2018年10月07日

【エンコードレシピ】無重力GOP(サーチ感×画質×量↓重視でこうなりました)

↓1)記稿.2018/10/07

> 視覚心理最適化RDO(1.00)→(0.00)に伴う
> ブルーブロックノイズ対策にて、漸進になります


 参照枚数を3枚→2枚
 品質(Quality)16.5→16.4

 ‥の二箇所の変更となりました


> 参照枚数2枚の効果に驚きです


 ウルトラマン第一話HDサイズで15分↓、RODからの推移分を含めれば合計30分↓
 エンコード時間を、大きく減らすことに成功しました(2時間半の待機が2時間に)

 そして、極めつけは、無重力のような軽さです

 (再生時間軸スライダーが、つるッと、すいッと、なめらか反応の再生におったまげます)
 (こんなに軽くなるなんて、これぞデジタルの極みや!‥4倍速再生でも音を拾うだけのことはある)

 ‥並びに、明滅の激しい映像に対して強いエンコードになることが判明しました


> 光の波長は、赤の可視領域が半分ぐらいを占める為
> 科学的な計算では、無駄にそのように扱われます
> 一方で、そのままをやらかすと青の波長域はすごく狭い扱いです


 ‥だからそのままでは

 さほど激しさを感じなくても
 青の明滅の絡むエンコードでは、ブルーブロックノイズが発生しやすくなります(要ビットレート)

 さらに

 参照距離の長さが長いほど、明滅の度合いをビットレートの量に合わせて
 中間色を選び出してエンコードをやらかすので
 明滅している枚数より参照距離が長すぎると、正確さを欠いたエンコードに仕上がりやすいようです

 「正確さを欠く平均化」×「青の領域は明滅に弱い」=「明滅の照準の正しくないエンコードの方向性」

 (そのうえ、ブルー演算の細かいのをスキップ可の項目とか意味不明)


 不自然すぎるその感触は、エンコードするまでも無く
 脳内量子記憶からすれば、違和感の異物と判定されるばかりでしょう

 (最低でも、明滅の照準方向を正さないことには、脳内においてノイズの扱いです)


 ‥例えば
 響け!ユーフォニアム(アニメ)のOPの場面に
 カラフルな小さい丸の明滅をバックに織り込んだ演出があるのですが
 今回のエンコードでは、以前のエンコードが失敗だったと思い知らされるぐらい
 気持ちハッキリと明滅するようになりました‥(そういう事だったのか)


> で、結果的に、TV×USB差し込み再生でのサーチがより快適になりました


 ↓レシピ貼っときます
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:45 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

【テレビ設定】視覚心理最適化RDO(1.00)→(0.00)の結果

記稿.2018/10/07

> 前記事の視覚心理最適化RDO(1.00)→(0.00)の結果
> ブルーブロックノイズ問題が復活してしまいました


 ‥とりあえず、ブルーブロックノイズは
 テレビ側設定、NR(弱)で対処できますが、再エンコード数値の追加調整は欠かせません

 ‥並びに

 RDO(1.00)→(0.00)の減量効果に伴う色の変化が大きく
 テレビ側設定のゼロフラッシュが不適に陥りました

 RDO(1.00)には、ゼロフラッシュレベル調整が絡んでいたようです


> そこでテレビ側の安定値を模索したところ↓のようになりました


◇◆テレビ項目設定◆◇
映像メニュー:シネマ、リビング、ユーザー

バックライト:−27(9:8の9側)
ピクチャー : 24(9:8の8側)
黒レベル  :  0
色の濃さ  :  0
色合い   :  0
シャープネス:  0

液晶AI  :オフ
色温度   :低または中(適宜&お好み)
ビビッド  :オフ
超解度   :オフ(不明)
NR    :オフもしくは弱
HDオプティマイザー:オフ
明るさオート:適宜(昼と夜で、目の側のテレビに対する適性が逆になる)
テクニカル : 入(シネマ、リビング、ユーザーの項目のみオン可)


輝度設定  :低(シネマより設定)
輪郭強調  :オフ
ガンマ補正 :2.2(まん中で標準)
黒伸長   :8(最大値15に対して半分程度、リビングより設定)
白文字補正 :0
Rゲイン  :0
Gゲイン  :0
Bゲイン  :0
明るさ補正 :0


 ※ 19型と26型で同じ色傾向を得ました、30型ぐらいまでなら問題無いように思われます
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:19 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする