2019年11月11日

【勝手句帳】r045(01-11-8)其の1静岡新聞掲載分から


↓ 11)1 向宜詠吟.2019/11/11

|人生に節目幾度竹の春
富士市・かりがね句会(11-8) *竹の春‥秋の季語。/竹の秋‥春の季語。(タケノコ基準)

|人生の嵐を超えて竹の春 なのに青とはのびしろ高し


 ‥人生とは嵐だ、生きるとは嵐だ
 耐え抜いてこそ立派に育つ青い竹として人生の春を見ることも叶おう

 しかしどうか

 人は勝ち得た春にうぬぼれて、性根の腐る者が後を絶たない
 だが、竹はそうじゃない
 まだまだ伸びる上での伸びしろを見せるのだ、その証拠に「青い」

 ‥青いままでも良いんだよ、ちみ‥(青いままこそ秘訣なんだろうよ)


↓ 11)2


水澄んで老いゆくことをためらわず
富士市・かりがね句会(11-8)

|秋のバス老いの足音ためらわず「行ってしもうた」泣く泣くの徒歩
|小鳥来る老いの暮らしにためらわず 増税・アポ電・特殊詐欺

|木枯しも老いゆく日々もためらわず 銀杏の影の濃く立ちにけり


 ‥銀杏の樹には貫禄がある
 それもそうだろう、秋に身に付けた実を落とすどころか
 すべて持ってけとばかりに、冬を前にして、丸裸になることを好むのだ

 そして堂々とした風情を見せつけてくる

 ‥これは一体何なのか?‥

 まさに、人の弱きを諭してあるような身姿だよなあ
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:40 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

【エンコード日記】とりあえず解決(アニメと実写の差がまたしても)

記稿.2019/11/11

> ‥その再エンコード実写を、もしやと思って
> 音声を削ってテレビUSB挿ししてみたところ、トラブル無く無事に再生されました
>(原因は、互換性を得ていない音声だった‥mp4a-6Bの44.1KHzは無理っぽ‥)


 Bitrate Viewerで確認しても、アニメと大して差の無い範囲だったので
 実写も、CRF(13)で問題なさそうです

 でも、しっかりと動いているのをテレビUSB挿しで見ていると
 画質的にはHDサイズの方が良さげに思いました

 (NTSCサイズとは違って、補正の利による作用は無いっぽ‥残念‥悩ましい‥)
 (それでもアニメでは改善されたように気にならないのだが‥お肌な実写では物足りんらしい‥)

 とはいえ、(960x540)の25分程度で1GBにならない程度っすから
 HDサイズなら1.5GBにならない程度に思われます
 FHDなら2GB超えるか超えないかぐらいっすかね


 (やはり、実写の場合のCRF値にはまだまだ課題がありそうです)


 ‥まだまだの怪しい他の要素としては
 三時間ものフィルム映画のDVD二百三高地(プログレッシブ)において
 冒頭の処刑のシーンで、突如不通になっちまう現象がテレビUSB挿しで起きちまうので
 実写についてはまだまだ調査中です(先送りサーチから不通‥なぜ?)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:51 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする