2019年02月21日

【詩】我学ぶ、ゆえに我あり

記稿.2019/02/21


「我思う、ゆえに我あり」の「思う」には言葉としての定義が不足している
「思いはどうして湧いてくるのだろうか?」


生きているからだろうか?
通信をキャッチしているからだろうか?

ならば

湧いてくることを以て「命」とは言えない
湧いてくる本体に「命」があるとの判断にもなる

すると「思い」とは、湧いてくる本体と繋がっているというだけになる

私がそこにあるとしたら
それは、「思い」に対して「念い」を発して選択を試みている場合だけ‥と言うことになる


「ならば、命はなぜ『思い』を発するのだろうか?」


少なくとも私たちの念いは、思いの中の欠片に過ぎない
全体の念いの欠片が寄り集まって、大いなる命の思いが構成されているようにも思われる



「それら思いは、本体が先だろうか?、細胞が先だろうか?」


「本体の思いは、細胞の念いを尊重するのだろうか?」
もしそうならば、「思い」=「問い」を与えて、「応答」を求めているのだろうか?
もしそうならば、私たちの祈りとは、大いなる命に「問い」を「願い」として返しているだけと言うことになる

‥お互いに反応だけはし合うのだろう‥

しかし、それだけでは、どこにも「念い」並びに「意志」があったとも言えないのではないのか‥
それで、何が解決するというわけではない

‥もし、本体に答えが無いのなら
私たちの念いにしても、行き詰まれば、機械的にルーティンにしか有り得ないということにもなる
そこには、本体からの問い掛けだけが繰り返される日々があるばかりだろう
それはまた、祈りにしたとて同じことだ



「では、大いなる命としての思いの都合とはなんだろうか?」


‥もとい、このような問いは哲学に非ず宗教だ
哲学として問うならば、「自分自身がどうしたいか?」になるだろう

そうだ

湧いてくる思いにしたとて、自分が何をどうしたいか‥ぐらいがほとんどだ
それの傾向に流行りすたりがあったり、民族差があったり、キチガイが雑ざっていたりしているのだ

「では、なぜお互いの異なりが妨げになるのだろうか?」

それこそが、まさに、大いなる命としての思いの都合という奴だろう
異なりの差が薄きことは、思いの幅も薄きに等しい
(其は、私たちの日常からも想像に難くない)

私たちの思いは、いつしか変化の多様を求めるように成った
(‥どうにも、反感,嫌悪,抗い方向こそに「私」を感じ得るからだ)

それこそが大いなる命としての都合の一つと呼べそうである



「では、どうして私たちは行き詰まるのだろうか?」
足元の地球環境すら台無しにしてまで、どうして失おうとするほどの未熟さを自覚していなかっただろうか?
‥それはどう考えたって、大いなる命としての都合とは思えない


そうだ
念いには未熟がある、失敗がある、脆弱さがある
決して万能などではない

‥ならば「念い」としては、学んで成長することが求められているのだろう
しかしそれとてイタチごっこだ、永遠に終わりそうにない

ならば、狂わずままに生き抜けるのも不自然と云うことか‥
ならば、クリアーにもすっきりと想念の「空」に対して安堵を覚えることもあるのだろう



「では、全体の想念が『空』に至ることはあるだろうか?」


少なくともキチガイになる可能性の高さの方を誰も否定しないだろう
それが今どきの人類の程度だ
ならば、各々の想念には、幅があり、その許容には差があることになる

差のあることがわかっているのに、お互いのわがまま勝手を優先しようなどとは
これほどの戦場主義があるだろうか?

弱肉強食を望んでいるのなら、人類の念いの姿はいつまで経っても獣だろう

それら獣に祈りがあるとは言語道断‥それな獣の願いを叶えるとしたら、それこそ闇に相異なかろうて



「して、汝の念いは、行いは、闇かね?光かね?」


うそつき程でも無い器用な口達者はこう表現するらしい‥「グレーゾーン」だと
しかしまぁそれはそれで、未来に乏しい響きだよ

ならばこそ、「我思う、ゆえに我あり」を「我学ぶ、ゆえに我あり」に、言い換える用有りだろうよ



しかしそれはそれで、AIどもは何を以て「学んでいる」と言えるだろうか?
言葉の綾が、余計にややっこしくなりそうではあるな
少なくてもこう解釈されるだろう「計算と学びと理解は違う世界だと」



posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:01 | Comment(0) | 哲学/一般 | 更新情報をチェックする

【知識】断食と飢餓と回復の差

記稿.2019/02/21

> 断食修行で命を落とす理由は、炭水化物ダイエットに象徴されているわけだが
> それ以外にもインスリンとの絡みがあるそうだ


 ‥極度の飢餓状態の場合(ヒト)
 身体を構成する成分をトコトン削り取って、生存機能を維持するために使われる
 その状態から一気に腹一杯に食べようとすると
 血液成分のバランスを取ろうと、体内では、大量のインスリンを出すことになるそうだ

 すると、インスリンを作り出すために
 どうにか維持されていた生存状態から、さらに身体構成成分を剥ぎ取ることになる

 ようやく口に入ったと思ったら、一気に飢餓エンドを駆け抜ける結果になると言う


> マンガ「刃牙シリーズ」において
> 飢餓状態から一気に食事をしまくった上に、バケツ一杯分の砂糖水を飲みほす場面があるが
> あれを凡人がやらかすと、食べてる最中に死に至るのが医学的見解ということです


 そもそもコカコーラがもっとも即効性のあるエネルギーであるかのような紹介をやらかしているのが
 刃牙シリーズですが、すべて間違っているというか特定とした条件が絡む内容です

 激しい運動の中途においての密度の高い糖分摂取は、運動の間に消化吸収されるので構わないと思いますが
 運動後に密度の高い糖分の摂取は、個人差はあるにせよ、ただただ血管へのリスクだと思います
 とくに砂糖とか人工甘味料とか清酒なんてえのは、基本、血管的に害以外のなにものでもありません

 どうにも甘さを欲して摂取するなら「果物」と言うことになると思います


 ‥その点、現代には
 野菜ジュースというものがあるので
 そのようなまずは、液体からの適度なミネラル等の摂取からスムーズに行えるわけです

 ‥つまり、昔ながらのやり方のままの断食修行にしても
 間間にトマトジュースなどを食すことで死亡リスクを減らせるように思われます
 死に急ぐだけの完全断食(修行)に何らメリットは無いでしょう


> このような検知から、被災して食料が無い状態に置いて
> もっとも最後に残しておくべきはトマトジュースということになると思います




posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:03 | Comment(0) | 日記/2019 | 更新情報をチェックする