2019年08月25日

【勝手句帳】r014(01-8-23)静岡新聞掲載分から


↓ 11)1 向宜詠吟.2019/08/25


寝袋に潜る無音の星月夜  *星月夜(ほしづくよ)
静岡市・虎渓俳壇(8-23)

|寝袋をつつく無音の星月夜 包まれてゆくまたと無き時


 ‥ネタの句では上五「寝袋に潜る」が引っかかり
(星も十分見ましたよそろそろ寝ようかな、ああ良かったなぁ)の解釈は免れません

 ‥そもそも「寝袋に潜る」では
 是から入るアクションとも、頭ごとすっぽりと潜るアクションとも扱えます
 厳密には、「に」と盛ってあるので前者に思われますが
 星月夜を眺めているとして引っ張るには、どうしたってインパクトに欠いてしまいます


 ‥寝袋には入ったものの興奮冷めやらずもっと見ていたい
 結局、寝袋から秋の星空を見上げたまま、気が付けば寝入っていたなあ


↓ 11)2


|星月夜今光年の果てに佇つ  *佇つ(たつ)
静岡市・虎渓俳壇(8-23)

|夏銀河今光年の果てに佇つ 歩き出したる荒野のロード


 ‥ふふふ、やはり今夜は睨んだ通りのおあつらえ向きの天の川が広がってやがる
 夏だからこそ、夜通し歩き通しの星見もできるというものだ
 その舞台として、ここ荒野をつらぬく一本道を選んだのだ

(なんでも噂では、ここらは、夏の天の川を見上げるのに平行に沿った角度らしいからな)

 ‥さぁ行くか

 ※ そのような荒野やら一本道なるものがあるかどうかは存じません。


|星堕つ夜 ただ光年の果てに佇つ 見とれるままに今消ゆる町


 ‥さて問題です
 これは所謂、新海誠の「君の名は。」の冒頭の詠みとした趣になりますが
 なるほど短歌印象にするとこんな感じになるようですが
 この詠み手の立ち位置はどこでしょう?

一,無責任にも流れ星に恋の成就なんざお願いしちゃってる安全圏の人
二,今まさに堕ちてゆく方向にある町を知る流れ星の傍観者
三,消えゆく町の人の無念


 答え:二
 ちなみに、三にするなら「町」が「日々」になります
 一はまったく別の世界です


 それにしてもそれを見てたのは何歳の頃なのか?
 時間経過が曖昧なのはどうしてか?
 現場はニュースにならなかったのか?
 構成そのものに納得できん
 どうしてその町は忘れられているかのように「謎」になるんだよ!


 脚本は新海だけでなく川村元気をはじめとする東宝のチームとの協同‥wikiより抜粋


 ‥政府が隠蔽するにしたって無理すぎるだろう
 ‥まるで政府の隠蔽体質を肯定しているかのような印象は免れない、どうして肯定されてんだよ
 あれで暗に批判を絡めているつもりなんすかね?

 ‥ラーメン屋のオヤジが、あのスケッチを見て泣き出したっていいんだぜ
 ‥どう考えたって、歴史的大惨事なんだぜ、日本人の感覚じゃねぇじゃん!

 (輪郭がまるで見えてこねぇ構成だz)
 (物理学的にも、隕石の大きさはあの表現であっているのかよ?)
 (それの大きさ次第では、阿蘇なら誘発地震だって想定内のはず)
 (封鎖するにしたって放射能云々を理由にしては、隠蔽できるわけがねぇ)

 ‥政治的素養やら科学的知見やらがDQNのレベル、作中の民度低すぎるだろう
 (昭和アニメのわる乗り観すぎる)


 ‥いいですか、311をネタに、ラブコメをやらかさないのが日本人の感性でーす
 どうしてもの部分はあったのか?‥そこが問題だ‥


本作の着想は、新海が東日本大震災発生後の2011年7月に宮城県名取市閖上へ訪れたことで得た。「ここは自分の町だったかもしれない。もしも自分が閖上の住人だったなら」という、立場が入れ替わる映画を作ろうと思ったという。‥wikiより抜粋


 ‥んじゃ‥じっくり鑑賞してみるとするかな
 (糞入れ替わり話に免疫が‥さらに、脇にタバコ吸う女なんざ描くなよ100%萎える)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:17 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする