2020年03月14日

【エンコード観】アニメにテキスチャーの保持まで必要か?

記稿.2020/03/14

> 「君の名は。」ブルーレイはこうして作られた ー “映画の感動を封じ込める” 徹底したこだわりとは?


 ‥という記事を見つけた、そこで思わぬ情報を得た


{抜粋:P2
支給されたデータは、DPXという非圧縮の静止画連番ファイルです。1,920×1,080/RGB4:4:4/10bit/BT.709になります。

{抜粋:3P
作品によってはバンディングやモスキートノイズなどに悩まされることもありますが、『君の名は。』のオリジナルデータにはそういったところがなく、非圧縮のDPXマスターが使えたこともあって、歪みの無い理想的な4Kアップコンバートができたと思います。

{抜粋:6P
HEVCは圧縮アルゴリズムが進化していて、ブロックノイズやモスキートノイズは出にくいのですが、ビットレートが足りないとグレインなどの微細な情報がスッパリと消えてしまいます。人間の眼の特性に照らし合わせると一概に圧縮効率が良いとも言えないんですよ。HEVCだからキレイ、とはならないんですね。

{抜粋:6P}
『君の名は。』は、デジタルアニメのフラットな画に様々なテクスチャーが乗っているので、余計に残すのが難しかった




> まず、一番に驚いたのが
> 動画エンコード屋さんに渡されるマスターデータが
> 流失云々対策から、必ずしも非圧縮状態のそれとは限らないらしい


 ‥長い記事を読んでいくとそうとしか思えない言い方をしている
 もっともそれの多くは、DVDの頃の話も被っているのかも知れないが‥驚きだ
(予算というか人材枠をケチって、ビデオデータしかない場合の丸投げ等は十分に該当するだろう)




> 次に驚いたのがテクスチャの取り扱いである


 ‥昔の感覚からすると
 アニメを見るのに、背景の見映えとして、画用紙の目地にまで注目したりしない
 そもそもそんなところまで確認できるのは、フルHDを再生できる環境だけである

 (HDテレビならそんなのは概ね潰れちまっているはず)
 (現場が頑張っても、却って、ノイズにしか見えていないだろう)
 (画質調整がまずければ、色彩からして的外れなんだから尚更だ)
 (現場は最先端との格闘だからそんな一般家庭の底の再生環境までは取り合わない)


 ‥つまりここに、圧縮はこの程度、このぐらいでとした
 未成熟な視聴環境に置かれたユーザー側の要望との間に、不一致が発生していた
 もとい、利便性を高めたいユーザー側の勘違いが発生してきた
 結果、世界中に再エンコードされた筋違いリップが巻き散らされる結果にもなった

 (多くのユーザーに理解が無いなら、そりゃ拾って確認したくもなる)




> しかしである


 テクスチャーまで残すとする考えは制作サイドのこだわりだ
 お話を楽しみたい思考からすると、絵本でも十分だとした思い込みは拭えない
 原画レベルで絵本を楽しみたいなどと、そこまで考えるこどもはほぼ皆無だろう

 そこに現場が自慢げに押し付けているのが、デジタル由来の現場感覚からの差だとすれば

 HDR以降の映像の世界は(需要と供給の理解からすれば)現場の勘違いとする見方も成り立つ
 記事を読んでいくと、エンコードだけでHDRになるもんでは無いことが理解できる
 一からの作り直しと、手作りによる最適化が前提だ

 つまり、リマスター作業レベルから、さらに光彩処理での特殊な調整を施す事を指す

(ハリウッド発で、映像のデジタル化が深化しすぎて、そういう流れになったと言うことだろう)


> そしてそこに、それの理解を促すレベルにあったのが新海誠だった
> 技術があっても看板的人材がいないと理解を得るのは難しいとした一例だった
> でも、HDR化の主役はエンコード屋さんだった(新海誠でもHVECでもねぇ)


{抜粋:7P
マスターのデータ量と圧縮率の関係としては、2K解像度でMPEG-4 AVCのBDが最もバランスが取れています。
2K/SDR環境であれば、UHD BDをダウンコンバートするのではなくて、是非BDで観て欲しいですね。



 ‥なるほどなるほど
 これが現場の一致した見解と言うことになるようだ
(資本家の資本の事情が、果てしなき無謀を急かしているだけともとれちゃうのがHDRらしい)

 その発言は、実にわかりやすいのだが
 赤字部分どうにもリップ前提なんすけど‥(法的にも業界的には炎上っすから)




 ‥現場がそう思うほどなら
 それと同質の視聴環境に無きユーザーが欲するルベルは
 やはり、DVDとBDの間に在る


> ならばその時、テクスチャーまでを残したい判断とて、丸めざるを得まい
> 興行的にもこちらが正解なのに、ハリウッドの制作意欲に付き合った結果、誰も買わなくなった
> 多くが、ネットで視聴できる画質程度で満足なのは、指摘するまでもない


 一番に美味しいところ & お手本たる見せ所に手を抜いて、著作権侵害も糞も無い



posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:08 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする

【謎】デスノートの所有権理解

記稿.2020/03/14

> 夜神月はデスノートを切り取って、それに名前を相手に書き込ませたりしていた


 ‥ここが問題だ
 デスノートの所有権を放棄すると、デスノートに関する記憶が消される
 そういう内容だったと思うが

 この相手に名前を書かせるとした手法は、デスノートの所有権放棄に相当するのでは?

 所有権があるから意図して使えるとした見方も成立するにしても
 基本的に、名前を書き込むのは権利者のみに断定されるはず

 (所有権理解?‥もとい、所有権発動とはそういうもの)


 死に神同士で自分らのノートをたらい回しにして使うことは無いだろう
 つまり、夜神月のデスノートの使用法は、死に神の使い勝手を凌駕していたと言える

 ‥だが一方で
 死に神は自分のノートに関して所有権を自覚している
 地上に落ちたら、地上界で拾った奴の者
 その所有権とはなんだろう?

 つまり

 ‥俺は名前を書き込まない‥それは主義
 ‥俺は名前を書き込めない‥それは掟


> デスノートにでてくる死に神は、デスノートを用いてでしか人を殺めない
> そういう内容だとして自分のノートの所有権を論ずると


 ‥死に神のノート所有は、死に神としての権限なりプライドと言うことになる
 否むしろ、命に等しき能力そのもの(源)として解釈できる

 ならば、地上にノートを落とした場合、その死に神はどうなるのだろうか?
 どうにもなっていないなら、死に神にとってデスノートはただの道具でしかない
 もしくは、スタイルだ


 ならば、デスノートの所有権云々は、死に神の個性として
 それを使用する人間にカマを掛けただけになる(より面白さを得る為に)




> 悪人は上等になればなるほど
> 不思議と日常的にカマを掛けていたりする(より面白さを得る為だけに)


 正直者は、それを「嘘」と見下し
 大悪党は、それを「戦略」として日常的に使いこなす

(カマを掛けないと成り立たない恋愛なんざその時点ですでにピュアじゃない)
(カマを掛けないと成り立たない就職採用なんざ‥その時点でブラック上等だ)
(されど、悪の心理を頭から否定した無警戒なおつむでは、平和も幸せも長続きしない)

 ならば、競争を絶賛する世界では、嘘は正当化され
 戦略の秘密を明かさない権利を行使できる世界は、不誠実も又正義と宣言しているに等しい


> ‥普通に生きていたいだけなのに
> 正直者はそれだけで馬鹿にされる‥成果主義とはそういう見下しの推奨世界
> 大悪党の戦略にまんまと填まっているだけの無能な社会


 ‥そもそもの「普通」に誰も疑問を抱いていない時点でアウト

 それはつまり自分なりのペースとした解釈に過ぎない
 だが、心の中では、過激になっていく競争社会を誰しもが否定している
 なのに、生きて行かざるを得ないとした心理が、益々の画策ありきを受け入れている

 それらの多くは、「恐怖」に屈しているだけの自分を無意識的に受け入れただけのスタンスだ

 もとい、お得やサービスからこぼれるとした恐怖だろう
 今やそれが「普通」にあるのが、現代社会の普通にある


> 私たちの「普通」は、こうしてすり替わる


 ‥競争が過激になった結果、お得にありつけるか否かが生活の中心になっている
 ‥それのそもそもは、一人一人が無力であるとの思い込みを真に受けた積み重ねである

 (「無力」=「無価値」を無意識で了承していては、パワーなんて湧くわけねぇ)
 (それを又、見下すようになっても同じこと‥着目がブレるから‥)

 ‥無力からのスタートは、赤ん坊のまんまの思考というだけの話(性善説段階)
 ‥そこから少し棘がでているのが悪党の思考(悪ガキ、悪たれ、性悪説段階)
 それらを脱ぎ捨てたのが、ようやくにして人間らしく見え始める思考の段階


 ‥私たちの多くは、未だその先の世界を知らないままだ‥



posted by 木田舎滝ゆる里 at 05:22 | Comment(0) | 日記/2020 | 更新情報をチェックする