2019年11月10日

【エンコード日記】アニメと実写の差がまたしても‥OTL

記稿.2019/11/10

> テレビUSB挿しにおいて、実写の方では処理が重くなる
> 黄岐黄嶺(二度揚げ)だとギリギリで再生こそすれ一時停止しつつ動く感じだ
> (しかも音声再生される余裕も無い‥つまりテレビ放送より容量が大きいのだ‥)


 (無論、パソコン上では問題ない)
 (無論、パソコン上では問題ない)
 (無論、パソコン上では問題ない)

 ‥これより判断できる要素は
 業界は当然実写に合わせて規格を立てている(まぁ当然)
 だから、そちらに沿わせるだけでは、アニメの質は怪しいままとした予想が立つ

 アニメと実写は根本的に何かが違っているのに、実写に沿わせざるを得ないのが現状だ


 ‥考え方としては
 アニメの情報量の方が圧倒的に単調化されているので
 少なめのビットレートでは、特定量以下では極端に質が落ちるということだろう
 実写はその点、嫌になるほど光に詰め込まれてあるので
 そこは、どこまで言っても光学的な計算通りに適うと言うことだろう

 ‥それの見た目がまずかろうとも、データ的正確さこそ正義の世界がそれだ
 だが、アニメはそうではなく、特定域だけに色の器が偏っていることが予想される
 だから数値的な均一性で間引くだけでは上手く行かない事になる

 アニメの特定域の色の器を確実に捉えるには、特定量のビットレートを必要とする

 不思議と、低いレベル(3.2以下)での色落ち色剥がれを見せるのはアニメの方だ
 実写においてのそれは、ピントがボケるとした形を想定内にやらかしているが
 アニメの方ではそれだけではうまく行かずに、色剥がれする形を垣間見せるのだ
 (つまり、キーフレームのレベルでビットレート不足ということだ)


 ‥時に、実写でもデジタルの初期の頃には、目玉の瞳が欠けてるような映像も見られたが
 比率で言っても、その手の色剥がれは、アニメの方が多かったはずだ

(ピントがぼやけているのでそのままではわからずとも、黄岐黄嶺で補正すると白日に晒される)
(一方、実写では恐ろしいほどに情報を保管していたかのように引き延ばしても違和感は想定内)


> ‥このアニメと実写のビットレート域の要求の差において
> ゼロ寄りにCRFをあてがえるアニメの方が、JPGノイズに悩まされずに済むのは因果だろう


 アニメにおけるデジタルとアナログの差は、実写同様に光を移し込んでいるか否かの差だ
 デジタルアニメでは、単純に、格子の中の色の凸凹に奥行きを想定する必要が無い
 背景をアナログ描きでのそれをスキャンでもしない限り、実写と同じ光でも平坦な情報しかない

 その単調なはずの情報が、なぜか低いビットレートでは上手く行かないのだ


> この問題は、光を基準に動きサーチを作っていることに起因するように思われる


 アナログアニメの場合、それは、絵の具の溜りだったりするわけだから
 光の一定調子の推移とは似ても似つかない動きを見せている
 且つ同時に光の一定調子の推移を併せ持つのだ(フィルム撮影)

‥だから、サーチに溜り斑を見せることにもなる(結果、徹底的にサーチせざるを得ない)‥

 そこを、光と同様の扱いでスムージングしては
 必要なはずのブロックが不要と判断されて、残念な結果になるのだろう
 それこそが
 徹底的なサーチ×特定域のビットレート量を必要とする内訳に思われる


 ‥その点デジタルアニメは、アナログのそれと比べて
 基本的な情報量が単調だから、必要とされる色の器たる領域外での圧縮率が高くなる
 (ただし、解像度が変わることで、色の器の在り方も随分と変わるクサさに変わりがない)


> アニメにおいてそこは、デジタルアナログ共に
> 必要以上にビットレートを多く宛がってもダメになる
> 基本的に、動きとしての色の凸凹が単調ゆえに潰れてしまうのだ


 ‥ところが実写はそれほどでもない傾向だ
 (その代わり)
 ‥徹底的に動きサーチをやらかして、ビットレートを盛れば盛るほど
 スキャナーの超拡大高精細な光のつぶつぶに分解されたような雰囲気を醸し始めるのだ
 デジタル実写における黄岐黄嶺(二度揚げ)では、まさにそこの見やすさとの境目にあたるらしい

 ‥CG合成されるとまた違ってくるだろうにせよ
 ビットレートを減らして行けば、嫌でもJPGノイズとの葛藤だっ
 そこで解像度を増やして対応せざるを得ないのが実写での流れだったように思われる



posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:39 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

【エンコード日記】DVDをハーフHDサイズに黄嶺に変換するための秘儀

記稿.2019/11/09

> DVD(720x480)を(720x540)や(960x540)に黄嶺に変換する為のアイデアとは‥
> LEVEL6.2(2880x2160)に変換してから、縮小するのが一番に誤差が小さいことを発見


 一番に肝心なことは格子のサイズが
 (4x4)(8x8)(16x16)に置かれているので
 拡大&縮小しても、できるだけ割り切れるようにしないと
 ものすげー複雑な小数点計算が、風船のように膨らんじまって
 失敗エンコードに堕ちるということらしい

 ‥それはもう、ネットをちょこちょこっと閲覧しているだけでもアウトっす‥

 そこに気が付いていないと、SSDが欲しいとか思い始めるっぽ


 ‥割り切れるといういだけで、計算が段違いで楽になる
 だから、拡大&縮小で、できる限り割り切れる値を狙ってやるのが大事

 4×4.5=18
 18÷3=6

 8×4.5=36
 36÷3=12

 16×4.5=72
 72÷3=24

 ‥これで縦のラインはばっちり黄嶺に整えられる(つまり8:9の美学)
 横のラインはさすがに割りきれないが、単純に拡大する時の比率と変わらない程度ならOK

 960÷720=1.33333...
 1980÷720=2.66666...

 4x4=16
 16÷3=5.33333...

 8×4=32
 32÷3=10.33333...

 16×4=64
 64÷3=21.33333...


> ‥ここでひとつの考えが浮かぶ
> それは(720x2160)(1440x2160)(960x2160)(1920x2160)とした
> 横の倍率を端折って計算を楽にしても同じなのでは?


 ‥やってみると、すべて異なった出力だった

 やはり、(4×4.5)が、適切な範囲らしい


 こうなると
 M.E アルゴリズム(Exhaustive Search)をさらに上げて
 (SATD Exhaustive)で試してみておかないのは、人生の不覚だろう

 ‥ということでやってみたところ、出力される容量が違っていた
 視聴確認においても、いくつかの箇所に改善された点を見出せたりする
 拡大で見ても、全体的にノイズが確実に微に減る傾向のようだ
 (プラシーボって話とちげぇじゃねぇか)


> ついに来ちまったz、マックス設定
> で、それを惜しげもなくハーフHDサイズ用にやらかすと‥(ふふふ)
> (所詮DVDの質想定なんすけどね、リマスターの手作業調整には敵いません)


 ‥で、糞リップにも応用してみたら補正可能だった
 ‥昔に流行ってた、(640x480)のWMV辺りの、超がっかりな映像が
 それなりにイケてんじゃん映像に様変わりしちゃうんでーす(ソースにもよると思いますけどね)


 (640x480)→ LEVEL6.2(2880x2160) → LEVEL4.1(720x540)って事っす


 ‥FHDなリップなのに何かと不満足な奴なら、4倍にしてから16分の1にすればいい
 (どこまで補正させるかは、ソースによりますけどね)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 01:34 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする

2019年11月07日

【勝手句帳】r044(01-11-5)静岡新聞掲載分から


↓ 11)1 向宜詠吟.2019/11/07

海亀の子の放流は月の夜
浜松市・えぼしやま俳句会(11-5)

|海亀の子を放流や月の道 途中で果ててもそれはそれ
|競争に子を放流や闇の月 途中で果ててもそれはそれ
|うさぎと亀や「身の丈で頑張って」格差の世にて喩えにならず
|英語試験 裏に利権のニオイせり 選ばれており「仕込み瀬戸際」


> 萩生田(はぎうだ)文科相、国会で「身の丈」発言
> 「身の丈」発言と謝罪


記事抜粋:シンプルに言えば、費用の異なる民間英語試験を2回まで受けることが可能という制度設計や、試験会場が満遍なく準備されていない状況が「不公平」を生むという指摘です。経済的に恵まれていない家庭では試験の受けられる回数も減るだろうし、試験会場から遠方の地域に住む受験生は試験を受けづらいというわけです(交通費の負担も大きくなります)。

大臣はこう反論しました。

「そういう議論もね、正直あります。ありますけれど、じゃあそれ言ったら、『あいつ予備校通っててずるいよな』というのと同じだと思うんですよね。だから、裕福な家庭の子が回数受けて、ウォーミングアップができるみたいなことは、もしかしたらあるかもしれないけれど、そこは、自分の、あの、私は身の丈に合わせて、2回をきちんと選んで、勝負してがんばってもらえば」


> 「身の丈」発言を機に「学生の貧困」に視線を
> 問題だらけの共通テスト〜英語民間試験の延期だけでは終わらない


 ‥「うさぎと亀」の話の前提は、どちらも健康体であること
 この事実を切り離して、頑張って試験を受けてくださいは無理ッ
 それが諸々の格差として立ちはだかるのが「カネ問題」
 そのカネが無作為に出て行きかねないという所に、利権を感じざるを得ない


> つまり、国は経費を浮かせて民間に丸投げすることで、結果、増税したのと同じっすから


 なにがフェアーなお受験バトルだよ、なにが身の丈で頑張れだよ
 で、浮いた経費をどこにぶっこむ気だったんだ?

 などなど、ツッコミどころ満載感だって事案が、「身の丈」発言の裏側(へぇ〜)


 ‥公務員は給料がしっかりしてんだから、民間に丸投げして楽しようとしてんじゃねぇよ
 この際だから、国は受験料ぐらい全額負担しろッ
 複数回受験可能云々なら、一回分(特定受験日)だけは、国が持つとした制度もありきだろう
 ついでだから、受験者用限定日全国フリーパス制度を作るべし

 (ただし、どっちも受験日サボったら罰金若しくは留年とかな)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:19 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

【エンコードレシピ】黄岐黄嶺(遅れてきたハーフHDサイズの件)

↓11)記稿.2019/11/07

*黄岐黄嶺(おうぎきれい)‥迷った末に辿り着いた絶景。奥義綺麗の掛け合わせ。


|「いざ行かば」この世の秋の黄岐ぶり 夢みし黄嶺をたずね撮る


 ‥ああ、秋である
 秋になると出かけたくなるものだが、その選択肢の多いこと広いこと
 行ってみた先でさえ、広いこと多いこと
 愉しみに来たはずなのに、まるで迷子に来たみたいでわからなくなる

 それもまた、秋だからなのだろうなあ

 だからだろう、今こうして、自分好みの綺麗な秋どころの山並みを目の前にすれば
 写真の一枚や二枚撮るのだろう(今撮ってるし)


> ハーフHDサイズとは、「720x540」と「960x540」のサイズを指す
> ちょうど、FHDサイズ「1440x1080」と「1920x1080」の四分の1である


 ‥でもなぜか人気が無い、それもそのはず

 想定内で色と動きを綺麗に再現させるのが難しかったからだ
 想定内で色と動きを綺麗に再現させるのが難しかったからだ
 想定内で色と動きを綺麗に再現させるのが難しかったからだ

 テレビ家電業界という奴はジレンマの塊で
 テレビをそれ程に見て来なかったガリ勉くんタイプがテレビ開発に携わることになる

 アニメや特撮馬鹿にも、当時の映像を見まくっていた奴が機器開発に回ることはほとんど無い

 だから、最終調整が疎かになる
 その上、投資はバリバリの大型画面ばかりだろうから、小さい画面の調整なんてやっつけにもなる
(ガリ勉くんタイプにしてみれば、左遷に近い不名誉な役まわりだろうから‥誰もやろうとはしない)


 ‥ということで、嫉妬するなかれ(データの正確無比と見映えの是非とのツボの差に)‥
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:52 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする

2019年11月06日

【エンコード日記】HEVCとAVCにおけるGOPの差

↓2)改稿.2019/11/06...20191105...

> まず先に結果からざっくりと申し上げます


 ‥以前のマシンスペックでは踏み込めずにいたサーチ距離について変更になりました

 キーフレーム間隔:60(実写),80(アニメ)
 先読み:60(実写),80(アニメ)
 Syne Lockahead:60(実写),80(アニメ)
 シーン変更感度:67(実写),89(アニメ)

 ↓

 キーフレーム間隔:...120...画像が荒れるようなので見直し中
 先読み:...120...画像が荒れるようなので見直し中
 Syne Lockahead:...120...画像が荒れるようなので見直し中
 シーン変更感度:89

 (今更の所、実に申し訳ない‥m(_ _)m‥すまん)

 ‥見直し中になりました(度々‥m(_ _)m‥すまん)‥

 ↓

 フレームレート:23.976 / 29.97
 キーフレーム間隔:72 / 90(フレームレートに対して3秒値)
 先読み:72 / 90(フレームレートに対して3秒値)
 Syne Lockahead:72 / 90(フレームレートに対して3秒値)
 シーン変更感度:89

 フレームレートに対して3秒値に、一本化され変更となりました \(^o^)/


> では、うんちくに入ります
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:24 | Comment(0) | HEVCと洗逸と受難 | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

【勝手句帳】r043(01-11-1,2)其の2静岡新聞掲載分から


↓ 12)1 向宜詠吟.2019/11/04

|若者は老いの経験まだなくも老いたる我に生きる道説く
裾野市・鈴木図書館短歌会(11-2)

|老い先の短くなれば諦めて 道のり長けりゃ諦めて
|そもそもにダメを押したる積み重ね ふさぎ込みたる一日の長
|為せば成る為さねばならぬ秋の暮 手を取り合わずして打開得ず
|リーダーの資質こそは繋げ役 まずは貴方と次に未来と

↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:14 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

【勝手句帳】r042(01-11-1,2)其の1静岡新聞掲載分から


↓ 13)1 向宜詠吟.2019/11/03

もみぢする柿の葉ひとつひと模様
三島市・炎環三島富士句会(11-1)

|柿紅葉たわいなけれひと模様 なぜにお前は季語になりえしか?
|柿誉めて親も誉めよう柿紅葉 冬入り前の命の支え
|紅葉などまだまだ若き盛りざれ 飯に盛るにも脇役飾り
|移ろいの楓ぐらいで佇まる はかなさ誘う風に酔うには



↓ 13)2


|若かりし父の思い出ほろ苦く画面をよぎる彼岸花見つ
浜松市・アカシヤ短歌会(11-2)

 ‥ネタの首の「画面をよぎる」
 スマホで撮影って事なのか?(テレビの映像ならもっと萎えるぞ)

(せっかくの上の句の情景と下の句の季節感とを一体にすべきが、ぶち壊しだろうがwww)


|若かりし父の思い出ほろ苦くシャッター音と彼岸花


 ‥そういえば、「たまゆら」なんてアニメがあったなあ(あげな雰囲気かなと)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:26 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

【エンコード日記】DVD可変フレームレート&24駒化の件

↓2)記稿.2019/11/02

> お約束のDVD「はじめ人間ギャートルズ」の攻略である


 ‥レベル5.1(規格)の最大フレームレートは60である
 59と60の差というのもやってみたが(レベル3.2の120というのもやってみたが)
 一番に無難に思われるのが
 一度揚げで1440x960 60フレームレート(インターレース解除)
 二度揚げで720x480 24フレームレート(プログレッシブ)
 これでパーンのカクカクがなくなり、DVDと同じくスムーズになる

 また、DVD「はじめ人間ギャートルズ」は解除済みのインターレースに思われ
 その若干に見られるインターレース解除の残しらしきもほぼ消え去っている


 ‥24駒化Bフレーム(2)による圧縮比には納得感があった
 01の巻:動画部753MB、フル835MB(音声コピー)、ソース1.00GB(フル)

 ちなみに、Bフレーム(0)フル976MB、Bフレーム(1)フル910MBだった
(3駒撮りなので、Bフレーム(1)より(2)の方が効率が良い‥想定の効果が得られている)
 ‥すべてCRF(13.5)
 B(0)4910Kbps、B(1)4545Kbps、B(2)4134Kbps
 ちなみに、DVD側は、MPEG2(5097Kbps-MAX9800Kbps)


 ‥ただし、これの再エンコードは、きっちり24フレームなので、NTSC規格から外れる

 ‥テレビUSB挿しで確認したところ
 Bフレーム(2)でもサーチの快適性にそれほどに差は見られない
 (サーチ(最遅)だと、さすがに差は感じるが、他は許容内だろう)
 ‥画質は、四倍に拡大してから等倍に圧縮すると、なぜか自然にノイズが減るので
 むしろBフレーム(0)は、3駒撮りには良すぎる感がある、(2)で十分に思われる


> で、DVD「まんが日本昔ばなし」の24駒化の場合


 ‥こちらは
 一度揚げで1440x960 29.97フレームレート(インターレース解除)
 二度揚げで720x480 23.976フレームレート(プログレッシブ)
 多少パーンのカクカクとした動きが残ったかと思いきや
 ソースの段階で、すでに多少カクカクしているようにも見える
 (判断がつきにくいので複数確認してみないとなんとも言いようが無い)

 こちらも、Bフレーム(2)で納得感のある圧縮比を見せた
 桃太郎:動画部349MB、フル364MB(音声コピー)、ソース601MB(フル)
 ‥述べることなくCRF(13.5)である

> 細かいことを言うと

 ‥DVD「まんが日本昔ばなし」は、未解除のインターレースであり
 且つ、規格通りの29.97フレームレートである

 一方、DVD「はじめ人間ギャートルズ」は、解除済みインターレース&可変フレームレートだ
 色々とこだわった作りにあるのか、そこの差がはっきりと24駒化に出る


 ‥強引に、再度機械的に24駒へと間引きにて仕上げるので
 プルダウン処理(24駒→30駒変換)時に増幅構成された合成駒が、選択されて残るのは
 DVD「まんが日本昔ばなし」の方だ
 DVD「はじめ人間ギャートルズ」にはそれが見当たらない
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:08 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする

【勝手句帳】r041(01-10-29)其の3静岡新聞掲載分から


↓ 11)1 向宜詠吟.2019/11/02

大仏も歩き出したい炎天下
三島市つつじヶ丘(10-29)

|大臣も歩み寄りたい治水事案 利権サヤ無くて先送り


 ‥治水事業は利権から遠いらしい
 土手からは入場料を取れないし、誰かに権利を転売することも出来ないからと言うことらしい

 ‥なに言ってんのッ、肥沃な土が川に埋まってるでしょうが
 「掘るべし」、土を起こして売れば好い
 そうでもしないと、今や95〜105%洪水でーす

 ‥多少面倒くさかったら、海に投げとけ(魚が増えるようなら買ってもらえや)
 どこに投げるかがポイントになるだろうけどね
 ノウハウが蓄積されると世界的に強みを得る(まぁそういう話)


↓ 11)2


月光浴び爪といでゐる小猫かな
富士宮市外神東町(10-29)

|月を浴び爪研いでいるケンシロウ 秘孔を突くのに1ミリ2ミリ


「なんだよケン、また爪研いでんのかよ」
「おかしいかバット、経絡秘孔を素早く突くにも日々の爪の手入れが必要なんだ」
「ぷっ、あははははははははは」
「‥‥‥‥」
「じゃあのラオウもやってるのかよそれ、あははは、超笑えるぜ、さすが暗殺拳なんだあ」
「‥‥‥‥ふっ。」
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:16 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

【勝手句帳】r040(01-10-29)其の2静岡新聞掲載分から


↓ 9)1 向宜詠吟.2019/11/01

|神さびの杉間に透けるの滝
沼津市・裸子駿河句会(10-29)

 ‥ネタの句の着目は、一見良さげだが

 「神さび」と名詞形にするよりは、動詞形で用いた方が躍動感を引き延ばせる
 「杉間」は「杉の間」に通じてしまい、部屋号みたいだ
 「秋」とするよりは、「夏」に置き換えて詠むべきである

 ‥読み手に秋のいつ頃かを想像させるよりは
 夏の暑さあってこそ、滝に近づきたくなるのが心理だろう
 木々の間から滝の音が聞こえてくるにしても
 そこに陰影のトーンの艶があるべきに思えば、「夏」で詠まざるは荒削りと言わざるを得ない


|神さぶる森に透けくる滝の轟 闇を抜ければ不動の窪み


https://www.city.kita.tokyo.jp/hakubutsukan/ukiyoe/fudounotaki.html

*神さぶ‥@神々(こうごう)しくなる。荘厳に見える。

 ‥聞こえてくる
 トトロの森のような鬱蒼を抜けたら、そこは神々しいほどの滝壺の前だった
 あまりの素晴らしさに立ち尽くすばかりだなあ


|神さぶる白樺カラマツ黄の山路 広がる秋に踏み入り清みぬ


*清む(すむ)‥澄む。

 ‥やって来ました晴れ渡る秋の浅間連峰
 白樺やらカラマツの黄葉たる山路を歩き出すと、身も心もすっかり清み渡る神の領域みたいだなあ


> 以前に信州路、信濃路、奥信濃の区別を綴ってみたのだが、ググり直したら
> ほとんど一緒の方位だった‥OTL
> 「奥」だけ多少地域差があって特定区をさすらしい
> あと信州路はどちらかというと上田より北部方向を指すようでもある
> ということは、浅間連峰周辺の道には古くからの呼び名が無い
> 修験道の管轄だったせいもあると思うが、そもそもの人口が少なかったせいもあるのだろう
> 名もなき細道にわざわざ名を付けるまでの好奇心は、江戸時代には無かったらしい
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:27 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする