2019年11月21日

【エンコード日記】「Hi10様」と呼ばせていただきます(DVD揚げ極まったかも)

記稿.2019/11/21

> ‥黄岐黄嶺(SATD Exhaustive)にて

> 一度揚げ:Level(5.2)、10bit444、CRF(16.4)、bフレーム(2)、サイズ:FHD
> 一度揚げ:Level(5.2)、8bit444、CRF(16.4)、bフレーム(2)、サイズ:FHD

> 二度揚げ:Level(4.2)、8bit420、CRF(14.0)、bフレーム(2)、サイズ:HD
> 二度揚げ:Level(4.1)、8bit420、CRF(12.9)、bフレーム(2)、サイズ:ハーフHD


 ※ 8ビットと10ビットでの差を現在調査中です(あしからず)


 ‥アニメでの調整値を実写でやってみたところうまく行かず
 なんだかんだで「Hi10様」にご登場願うことになった

 手始めにCRF(16.5)を試してみたところ
 HDサイズよりハーフHDサイズのインパクトの方が良く見える(??)

 ブツブツとCRF(16.2)から確認していき、CRF(16.4)を得た

 ‥アニメでの調整値の時と同様に、HDサイズでのインパクトが回復した
 しかしここで終われない
 ハーフHDサイズのCRF値を疑わざるにはいられないのだ
 状況から見て、(±0.1)の程度での調整だろう
 上げるとBフレームの品質が落ちるので下げるしかない(結果は見事に果たされた)


 ‥実写だとそれなりに解像度の差を汲み取れますが
 アニメになると、もはや言われないと気にならない(輪郭の太さの差に気が付けば別)
 一次揚げの容量次第では、どのサイズを推すかは分かれるでしょう
 普通に‥変化に激しくキーフレームだらけになると途端に増量します
 なので、オープニングでIフレーム入りまくりタイトルでは悩ましくなりまーす


> 「Hi10様」の威力すげー(微に明るくなったような‥)


 ‥この微に明るくなった内訳が、どうにも動きと遠近の補正を兼ねているらしく
 8ビットの方がソースの発色に近いと言えば近いのですが
 10ビットの発色がそんなに異なるのかというと
 HEVCに見られるスムージング感が見られる程度で、気になるかならないかは個人差の範囲です
 むしろ実写においては、問答無用で10ビットで十分に思われるでしょう

 ただし、二度揚げの過程でどのように差を経るのかはまだ調査中です
 (そこまでやるのか、ものすげー手間ッ‥想定外だ‥)


> ‥「Hi10様」は美化の為にご活躍いただくべきであって
> 圧縮などというおこがましい役まわりだけのお仕事に押し込めて終わらせては為りません


 ‥というのが当方の方針なので
 10ビットで10数%削れたとしても、詰め込んで美麗になるなら詰め込むっす
 なので、10ビット=縮小するなんて考えは、捨てていただきたい

 一方で、一度揚げはあくまで一次作成ファイル扱いなので
 演算時間は8ビットの方が有利に思われ、それで十分間に合うなら、10ビットで出す必要は無いわけです
 この辺は、きっちり判断したいと思います

 つまり

 8ビットまわりの二度揚げにするか、10ビットまわりの二度揚げにするかどうかが
 現在の調査内容になってます


 それにしても「Hi10様」のお仕事は時間が掛かりすぎるっす
 まるで手の遅いマンガ家みたいなー

 (そこは「お疲れ様でした」とねぎらってさしあげましょう)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:13 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする

【勝手句帳】r051(01-11-16,19)其の2静岡新聞掲載分から


↓ 10)1 向宜詠吟.2019/11/21

観月琵琶虫の音秋をめで
静岡市・しみず川柳かすが(11-19)  *観月(かんげつ)‥月見。主に名月の観賞。

参考:三線と三味線の違いは皮と棹にあり!

 その昔、大和では琵琶の素材に適した「蛇(ハブ)」の皮を入手できなかった
 ‥そこで目を付けられた皮が「犬」と「猫」‥
 当然、老いた犬に猫ではない、皮目的だからそれなりに、ボスを競ってそうな体格の良い奴という事にもなる
 で、後始末の肉をどうしてきたのだろうか?
 肉の解体処分のお仕事は専売特許だったから、その手の人たちをそのまま忌み嫌って、こう呼んでいた事になる

 「穢多(えた)」「非人(ひにん)」

 そのお仕事文化は、当然半島にも伝わることになり、犬肉文化を形成したようにも思われる
 日本で皮を売る目的なら、では肉は?(当然そうなる)
 飼育にしたって、豚やら鳥やらと比べたら犬猫の方がずっと簡単だ(当然そうなる)

 つまり、半島と非人系の一部はかなりの昔から商いルートで結ばれていた

 そんな事情を戦国大名たちが掴んでいなかったということは考えられない

 その後の犬公方に至っては、その手の勢力に注視していなかったなんてありえない
 なら‥その手の勢力が、徳川家に一番の怨みを抱くようになったと見ても不思議は無い
 その頃から、怨み憎悪の激しい連中に火を付けちゃってたのが歴史の下りだろう

 ‥この論点はスクープものだ‥


|観月や琵琶を抱えて語らむと 奏でてみれば厳かなるに
|月明かり聞こゆる琵琶や寺の方 虫の音共に古なるに


 ‥とまぁネタの句に刺激されて詠んではみたものの
 実際のところ、琵琶っすからね(三味線とは多少違う)
 琵琶に語りは付きものです(語りの無い琵琶なんて三味線となにが違うん?)
 ということで、雰囲気のそこんところがまるでわかりません


> これが所謂、バーチャル詠みに絡む制限でーす
> ということなので、誰か満月の月明かりの下で琵琶を弾いてみた映像をYouTubeに願います
> (できたら背景は、すこしボロ寺っぽい方が好いかな)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:01 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする