2018年10月15日

【x264】発覚!黒ずむ犯人→視覚心理最適化RDO(1.00)規定値+量15%↑

記稿.2018/10/15

 ノートパソコンで再エンコード映像を再生してみたところ
 すんげースカスカの昔ながらのスクエアーフラット管時代の色合いに驚いた

 (デジタル時代の制作映像だと見てられないが、元がアナログだと懐かしい色合いに見えくる)


> どうにもこれが、26型で色が濃くならない状況と判断できる


 と言うことで

 サンプルを変えて再エンコードして確認してみた
 視覚心理最適化RDO(0.00)と視覚心理最適化RDO(1.00)の差の確認である

 視覚心理最適化RDO(1.00)で出すと
 見覚えのある黒ずみが映像に乗っているのが確認できた
 つまりこれは
 ウォッシュリンクの色変更と同じことをやらかしているので
 同じように増量の要因だった

 ‥効果としては

 黒みの調整ができないノートパソコン向け等にわざわざ追加しているだけの計らいで
 テレビで調整する分には
 黒レベル−4程度の差に過ぎない

 (参考

 こんな余計なエンコードをし続けなければならないぐらいなら
 業界全体での規格の方で調整されるべきに思うのだが
 どうにも誰も気が付かずに、わざわざファイル増量を見逃してきたらしい

 平均で15%も増量しちゃうんだから、明らかに、規格に連携が不足していた落ち度である


> で、視覚心理最適化RDO(0.00)のエンコードに対して
> 黒レベル−5に修正した洗逸設定でテレビ再生させてみたところ


 19型において、さらなる画像のインパクトを得ることを確認した


> 業界のエンコードの赤さは、画面の大型化がもたらした副作用
> 業界のエンコードの黒さは、規格検討の連携の不足がもたらした大失敗


 わざわざ15%も増量してるんだから、バカたれとしか言いようがないしでかしである
 (HEVCでも、同じことをやらかしたままなんだろうぜ)

 ‥次世代エンコードでの改善を期待する‥
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:57 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

【色温度】422と420がもたらす不都合を正しく理解しよう

↓7)記稿.2018/10/15

> 444のままにエンコードすることが、必ずしも絶対とは思わないが
> 正しく理解されていないままに、デジタル技術は進んでしまっている


 ‥通常、sRGB(6500K・低)で制作されたアニメの場合
 市場向けに420エンコードされた作品を視聴するにも
 色温度(低)で見るのが当然だと思い込んでいる

 しかし、よくよく考えて見れば

 青成分が減衰した分、色温度を上げてやった方が物理的には都合が良い
 というより、そちらの方がより正しく色が出せるだろう

 しかし、業界はなぜかへそを曲げている様子に思われる
 (アナログ時代からの慣習だろうか?‥それとも、勘違い&思い込みだろうか?)


> 洗逸テレビ設定では、そこの違いを妙実に感じられたことから、ようやく気が付いた


 (BDまたはDVDを視聴するなら、色温度(低−中)で模索すべきが正解だった)


 ソースを再エンコードして確認してみると
 確かに、色温度を一つ上げてやった方が、色みが同じに見える(洗逸設定)

 ‥しかし

 色温度には、面白い性質がある
 部分的に気になる赤さをあえて容認して、色温度を一つ下げてやってもそれなりに同じに見える

 ここをどう考えるかが、映像技術にまつわるジレンマの流れを変えることになる
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:18 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする