2019年11月15日

【エンコード日記】DVDを黄岐黄嶺にてHD化する上での新たな謎と解

↓2)記稿.2019/11/15

> DVDをHDサイズにして出そうとすると、これがなかなか不可解なことになる
> 先に解を述べてしまうと、一度揚げ時の縦横比が想定外だった


 ‥一度揚げ時拡張サイズ(4320×1440)
 ‥二度揚げ時CRF(14.0)&(SATD Exhaustive)

 なぜかHD化においては、縦横等倍率では圧倒的に横方向の情報が足りなくなるらしい
 横の倍率を大幅に上げてやらないと、輪郭がぼんやりしたままで失敗する

 そもそもの16:9をDVDサイズに収めるにせよ
 フィルムの情報量は6k分有ると言われる辻褄にもあわないと云うことらしい

 でもなぜか(2880×2160)の方は
 お肌な映像用としてFHDサイズ出しに向いているらしい(二度揚げ時CRF(15.0))

 しかしながら(2880×2160)の方では
 エンコード中のエラーが気になってしょうがない
 再エンコードするなら完全放置状態でやった方が好い

 その点、縦の解像度を減らした(4320×1440)では
 エラー発生率が通常程度にあるようだ、軽めのネットアクセス程度をしながらでも問題ない

(無論、それぞれCPUなどシステム構成での差はでるだろう)


> 一番にショックだったのが、解像度を上げた方が
> 輪郭につきまとうノイズがサクッと消えてしまうことだった‥orz


 では細かいところの差のうんちくを述べておきます
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 02:02 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする