い始めたのは
 現代的にも、古文法よりの盛り方の模索や変化形もありに思われます


> 例えば、終止形に付く助動詞の場合、体言に付けても言いように思います
> 勿論、無制限に付けて似合う訳が無いのが、日本語の抑揚です


 ‥この抑揚で考えると言うことが特に欠かせないわけですが
 この抑揚にこだわると
 方言訛りの言い回しが好い場合もあれば、そうで無い場合もあるとの選択に迫られます

 それはそのままに、和歌にもなぜか標準形という感覚が潜んで居るという次第になってきます

 そこに垣間見えてくる照準的な言い回しを
 嫌っていては上達しないのは、如何なる言語とて同じことです

 また

 ‥述べるまでも無く
 普段の言い回しをそのままに使い込もうとしても、納まりきらないし
 捻りも無いのでは、見映えとして芯が通ってこないのもなぜか和歌の世界です

 そこの整いを見極めるにも、古文法の反芻は大事かと


> あと、主観で詠むのか客観で詠むのかです
> 主観で詠む場合の必要と、客観で詠む場合の必要には微差が付きまといます
> そこを捉えようとしないでいては、単に見たまま表現のいじり回しに陥るだけです
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:15 | Comment(0) | 名句にポン/2018後半 | 更新情報をチェックする

2018年09月14日

【勝手句帳】255 30-8-31,9-1,4 其の2静岡新聞掲載分から

↓7)向宜詠吟.2018/09/14

|赤富士や開耶姫の立衣裳          沼津市・万年青大学「俳句A教室」(9-4)

|赤富士や開闢の夢未だ秘め 放つ号砲語らむと


 *木花開耶姫(このはなさくやひめ)、開闢(かいびゃく)

> ‥富士山とて、古代富士の荒々しき活動を
> 人が若かりし頃に思いを馳せるように、内に秘めたる思いとして持ち続けるのだろう
> 赤富士の姿を見ていると、そう思わざるには居られない

  あの姿はどうにも

> 私たちに、開闢の心意気を宗とせよと語りかけているかのようでもある
> そして、必要があればその志を示すこともあるのだろう(くわばら、くわばら)




|四角張る蚊帳の異空に寝息発つ       静岡市・長田寿俳句同好会(8-31)

|兄ちゃんと異空に寝息 蚊帳蛍 なんで死にはる朝にたくさん

|サヨナラを拾う一つに母の顔 死にたる蛍に別れを重ね


> ‥穴ぐらの中が夜になると真っ暗なので、兄ちゃんが蚊帳の中に蛍を放つことを思いついたん
> やってみるとこれが夢のような光景になりよった
> 感動も束の間で、いつの間にか眠ってしまっておった

  朝に眼が覚めると
  動かんようになってた蛍がそこここに居ると思えば、みな死んでおった

> ‥どうせ片付けなきゃいけんからなぁと思って拾い始めたら
> だんだんお母ちゃんの顔を思い出してしまいよって、きちんとしたお別れがしたかったなって
> なんだか無性にかなしくなってしまったん

  めちゃ甘えとうなっても、兄ちゃん寝てはるし
  一人で泣いてもうたわ
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:52 | Comment(0) | 名句にポン/2018後半 | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

【勝手句帳】254 30-8-31,9-1,4 其の1静岡新聞掲載分から

↓4)向宜詠吟.2018/09/13

|逆さ富士踏んで雲湧く田植かな       静岡市・清風俳句会(8-31)

|逆さ富士すべり込んでる五月ハグ ふるさと馬鹿の田植えあいさつ


> ‥うちの三番目のせがれがやんちゃでな
> 水を張っただけの田植前の田んぼに映る逆さ富士めがけて、何を始めるかと思えば

  「富士山とハグや!」

> ‥だとさ、いきなり家族みんなのテンション上げよってな
> それから、田んぼに入ったら入ったで
> 末っ子も又真似てやらかしておるのかと思いきや、ただすっころんでおっての

  今度は半べそさね

  田植え始めの挨拶にしても色々とあるもんだでよ




|谷川を渡る瀬音や河鹿鳴く         沼津市・万年青大学「俳句A教室」(9-4)

|河鹿闇天つ宙まで癒さむと 淵より放つ夏の安らぎ


 *河鹿闇(かじかやみ)、天つ宙(あまつそら)、淵(ふち)

> ‥暗くなると
> 付近の水辺や山村の沢の方から河鹿の小刻みに鳴く声が
> 一層と涼しげに聞こえてくる

  天つ宙まで癒し尽くそうとでも言うのだろうか?

> 昼間のうだるような暑さを思えば、別世界だからなぁ
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 18:09 | Comment(0) | 名句にポン/2018後半 | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

【黙示録】結局、調教地震&調教台風&調教ハリケーンくさっ

記稿.2018/09/12

> ロドリゴ・ドゥテルテには絶叫台風で調教
> ドナルド・トランプにはそこそこインパクトなハリケーンで調教
> 日本は、大方が世界云々登録がすすんじまったので残りの箇所に恒例地震で警告
> (あとNZでも同程度の地震が有ったなぁ‥隠れ家を断られた嫌がらせかも)


 ‥911の大規模デモなんてのも欧州の一角で有ったようだし
 気が付けば、辞雲ると、サクッと陰謀説が列ぶようになっている

 ドナルド・トランプ自ら口にしても信用に値する空気&状況に無かったので、スルーだったにせよ

 それなりに、911公認爆弾準備のよすがが垣間見えてくる‥だったかなと


> しかし疑問は尽きない


 ‥日本への攻撃の意味が分からない
 今や、第三次大戦派の大事な根城だし、消費税増税にだって響くばかりだろう
 吸い上げたいだけなら、沈黙しときゃ良いはずだ

 それともなにか

 定期的にやらかさないと、経済的な売上が伸び悩むほど不景気だって事へのてこ入れかよ??


 ‥雰囲気的には
 ブラックアウトの危機感を煽って、なんらかの予算を計上しようとでも??
 日本の発電って、ほぼ全域に渡って老朽化しているようだからなぁ


> それとも、もしかして


 ‥日本の官僚の都合と立場と自己満なプライドによる
 「言いだしたからには起こらないなんてありえない症候群」だったりとかな

 定期的に起こり得る空気づくりに余念がないキチガイさんが雑じってくさっ

 (横田幕府には、日本の官僚も半分ほど加わっているそうでーす)
 (費用対効果が、猛烈に問われるご時世だしィ)

 ‥大日本帝国時代からの傾向を鑑みるに、↑の病状悪化が一番に来る可能性が高い!!!
 (陰謀論も黙示録も関係ねぇ事案)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:44 | Comment(0) | 黙示録 | 更新情報をチェックする