2020年02月16日

【エンコード日記】Bフレーム再没、ありえない値、変態的二度揚げ、540p復活の件

↓8)記稿.2020/02/16

> CRF(18)でも、JPEGノイズをなだめやらかしたいというとこで、試しに
> Bフレームを抜いてみたら、それだけでもJPEGノイズが微に減衰する傾向(え☆マジっ)


 ‥ということは、全部レベル5.2で固定だな
 でもまずは試しと、長いGOPにしてみた(72)or(90)&ref(1)

 すると

 I4x4とP4x4が効きまくりなのか、Iフレーム入れ食い状態だった
 これなら、テレビUSB挿しも十分にキュルキュルするだろうと思って確認したら
 もはや短いGOPのキュルキュルには適わない事が判明
 (サーチ位置を計算する用が依然あるらしく‥それのもたつき感がもはや使えねえ状態だった)
 (シーン切り替え位置は、その都度ピタリなだけにちょっぴり残念)


※ レベル5.1と5.2の間にすげー差があって、FHDの30フレームでも余裕の想定
 DVD(VFRタイプ)のFHDサイズ60フレーム化でもそもそものデータ量が小さいからイケる想定
 でも、FHD60フレームで撮影されたソースを、短いGOPで再エンコードするまでは無理っぽ

 https://ja.wikipedia.org/wiki/H.264
 https://en.wikipedia.org/wiki/Advanced_Video_Coding#Levels


> BフレームがPフレームを参照する
> PフレームがBフレームに参照される


 この関係を‥Bフレームの品質がPフレームにより引き揚げられてそれほどに劣化しないだろう
 (なんて期待半分)どこかでそんな風に思い込んでいたのだろう
 しかし実際は、Pフレームの方がBフレームに合わせざるを得ない状況だった

 ‥それが劣化の要因だった‥
 (会社経営での上司と部下のグダグダと同じらしい)

 仕方がないのでサクッとBフレームのリストラを断行!
 もとい昇格!(ビットレート倍増だっ大盤振る舞いだっ)


> 理屈で考えても、B4x4が無いんだからしょうがない
> Bフレームのその分の分解調整をPフレームが担ってたって話だ
>(中間管理職は大変だってそのまんまの流れである)


 ‥I4x4、P4x4が効きだすと
 それだけで、Bフレームが無くても動きが良くなったように見える
 (マジにそうなら、B4x4の用意されていないAVCのBフレームには、なんの魅力も無い)


> しかし、それだけでJPEGノイズが根本的にどうにかなるものでもない
> 細部の劣化をどうにかする為の創意工夫が要求される
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:57 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする