2020年03月01日

【錯覚心理】同じ画質で半分の容量の基準がDVD程度だった件

↓6)記稿.2020/03/01

> DVDと言えば、mpeg2である
> mpeg2と言えば、DVDである


 ‥そしてDVDといえば、720x480の分解能に、インターレース(30フレームに増幅)だ
 中にはプログレッシブも見られるが、どちらにしろ、その辺りがDVDの画質の範囲である

 それが一般的なんだから、AVCで謳われる同じ画質で半分の容量はDVDが基準になっている
 (それは、HEVCでもそう解釈されなければ釣り合わない)


> ところが大衆は、そこを酷く勘違いしてしまっていた
> HEVCならAVCの半分にできる‥んなわけねぇ‥
> できるとしたら、DVDの枠組みにおいて4分の1減あたりが妥当なのだろう
> それは常に、720x480の分解能を前提にしたお話である(そう考えないと釣り合わない)


 ‥DVDを再リップする目的の多くは、3:2の比率からの
 4:3化ないし16:9化へのアップコンバートだろう(その時点で物理的増量は確定だ)

 DVDからのリップにおける物理的条件としてはそうなる(&インターレース解除だ)

 ‥さらに付け加えるなら、AVCに見られるありとあらゆる間引き手法を用いてだろう
 そもそも、間引き手法の一切を用いずに同じ程度の画質として扱えるわけが無い
 (mpeg2に、そこまでの余裕なんか無いのだから)
 とした内訳が、DVDと同画質程度とした中身になることをまずは理解すべきである


> ‥興行画質を狙うなら
> AVCでもHEVCでも、それぞれで性能の最高パフォーマンスを目指すのが筋である
> 一方で、規格を定める科学者らが、アーティストレベルで画質を語ることは無い
> (投資家に案内するに、手頃な水準での指標が求められて然るべきだからだ)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:15 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする