2020年03月23日

【妄想】抗コロナ戦争の本質がどうにもエグい

↓3)記稿.2020/03/23

> 出回っている情報からの印象は、米国VS.中国
> しかし浮かび上がるそれら中身の構図は、投資&経営群国家VS.労働組合群国家
> だがその実態は、世界大戦要望派VS.世界大戦回避離脱派


 ‥陰謀論でささやかれている情報を並べていくと
 世界大戦要望派の残党国家は、フランス×ドイツ×イタリア×自民党×イスラエル
 とかなんとかと言われている

 ‥兵器のパーツと日用品の多くを今や外注している連中が
 大真面目に世界大戦をやらかそうとしているのは、実に滑稽なのだが
 それにそそのかされかねない成り行きはもっと滑稽だったりする


 ‥そこはさておき
 今や「イタリア」は、新型コロナウイルスの激震地
 「ん?」どういうこと???


 ‥つまり色々と偽装工作の手の込んだウイルスバラマキ劇場なのだろうなあ
 その狙いは、戦争に突入する上で欠かせない戦力&陣容&ノウハウを
 問答無用で葬ろうという魂胆だろうなあ

 そうだとすると
 ウイルスには潜伏期間があるのでは無く、世代寿命に限度を設けてあるとか何とか‥
 簡単に死滅しきるというわけでも無く、どこかでバラマキ直しているとも想定可能だろう
(ウイルスそのものだとリスクが高くなりがちなので、活性剤若しくは風土気象とか)

 そうだとすると
 御門資金でやらかそうと考えられている内容は、噂されてる資本枠より相当にエグい

 地球の緑化に欠かせないのは、まずリスク工場の操業停止
 それを動かしている元締めの勢力停止
(普通の話し合いの段階はもはや決裂しているので、最終手段に至ったのだろうなあ)


 ‥つまり、大戦回避に同調しない国家への
 国民がいなくなっては、戦争そのものが不能と化する直接的な制裁
 & ついでとばかりに すべての国家への均等な配分は不可能だから文化圏のサイズ縮小
 放っておけば勝手に緑化してくれるなら助かる大作戦

 ‥つまり、武漢は囮(世界に物資調達を無理と思わせる上で欠かせない画策)
 韓国は本丸、普通にやらかしていては半島の合併なんかありえないので
 ウイルス淘汰による国民減の果ての南北合併大作戦

(でも勢い余って両方消えてくれれば有り難いのが本音かも知れないが、さてさてどうだろう)
(やつらはマジでイスラエルの代替国家をやらかす気で居るのだろう)
(蝗害が北朝鮮まで伸びると偉いことになる‥南下して‥対馬を越えようなら神風だろうなあ)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:30 | Comment(0) | 日記/2020 | 更新情報をチェックする

【妄想】五輪成り行きどさくさ解散をしなくても好い解釈

記稿.2020/03/23

> 世界の2020東京五輪解釈は、中止か延期、もはや通常は100%無理だという
>(選手選定をまだ終えられていない国家が多いからだそうだ)


 ‥自民党内でのポスト安倍争いは
 コロナ不況を引き受けたくないので、安倍の4選もやむなしムード

 五輪一年延期なら、自民党としては
 どうせ延期ならこの夏の間に選挙をやらかしたい

 そうしないと、五輪延期後すぐ秋の総選挙では
 延期五輪の雲行き次第では、大失態の印象を拭いきれないままでの突入は避けられそうにない
 それでなくてもコロナの成り行き次第では、政権支持の雲行きはさらに怪しくなる
 傷口の浅い印象でどうにか首を繋げて置きたい所だろう

(夏場の選挙なら、まずまず集団感染しちゃっていたとしてもすぐには発症しないだろう)
(年内の冬までには適当な治療薬の目星が立つかもしれない‥もしくは現状よりはマシだろう)
(そして、投票率が低迷のままなら負けるわけが無い‥とかなんとか)


> しかし、現段階で選挙にカネを使うぐらいなら、生活保障に回すべきが筋である


 ‥そこを嫌えば、五輪の延期宣言は二度あるかも知れない
 安倍晋三としても、中途に選挙リスクは負いたくないし
 逮捕劇を避けられるなら、延期の延期もありきで考えるだろう


> 今や東京五輪のテーマは
> 安倍総理のわがままから「ウイルス克服による人類の勝利宣言記念祭」にすり替えられつつある
> それなら、それに沿うように、一年の様子見でダメなら、二年延期もありうるだろう
> (次の開催地だって、この世界的な低迷経済では準備どころでは無いはずだ)


 ‥すると、自民党は
 今年のコロナ対応を果実に、来年の選挙を乗り切るきっかけを得る算段とするべきになる


 (さてさてどうなることやら)


 ‥10万円給付に、消費税減税がささやかれているが
 国家の財布の元締めに座ってるのが、怒怒怒級ケチの麻生太郎だからなあ
 安倍総理としても、消費税減税を取り下げては、組織への功績がリセットされちまうわけで
 組織への顔向けが立たなくなる弱みに成りかねない

 しかしまぁ、こげな入れ知恵を小耳に挟んでは
 やらざるを得ない → やるべきの空気にはなるだろう

 逆さに見れば、ツートップが「損して得を取る」思考をするかどうかということであり

 それすらもできないツートップなんか「要らねぇ」判断材料にもなる(無論、自民党内で)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:58 | Comment(0) | 日記/2020 | 更新情報をチェックする