2018年10月17日

【エンコードレシピ】洗逸GOP+洗逸テレビ設定

↓2)記稿.2018/10/17

> DDR2の非力ノートで再生させてみたところ(Linux MintのFirefoxでの再生)
> CRF16は、さすがに重いのか「コマ落ち」しまっくってました


 ‥無重力と呼ぶには無理があることが発覚!
 まぁそれでも、見苦しい格子乱れはほぼ皆無の代わりに
 キーフレーム頼みの区切れ復活の再生で、なんとか音切れの無いレベルは保つようです

 それはそれで、ひと味違うわけですが

 ここはスッキリと「洗逸GOP」と銘打っておくことにしました


> 最大QP値(42)が、ベストのようです


 色々とソースを変えて試してみないと分からないことが多すぎです
 ちなみに、FHDをフル再生できる環境にはありませんので
 ‥あくまで「1366x768」テレビでの576pエンコード比較での判断です(あしからず)

 傾向として

 FHDの再生印象と遜色ないのが、576pの特徴たる見た目なので
 FHDサイズで再エンコード出してみても問題無いようには思いますが
 BDの厚み程には感じられないかも知れません(大型画面なんか知らんし)


 ‥ウルトラマン第一話を「洗逸GOP」×「576p」で再エンコードすると
 以前の64●MBより微に増えて同程度の範疇でした(画像部のみ)


 ↓レシピ貼っときます
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 02:10 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする