2019年12月23日

【勝手句帳】r068(01-12-21)静岡新聞掲載分から


↓ 3)1 向宜詠吟.2019/12/23

|空は澄み燃ゆる如くの山肌に言葉も忘れしばし佇む
掛川市・風の会短歌会(12-21)

 ‥ネタの首は、どうにも昼間なのか夕方なのかが怪しく曖昧だ
 そこの中途半端がなんとももどかしい
 ということで、手直してみたら↓になりましたん


|空ぞ澄む黄葉紅葉の山帰り 夕焼け小焼けしばし佇む


*参考:「夕焼け小焼け」の「小焼け」って何?

> ‥いやぁ、如何にも秋の空で澄んでるし
> 黄葉紅葉がきれいだし、そんな山帰りに、これまた見事な夕焼け小焼けだなあ


↓ 3)2


|胸の字に凶まがしさを偲ばせたいにしえ人の苦き思いよ
牧之原市・浜木綿短歌会(12-21)

 ‥ネタの首は、これまた酷い端折りだねえ
 「まがしさ」って何?

 「すがすがしい」の「すがし」は見られるが
 さすがに、「まがまがしい」の「まがし」は見当たらない

 ‥一方で
 「凶まがしさ」を「まがまがしい」と当て読みしているように思える
 どちらかというと、こっちかも知れないが、ちと厳しい


|「胸」の字や 禍々しき凶の音 いにしえからの悶絶を聴く


 ‥おや、胸(むね)の字にあるこれは、明らかに「凶」の字だ
 昔の人たちの暮らしぶりが伺えるようだなあ


 ‥戦争、強奪、放火、水害、人さらい、疫病、飢饉、地震
 アニメにマンガにRPGにしたって、ここまで露骨なのは無いからなあ
 どんなヒーロー・ヒロインだって、豪快にメシを食っている

 強いてあげるなら、さいとう・たかを『サバイバル』あたりかな
 最近では『サバイバル〜少年Sの記録〜』と描き直されていたりする

 ‥でも世紀末すぎてて、基本的な村感覚が無いからなあ

 そういう意味では、イブニング連載中の森恒二『創世のタイガ』は新鮮だ
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:44 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする