2018年10月01日

【エンコードレシピ】TV×USBメモリー視聴用のGOPの最快値はM=3、N=60

↓2)記稿.2018/10/01

> 前回の【エンコードレシピ】CRF16.5からの漸進になります
> 以下名称「SmartGOP360」


 HD映像を「TV×USBメモリー」にて視聴しようとするときの課題がサーチです
 サーチを安定させるには、GOP(クローズド)しかありません
 しかし、サーチ箇所=Iフレームの位置ということなので
 如何に0.5秒間隔がヌルヌルですぐれていようとも
 ファイルの肥大化はうれしくありません

 そこで

 割り出したのが、M=3、N=60です


> ついでに


 キーフレーム間隔の上限(60)
 レート制御先行探査フレーム数(60)
 環境設定→システムの設定キャッシュフレーム数(60)

 ‥と揃えてみたところ、ノイズの激減感がスゲーなどと思っちゃいました
 (ソースにも依ると思いますけど、好い感じに思われます)‥最後尾にサンプル貼っときます

 23.976fps(2.5秒間隔)で、サクサクしているので
 29.976fps(2秒間隔)になると、多少遅く感じるかも知れませんが
 素材によっては丁度好いかも知れません

 (パソコンで見るにはどちらにせよ、倍速キュルキュルですから)


> キーフレーム間隔の下限を(1)にするか(3)にするかですが


 ‥Ibpという構成に成立しやすいのがSmartCRF16.5以来のデータ構造ですのでM=3にしました
 M=1が良いならGOP構造にする必要が無いとも言えますし

 ‥そもそも
 Iフレームの連続体にエンコードしてくれないのが傾向にあるようです
 (どうしてもという箇所には、手動でキーフレーム指定しておくのがベストかと)


> ↓レシピ貼っときます
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:59 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする