2020年01月11日

【エンコードレシピ】無想転写(リ刄vは最低でも720pって言ったよねっ版)

↓11)記稿.2020/01/11

 ‥諸々とした‥もしかしたら
 DVD再エンコードの場合は、どの解像度だろうと、同じサイズなら同じ画質を満たすのでは?

 (無想転写ならそれが可能のはず)

 ‥つまり、オリジナルと同じファイル容量になるようにCRF値を(0.1)刻みで調整して
 圧縮率を求めないエンコードに仕上げる


> やってみたら、ビンゴだった(なぜかは知らん)
> 720p化で気になる領域でのエッジも無くなる(つまり盛りすぎだった)


 でもまぁそうなると、480pにメリットはほとんどない
 無想転写では、レベル4.1でのマクロブロック数が気になるところだが
 それほど気にする状況に陥るほどではないらしい

 ‥で、1080pか720pかという事になると思うが
 720pの方が、1080pよりエッジが器用にぼやける、再現性としては1080pの方が優るけど
 エンコード時間を考えると、まだまだ720pの一択か‥

 (だがしかし、容量ぴったりになる辺りを探すのが、超面倒っ)


> OPとEDでさえ同じになるとは限らない(どうする?)
> 全話一律で同じCRF値になるとは限らない(どうする?)
> CRF値コンマ単位で探るところだけが最終的に泣き所(どうする?)


(基本、品質だろうとCRF値だろうと、画質の仕上がりが均一に同じQP値平均になんて成らない)
(QP値にしたって、ソースによりそもそもの見映えが異なるので当てにならない)


 ‥その点、BDの720p化は、容量ぴったりなんぞ気にせずともイケそうではある

 480pなら、だいたいCRF(12)ぐらい(720p化の容量40%減程度)
 720pなら、CRF(13.5)でほぼドツボに填まる(BDts容量40%減程度)
 ただし、40%減で満足できるかどうかはかなり険しい
(HDテレビで見る限り無想転写なのだが、フル画面&大画面でのそれの見映えなど知らん)


> どうしても半分以下を求めるならあとは、HEVCでやらかすしかない
> でも、4k=大画面=最低でも1080pだから悶絶感に差がねえ(このマゾゲーがッ)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:56 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

【日記】勝手句帳、再度お休みの件

記稿.2020/01/09

> ‥年を境に、やる気が再び崩壊しました
> ということなので、勝手句帳の方はお休みします


 ‥で、何がやりたいのかは、筆を置いてみないとわからないと
 まぁ、何が湧いてくるかなど、知ったことではない


 (やりたいことや、やってしまいたいことは他にもあるにはあるが、それも知ったことでは無い)


 しかしまぁ、こうも全身全霊で拒絶反応が降りてくる症状という奴は
 酸素が無くなって、全力で水面を目指しているようなものなのでしょう

 呼吸をせずに泳ぎ続けることはできないし
 休息を取らずに、笑うこともできかねる


> 自らに、飢えや渇きに気づいたなら、メンテナンスが優先だ
> 自らにそのような習慣付けを持たないで居ると、他人に対しても同じままである
> どう対処したら回復したかを知り得ないのなら、どんなアドバイスも糞ッ



posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:41 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

2020年01月07日

【勝手句帳】r069(01-12-24)静岡新聞掲載分から


↓ 13)1 向宜詠吟.2020/01/07

飲みこみし言葉の数の多ければ時に吐き出し空に字を書く
静岡市葵区竜南(12-24)

|飲み込みし辛辣の数 去年今年 なみだ怒りの無かったように


*辛辣(しんらつ)、去年今年(こぞことし)

 ‥なぜだろう、年末年始になると
 決まったように、その年に有った出来事すべてが
 すぎさりし過去の扱いになる(実に不思議な空気だ)

 これこそが日本国民の綺麗さっぱりに忘れちまってる症候群の魔法なんだろうなあ

 ‥否待て、呪いなんじゃねぇの(なら呪文かも知れないなあ)


> どう考えても、明けまして何がメデタイのかを説明できねえんだからな
> まぁ切り替えの用までを否定する気は無いが、切り替えすぎだろうz
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:14 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

【エンコードレシピ】無想転写(究極の480p版)

↓11)記稿.2020/01/04

> ‥問題が発覚しました(2020/01/06)
> 実写30フレームの激しいアクションにおいて
> IとPフレームで秒間3分の2を占めだすと、テレビUSB挿しにおいて再生遅延が発生します


 ‥どうにも、サンプルにしたソースの方に問題があるしい
 基本的になぜか特定箇所からの音ズレがどうにもならない、つまりスキャンミス‥orz
 PCからはなんでもないのに、テレビUSB挿しのパフォーマンスかアルゴリズムの制限くさ‥

 ‥よくよく考えたら、Bフレーム無しでも動いてきたわけだし
 参照枚数の差はあったにしても、それやってもビットレート落としてもダメなんだから
 こういうケースに遭遇したらサンプルを疑えって事のようです



> ちまたに転がるBDリップは
> DVD程度の画質を目指しているだけのとんちんかんであったことをここに証明しよう


 ‥ならば、まずはBDts → DVDのオリジナルサイズ化にて其を証明せざるを得まい
 AVCでやるのだから、DVDのそれより画質アップは当然だし、
 さらに、DVDからのリップなら画質を維持する程度は、サクッと当たり前でなければならない


 ‥ref(4)はFHD専用だった
 それより下のサイズは、情報量が足りていなかったらしく
 ref(5)にすることで、恐ろしいほどFHDの発色に肉薄することが判明

(これを4k8kからのダウンコンバートを想定した場合、FHDでもref(5)に意味があるかも)

 ‥結果、DVDの再エンコードにおいて
 480pが最も黄嶺&BT709化の適性をも見せつけた
 「無謀な待機待ち忍耐なんて必要ねぇ」と言わんばかりで驚いた


> ちなみに、DVDをHDサイズ化する場合、どうしても越えられないヤマがあった


 ‥それは、縦解像度の上から4分の1〜3分の1の間に、激しいインターレースの動きがあると
 HD化する場合の誤差が絡むのか、FHD化のそれよりも、動きが滑らかになりきらない
 (DVDオリジナルサイズのままでも同じケースが見られるが、まぁそこはしょうがない)


> BDインターレースを、ref(4)のままDVDオリジナルサイズに収めようとすると
> どうしたってインターレースがそのままに必要だと思わざるを得ない画質に填まる


 ‥だが、ref(5)にするだけで、随分とすっきりするのだから不思議だ
 さらに480p化すると、BDtsの場合、解除プラグインを使わなくても自動で解除されてしまう

(解除プラグインを使用するとぼけるわけだが、不使用でイケると不思議と輪郭がぼやけていない)
(これをDVDでもやってみたところ、無理だった)

 ‥DVDインターレース解除には、解除プラグインが必要だ
 つまり、BDtsダウンコンバートの際に、怪しいブレが間引かれるって事らしい
流れからして、縦2.25分の1サイズにする時にのみ、スマートな自動解除を得るように思われる

(試してみたら、HDサイズでも自動的解除できちゃうみたいだz‥マジかよ‥)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 03:39 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする