2019年12月11日

【エンコードレシピ】雪凜(GOP(M=1, N=7)という法則)修正版U

↓11)改稿.2019/12/11...20191210......2019/12/06...

> AQモードに不特定要素を確認しました。(再調査に入りました。申し訳ございません。)2019/12/09
> 現在、要因の特定に、マクロブロック区分の手抜きがあがっています(調査中‥エンコード時間がぁああ‥)2019/12/09
> マクロブロック区分修正済み。2019/12/10
> マクロブロック区分基準に戻る。2019/12/11


*雪凜(せつりん)‥雪が降りしきった後に鎮まっている様。しばられるような雪の静けさ。


|雪凜の原野踏みしむ真っさらけ エンコードぞ吹雪 生きにける朝


> ああ、エンコードって、吹雪をやり過ごしている時間の如しだよなあ
> その明けた時の真っさらの美しさを拝みたくて、こうして耐え凌ぐのだ
> ああ、そうとも、朝を待てばその輝きが絶景が目の前にある


 ‥HEVCでの再エンコード悶絶中、とある事に気が付いた
 それはBフレーム(1)&シーン変更感度(67)をまだ試していなかったのである

 やってみたら、Bフレーム(2)&シーン変更感度(89)よりくっきりと仕上がった
 でも、無駄にHEVCのGOPとすり合わせがしたくなって、思案しまくること

 ‥そこからさらに進展して
 Bフレーム(2)&シーン変更感度(67)&キーフレーム間隔(7)を得た

 Ibpbpbp
 Ibbpbbp

 GOPを七枚に絞り込むと、Pフレームの参照枚数(3)なら
 すべてのBフレームがIフレームを参照するに等しい状態にハマる
 つまり、キーフレームさえしっかり当たっていれば、抜群に発色を維持できる

 (調子こいてオープンGOPにしてみても、テレビUSB挿しでサーチ不能)

 シーン変更感度(89)だと、GOP(7)には不向き、想定外のフレームを選択しすぎる
 で、シーン変更感度(67)ということになりました


 DVDアナログアニメの場合、GOP(M=3, N=6)を見せますが
 DVDのそもそもがGOP(M=3, N=15)なので、問題ありません(むしろ歓迎)
 一方のDVDデジタルアニメでは、GOP(M=1, N=7)で落ち着く傾向です


> スマホやタブレットのプレイヤーに画面ジェスチャー・ジョグシャトル機能を追加すれば
> 知らない世代でもあのキュルキュルを体感できる
> テレビUSB挿しでも、早送りと巻き戻しが、ビデオ機器以来の均一感を楽しめる
> アニメの勉強するなら、「雪凜」で再エンコードするっきゃない
> これが又なぜか、まさら雪のふわっとした感覚に誘われるんだなあ
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 02:30 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする

【板垣情報】またボソッとスクープこぼしてる!!!

記稿.2019/12/11

> 安倍晋三首相は、トランプ大統領を裏切り、出し抜いて、北朝鮮と先に国交回復しようと画策をしているという極秘情報を米CIAに掴まれて、大目玉を食らい、ストップさせられた


 ‥はあ、あんた自分が何言ってんのか判断できているの?
 つまり安倍政権どころか自民党は、国民に対して北朝鮮政策は
 米国の支持でスルーしてきましたって事だぞ

 その意味わかっていってんの?

 つまり安倍政権でやらんとしている改憲も、米国の利益絡みって意味になるんだぞ
 その手の疑惑になるんだぞ

 もっとも「やはりそうだったか‥」って話でも有るわけだけど


> それはそれで、政権交代したって無意味だって話にもなるわけで


 日米同盟破棄を前提にしないと報われないって話なんだぞ
 そこまで臭わせてどうすんだよ
 この国はやはり米国から独立する術が無いとした見方にだってなるんだぞ

 それとも小沢一郎になると問答無用で変わるのかよ?
 どうしたって、あんたの情報からすると小沢一郎だって傀儡くさいだけだろうがッ


 ‥小沢一郎はここに於いて
 日米同盟破棄を掲げないと誰も信用しない枷を填められたって事だぞ
 もっとも小沢一郎の場合、国連のなんちゃら思考だから
 日米同盟で無く、国連と同盟みたいな規模展開の向きもあるわけだけど

 それってつまり、外交重視のリーダーシップ力が無いと誰も付いてこない
 そして、いきなりそれってのも、臭いだけだからなあ

 ‥その辺のうさん臭さを無くすとしたら
 何年間はとりあえず戦争しない同盟あたりからやらかさないと
 世界共々誰も乗ってこないだろうz



posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:10 | Comment(0) | 日記/2019 | 更新情報をチェックする