2019年02月03日

【宇宙な?】人間とは何か?

↓4)記稿.2019/02/03

 宇宙とは、即ち途方もなき意識体である
 その時、宇宙が永遠に無いならば、宇宙の可能性とて、極めて低迷の範囲というオチになる‥

(私たちはそれを信じているだろうか?)

 宇宙が消滅するかどうかは不明だが、私たちの住む宙域が造形物でしかないとしたら
 エネルギーの増減で崩壊する可能性は想定内と言えるだろう

 それにしても、途方もなき造形物である
 それは、例えば‥原子の大きさの比率で、ヒトが太陽系をいくつも創造し得た程だろう


> 人間が「不老不死」を望むなら、まずは、その絶対条件に置かれる「宇宙の永遠」を肯定する必要がある
> 「不老不死」そのものの証明は不能だが、私たちの居る宙域が造形物なら「不老不死」が前提になるだろう


 では、「私たちの宙域は天然だろうか?、それとも被造物だろうか?」

 ‥しかしまずは、ここで考えるべき注意点が生じている‥
 宇宙が意識体で、宇宙が永遠に非ずなら、宇宙は私たちと同じに迷いを抱えた存在と言えるだろう

 ならば、銀河系同士の衝突とはなんだろうか?

 地球にしたとて、いずれは太陽に呑み込まれて崩壊するという
 日本列島にしてもいずれはハワイと衝突などと語られている
 (ハワイの方が先に沈下してしまうかもしれない可能性を問わずに、対岸に位置する島との衝突も無い話だが‥)

 多くの人類は、宇宙や自然を非意識体として見下しているので、ずぼらに思考する癖を持つということだろうか?

 しかし、宇宙や自然を「意識体」として見直すなら、様々に回避しようと試みているはずである

 ‥回避できないとしたら‥敢えて回避しないとしても‥
 我々人類側の思考には、往々にして憶測が含むだろう
 仮に、訪ねてみた返答に「うそ」混じりにしか答えようとしないばかりなら
 宇宙の誠実の程度は知れていることになる‥(人類は信用に値しないということだろう)


 ‥多くの人類は、宇宙がその程度の知性にあることをおそれて、敢えて非意識体と見下すのかも知れない‥

 又、見下して居らずとも、日々日常におけるお付き合いで、いちいち擬人化ながらに向き合うほどではない
 もしくは、都合の良いように全知全能の扱いで、お願い事をねだるばかりだろう


> だが所詮、人類がその程度の意識でしか宇宙を見ようとしないなら、宇宙だろうとその程度にしか見えないままだ
> もとい、その程度にしか向き合わないままだ‥(お茶を濁しただけの科学観では、宇宙の摂理にはほど遠い)


 ‥我々の宙域が造形物と言うことに成ると、そこには創造者が存在することになる
 彼らは明らかに意図を有して、我々の存在する宙域を創造したと言えるだろう

 しかし、勘違いをして貰っても困るが、彼らは全知全能などでは無い
 されど、人類よりは途方もなき叡智を有している

 そして、実験結果や創造結果に対する感想は、人類より途方もなくクールだ

 そこに共通するだろう心理とは、「又やり直せば良し」とした命の都合と言うことになる
 即ち、創造者側には「不老不死」が存在して然るべき前提だ


> では問おう、不老不死として宇宙に漂う意識体の経緯とは‥どんなだろうか?
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:46 | Comment(0) | 宇宙な? | 更新情報をチェックする

【短歌】お眼鏡症候群‥十一射

向宜詠吟.2019/02/03


|国会に目のうろこかなメガネ安倍 これより先はさらに節穴

|腐れ縁 敵対同士ののち友情 売国知らぬは同胞ばかり
|国民は消費の駒か消費税 ファシズム手法の裏返し


|のん気さを保ててこその日本社会 格差にのん気も国民性??


|日経に流せど渇水 安倍は肥え 支持率よりも誤数値自慢
|円安に傲れる勝ち組 自動車業 回しているは火の車

|火が付いてようやく気づく負け戦 防衛手段はよっこら人権

|うまい汁吸いたいだけの支持競争 市場はどこも独占症

|そもそもが公平軽視の体制下 お家で回す内閣ごっこ
|「お気に入り」まずは優先 其は人情 マクロに照らせばただの薄情


|お眼鏡に適ってみたく違憲様 国民不在のどや顔ばかり



> うた詠み終わります、ありがとうございました。




posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:58 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする