2019年11月26日

【エンコード日記】マクロブロック(I4x4)は、高画質狙いには不用の件

記稿.2019/11/26

> マクロブロックは、細かいほど圧縮効率が上がるはず
> と思い込んでいるだけだった


 ‥でも実際は、マクロブロックには枚数制限が課せられている
 だから、細々としたサイズに高ビットレートを盛り付けるよりは
 ある程度のサイズの方がJPGノイズからも遠ざかる

 また、始めから高解像度&高画質狙いなら、4x4サイズを無効にすれば、処理も軽くなる

 そもそも、イントラにだけ4x4を盛り込んだところで意味が無い

 マクロブロックに制限があるからこそ
 Pフレーム用の(P4x4)が自動処理においてすら不用の扱いに置かれるのだ
 Iフレーム用の(I4x4)だけを盛り込んでおいてもノイズにしかならんだろう‥


> 実際に、(I4x4)のチェックを外してやってみたところ
> 一度揚げ:Level(5.2)、8bit444、CRF(16.5)、bフレーム(2)、サイズ:FHD
> 二度揚げ:Level(4.1)、8bit420、CRF(13.0)、bフレーム(2)、サイズ:ハーフHD


 DVD二度揚げのハーフHDサイズでの画質が以前のHDサイズ並に向上した
 DVD揚げ用途としては申し分ない結果を得た

 DVD以外でも色々と試してみたが、画質はグッと良くなる
 ファイルサイズも微に小さくなる傾向だ

 それと、キーフレームの選択のされ方にも多少の変化を見てとれる


> ‥ということで、HEVCにおいても
> 高解像度&高画質狙いなら、4x4の格子はもはや不用で良さそうである



posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:22 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする

【勝手句帳】r053(01-11-23)静岡新聞掲載分から


↓ 5)1 向宜詠吟.2019/11/26

コスモスは揺れあい触れあいしなやかにするように今を咲きつぐ
三島市・銀杏樹の会(11-23)

|コスモスの恋に吹かれつ微笑みつ 何を掴まむ秘めたる果てに


 ‥恋という奴は、手に入れようとするほどに無理がつきまとう
 夢中になって居られる間が花なら、形はどうあれそれはそれ
 なのに、選り好み(粗探し)に流されているのが大方の悩ましきところなのだろう

 そもそもは、手に入れようとしている有り様が嘘くさいのだ

 ‥だから、矛盾に見えようとも、気持ち半分半分がお互いの都合だろう
 それで誰かに摘まれて消え去ったなら、それはそれである
 想定外の沙汰に巻き込まれたとしても、有り難い結論だったとして受けとめざるを得ぬ


 (だがしかし、その程度の空気を恋と呼ぶだろうか?‥その手の疑問はつきまとうだろう‥)


 ‥せっかちなのも恋だが、のんびりなのも恋である
 お互いにどちらに比重があったかということでもある
 横並びに無くても良いはずだったのに、いつの間にか横並びを目指していたりする
 それは社会の子育てシステムがそうだからに過ぎないが、社会あっての暮らしでもある

 されど、途中で苦しくなっても誰も面倒など見てはくれまい
 それが自由恋愛の果てという奴だ、自由恋愛上等とした連鎖だろう

 社会の基本単位が自由恋愛に傾倒したことで、誰も面倒を見てくれなくなっている
 相談するにしてもまずはお金ありきだろう
 お金に困っているから多くの破綻が訪れるのに、相談からしてお金ありきだ
 どうして長続きする上での期待を他者に頼れるだろうか?
 せいぜいが裁判所か探偵頼みで、ご破算確定コースでしかない

 「盛り返しましょう」なんてサービスは聞いた例しがない

 行政からしてそこはノンタッチのままだ
 離婚が多い方がうれしそうなぐらいに、勝手にしろの空気なのだ
 私たちの恋愛に向けた応援なんて、所詮その程度だ
(どうにも‥自由恋愛上等から生まれ経た世代の空気そのままか?)


 一方で、自由の原点とは孤立だよ、孤高だよ

 それがいつの間にやら、ぼっちは嫌だになっている
(それが自由恋愛上等から生まれ経た世代の傾向だ)
 何を言っているんだ、自由の原点は孤独だよ
 其を拒絶した性根でうまく行くわけが無い
 自由からして拒絶しているのだからな

 それを愛などとおためごかしの言葉で自分をわざわざ拐かしている
 まったく以てどうしようもない

 だったら始めから自由恋愛なんざ辞めておけ
 所詮は宗教観ありきの程度だったと思い知るべきである


 ‥それはつまり、同じお祈りのできる相手を選べって事だから‥
 ‥それはつまり、同じ食事のできる相手を選べって事だから‥
 ‥それはつまり、同じ掟を背負える相手を選べって事だから‥


 恋愛において行き着くところ、普通にそういう事らしい
 其は、自由恋愛とした遺伝性が、それほどにポピュラーとは限らない辻褄なのだろう
 恋人などでは無く、家族としての空気を求めるスタイルに置き替わるのだ
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:39 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする