2020年03月11日

【エンコードレシピ】最果てのマクロブロック極まり丼(540p)

↓11)記稿.2020/03/11

> テレビUSB挿し勝手の極意とかなんとか
> キュルキュルサーチできてこそのテレビUSB挿し


 ‥USB2.0前提だと、なにかと帯域が怪しくなる
 トコトン適度にIとPフレーム増やして、さらにマクロブロック増やして
 キュルキュルサーチをやらかすわけだから、選択肢としても、540pでやらざるを得ない
(調子こいて毎時30MB/Sなんてやらかしていると、今度は逆に音飛びが気になってくる)

 ‥540pで画質を良くしようと、1080pと比べてどうしたって低解像度の分だけボケる
 DVDのインターレースのエッジ感は、それを誤魔化してもいたらしい(特にアニメ)

 ‥だがしかし
 540pゆえのぼけが、アニメにおいて、どうにもセル画っぽく見えてうれしい
 実写でも、どこかレトロな雰囲気が醸し出されてほっとする

(そりゃ、高解像度には高解像度の魅力があるわけだが、手間すぎるのでどうしようもない)
(DDR5で8コアぐらいにならないと、日用的にサクッとエンコードできる扱いにならない)
(でもそうなろうとも、容量削減に欲掻いて、HEVCで奮闘するイタチごっこだろう)


> ‥そこはさておき
> 今回は540pで高画質を叩き出す為のあれやこれを追求した結果の集大成になっとります
> テクニックとしては、マクロブロック大盛りになってます
> 略して「まぐろ丼」でーす


 ‥ここまでの道程を振り返ると、ようやくに日の目を見られそうではあるが
 知れば知るほどに、他人のエンコードの粗と不思議で一杯になる

(でも基本は数学だから、計算ルートが違うだけで、得られる解が近似値を伴い怪になる)
(ならば、誤差の少ないエンコードの方が美麗で速いに決まってる)
(されど、圧縮率も絡むことから、BD規格自体が、素晴らしく美麗な計算ルートとは限らない)
(それはつまり、断崖絶壁ほど美麗に見えてしまう景観を避けて、時代の手頃感を求めた結果だ)


> ‥繰り返すが
> 著生にとって、それの手頃感への要望が、テレビUSB挿し&サーチキュルキュルだった
> とくに大画面&高解像度とした視点に無かったという事である
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:51 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする