2020年02月06日

【ネタ文学】フランダースの犬の舞台を現代日本に置き換える序幕案

記稿.2020/02/06

> 呼称は、仮定でそのまんま「ネロ」と「パトラッシュ」とします


 ‥現代日本ということで、ネロのパパとママがいない理由はいくらでも盛れるでしょう
 ‥そんなこんなで、ネロはお爺さんと二人暮らしになっちまいました
 ‥お爺さんは年金暮らしです
 ‥ネロの年齢は園児とします


> なかなかに社会問題の提示みたいな内容だな
> さすがフランダースの犬


「ねぇおじいさん、ぼく幼稚園行きたいんだけど」
「ネロ、何度言えばわかるんだ、わしの年金だけではとてもじゃないけど無理なんだよ」


> 幼稚園が無償になろうとその他経費までは自腹だからな


「ねぇおじいさん、なにしてるの?」
「なにって、お前に不自由をさせちゃいかんと思ってな、昔取った杵柄で屋台でも始めようと思ったんだよ」
「うわぁすごい、おじいさんが屋台をやってるところぼくもみてみたい」
「そうかそうか、でもなぁネロ、お前も手伝うんだぞ、じゃないとじいちゃんぶっ倒れちゃうかもしれないからな」
「うん、ぼくも手伝うよ」


> 資金集めが大変だな、きっとクラウドファンディングするんだぜ
> 話題沸騰で、社会問題に取り上げられちまう勢いだが
> それでネロとおじいさんの立場が変わる事は1ミリも無いだろう


「『おでん屋ストロングゼロ』、ねぇおじいさんこれがお店の名前なの」
「ああそうとも、インパクトが無いとお客さんなんて来てくれないからな」
「今時は不景気の所にストロングゼロが流行っているって聞くし、ストロングゼロ好きの人が集まれば、それだけで盛り上がるかなぁなんて思ったんじゃが、どうだろうかね」
「ところでネロ、お前はおでんが好きかい?」
「うん、ぼくおでん大好き」
「そうかそうか、嫌ってほど毎日食わしてやるからな」


> ここでは、屋台が車式かリヤカー式かはなんとも言えない
> ネロを連れ歩くと云うことになると、そのまんまキャンピングカーの改造車なんて案もあり
> パトラッシュは気の良い野良犬スタート
> おでんの匂いに釣られて登場
> ネロが餌づけをしたことがきっかけで、奇遇にも所々で登場する流れ
> 屋台が常に同じ場所で構えると、その辺りの近所をうろついている野良犬ということになる


「あ、パトラッシュ」
「え、なに、このイヌぼうやの所のイヌなの?」
「あ、あのう‥」
「違うなら引き取って貰わないと保健所行きになるけど」
「パトラッシュはぼくの友達だから」
「う〜ん友達ね、ともだちはともかく、首輪しておかないと格好つかないよ」
「じゃ首輪もらえますか?」


> パトラッシュが保健所に連れられていきそうな場面にネロが遭遇
> おじいさんも根負けしてパトラッシュを飼うことに
> それから、しばらくした後、おじいさん倒れてぽっくり
> 脳卒中でも心筋梗塞でも理由はどうでもいいほど付くからな


 ‥ネロとパトラッシュ、大ピンチっ

 さてさて、これだけだと序幕でーす

 つまり、現代社会に置き換えるとフランダースの犬は序幕で終了っすね
 序幕だけのお涙頂戴で逃げる商売くさっ
 今の時代には、どうしたって続きが必要でーす
 その後のフランダースの犬とした方向性が必要でーす

 ネロとパトラッシュのその後を
 名作劇場の他の話と合体させちまうなんてのもありかなと‥


> 展開としては、おじいさんぽっくりじゃない方が味が出そうかも
> 一気に治療費で借金暮らし
> こちらの社会問題提起の方が、大人の関心度は高いだろう


 ‥注意点としては、ハンスなんて役どころを登場させてはいけません
 ‥そもそものネタのきっかけは、「あのハンスが居なかったとしたら?」ですので



posted by 木田舎滝ゆる里 at 02:32 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

【エンコード日記】Chroma M.E.のオンオフを誤っていた件

記稿.2020/02/06

> XMedia RecodeのChroma M.E.:オン=chroma_me=1が
> 実は、色差動き予測:on【--no-chroma-me】だった


 --no-chroma-me
 高速化のためにchromaでの動き探索を行わない
 この場合chromaではlumaと同じ動き補償が行われる

 参考:YCbCrとクロマサブサンプリング


> つまり、簡易版でやらかしちまっていました(どうも申し訳ございませんでした)orz
> 正しく機能させると、chroma_me=0になるっす


 ‥で、どのぐらいの差が生ずるのかというと
 輪郭推定の怪しかった箇所が微に改善する(静止画で見比べないとまず気にしない)
 JPEGノイズのパターンで癖でまくり(拡大して見比べないと気にしない)
 それを回避してトランザム効果を狙うと、CRF(15.0)が適当になるっぽ
 (実写では、もはやトランザムっぽさが感じられないっす‥orz)


 ‥またまた全部確認し直しになったった‥


 ぶっちゃけた話をすると
 AVCの動き推定をマックスレベルにしてやらかせばやらかすほどに
 高いCRF値では、JPEGノイズがどうにもならない(甲斐が無い)

 そのどうにもならないJPEGノイズが
 AVCの動き推定の苦手な形に重なると、ぐちゃぐちゃになってる


 ‥例えば、丸の形の輪郭にグラデーション内側と外側にバリバリしてるみたいな奴
 とくにそれの場合、中ぐらいから小さめといった大きさであるほど、推定が甘くなる
 あと、ひたすらにまっすぐな直線表現、むだにノイズが付きまといやすい

 これらを調整しようとすると、こちらを立てればあちらが立たずとした
 得体の知れない綱引きが始まっちまいやす
 これの傾向は、HDサイズもFHDサイズも同じで
 再リップする場合のすでに量子化クロマ化されちまったソースに対して直撃らしい

(マスターレベルでも、ビットレートを多めに盛らずして綺麗には仕上がらないように思われます)


> そもそものエンコーダ側に動き推定での苦手とする形状があったって事っすから
> 今頃になって、ようやくに思い知っちまいました(どうも申し訳ございませんでした)
> これからは、もう少し控え目な題目を心掛けてい参ります‥orz


 ‥ついでにもう一つ
 量子化最大値(Delta):3と4の違いになりますが

 一般的な(4)の場合、JPEGノイズが目立たないレベルになり
 物好きな(3)の場合、エッジが微に強調される傾向になっていました

 つまり

 (4)は、JPEGノイズは目立たないけど、つられて輪郭も弱くなるわけです
 で、結果的に、無駄な輪郭強調テクを駆使しなければならないイタチごっこでーす(無駄)

 (3)は、その逆で、JPEGノイズの位置が分かっちまっているので
 目立たないもしくはそれなりに納得できるバランスの割り振りを先にやっちまえるわけです
 それのポイントさえ分かれば、あとは考えなくて良い事に成りますが‥


> 結局、CRF(15.0)かよ‥実写での増量感が痛いっす‥
> 実写とアニメとでは、JPEGノイズの出方が違うなんて思いたいが(そんなわきゃねぇ)


 ‥HDサイズでCRF(18.0)だと
 FHDほどのボリュームを感じられない、ぼけて見える
 つまり輪郭にJPEGノイズが乗っちまっているから迫力が劣る

 FHDでもそこは同じで、ボリュームを感じられる場面とそうでない場面との差になっている

 この問題は、HDRでも起こり得る話だ
 ちゃちゃっとこれを解消するには、ビットレートを多く盛るしかねぇ

(テレビの場合、補正回路がバリバリに張り巡らされているからそう見えていないだけ)
(でもHDMI挿しだと、大筋プレイヤー側任せになる)

 ‥とした期待から
 chroma_me=1の画質ではCRF(17.7)で妥協しても良かったのに
 chroma_me=0で確認した途端、画質差の細々に許容できず、お流れになりましたとさ



posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:44 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする

2020年02月02日

【心理的エンハンス】やり繰りタイプと増量タイプのそこんところ

↓2)記稿.2020/02/02

> 心理的エンハンス:やり繰りタイプ(AQモードとAQ強度)
> 心理的エンハンス:増量タイプ(Psy-RD強度とPsy-Trellis強度)


‥やり繰りタイプとは、マクロブロックに割り振られたビットレート内で
 高周波部分(細かい箇所)と低周波部分(平板な箇所)で、QP値の配分を変えるアイデア

 見かけ上の品質が向上したように見えるが、やり繰りだけでしかないので
 実質的にはボリュームを欠いたままに仕上がる、基本はビットレートを上げるのが筋である

 ゆえに、AQ強度の値の変更は
 ビットレートを上げたくない低画質向けの無理矢理な用途向けに欠かせなくなるが
 通常においても、見映えの基準に則した強度で機能している


‥増量タイプは、割り振られたCRF値を全体の平板さの基点として捉え
 所々の高周波部分で不十分と判断されれば、増量を厭わずに低いQP値を盛り付けて画質を上げる

 一般にボケるし、増量するし、効果が分かりにくいことから
 AVCエンコードにおける嫌われ者、又は出来損ないの扱いにあるが
 設定のバランスさえ良ければ、それの効果を十分に得ることが可能だった

 (効果を十分に得るには、各項目設定でのバランスが欠かせない)


 ‥一般に、CRF値を下げると演算負荷が増大するに比例して処理時間も増加するが
 効果が伴うと
 キッチリに演算負荷を増やさずとも、それより−3程度低いCRF値印象を与えることができる
 結果、より少ない時間で且つそれほどに増量もせずに想定する同等の画質を得ることが可能となる


> これを、ここではTRANS-AM(トランザム)効果と呼んでおこう


 ‥トランザム効果を得るには
 psy_rd(1.00:0.00)→ psy_rd(1.00:1.00)が機能するバランスが求められる

 ソースの質や解像度によっても、CRF値の適値が異なるらしい(調査中)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 01:20 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする