2019年11月09日

【エンコード日記】DVDをハーフHDサイズに黄嶺に変換するための秘儀

記稿.2019/11/09

> DVD(720x480)を(720x540)や(960x540)に黄嶺に変換する為のアイデアとは‥
> LEVEL6.2(2880x2160)に変換してから、縮小するのが一番に誤差が小さいことを発見


 一番に肝心なことは格子のサイズが
 (4x4)(8x8)(16x16)に置かれているので
 拡大&縮小しても、できるだけ割り切れるようにしないと
 ものすげー複雑な小数点計算が、風船のように膨らんじまって
 失敗エンコードに堕ちるということらしい

 ‥それはもう、ネットをちょこちょこっと閲覧しているだけでもアウトっす‥

 そこに気が付いていないと、SSDが欲しいとか思い始めるっぽ


 ‥割り切れるといういだけで、計算が段違いで楽になる
 だから、拡大&縮小で、できる限り割り切れる値を狙ってやるのが大事

 4×4.5=18
 18÷3=6

 8×4.5=36
 36÷3=12

 16×4.5=72
 72÷3=24

 ‥これで縦のラインはばっちり黄嶺に整えられる(つまり8:9の美学)
 横のラインはさすがに割りきれないが、単純に拡大する時の比率と変わらない程度ならOK

 960÷720=1.33333...
 1980÷720=2.66666...

 4x4=16
 16÷3=5.33333...

 8×4=32
 32÷3=10.33333...

 16×4=64
 64÷3=21.33333...


> ‥ここでひとつの考えが浮かぶ
> それは(720x2160)(1440x2160)(960x2160)(1920x2160)とした
> 横の倍率を端折って計算を楽にしても同じなのでは?


 ‥やってみると、すべて異なった出力だった

 やはり、(4×4.5)が、適切な範囲らしい


 こうなると
 M.E アルゴリズム(Exhaustive Search)をさらに上げて
 (SATD Exhaustive)で試してみておかないのは、人生の不覚だろう

 ‥ということでやってみたところ、出力される容量が違っていた
 視聴確認においても、いくつかの箇所に改善された点を見出せたりする
 拡大で見ても、全体的にノイズが確実に微に減る傾向のようだ
 (プラシーボって話とちげぇじゃねぇか)


> ついに来ちまったz、マックス設定
> で、それを惜しげもなくハーフHDサイズ用にやらかすと‥(ふふふ)
> (所詮DVDの質想定なんすけどね、リマスターの手作業調整には敵いません)


 ‥で、糞リップにも応用してみたら補正可能だった
 ‥昔に流行ってた、(640x480)のWMV辺りの、超がっかりな映像が
 それなりにイケてんじゃん映像に様変わりしちゃうんでーす(ソースにもよると思いますけどね)


 (640x480)→ LEVEL6.2(2880x2160) → LEVEL4.1(720x540)って事っす


 ‥FHDなリップなのに何かと不満足な奴なら、4倍にしてから16分の1にすればいい
 (どこまで補正させるかは、ソースによりますけどね)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 01:34 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする