2020年03月25日

【エンコード日記】アンシャープ(0.1)には、Bフレーム(1)の件

記稿.2020/03/25

> シャープネスフィルター:アンシャープ(0.1)を使用すると
> なぜか、Bフレームを一枚追加すると状態が安定する


 ‥その安定は、シャープ(0.1)とは違って
 540pだけでなく、720p時にも見られていた‥
 狭い領域での、暗い線部分と明るい部分の境に、灰み掛かってしまう傾向に改善を得ている

 だが、1080p→540p時のそれはどうにも難しく
 1080pのダウンコンバートは、やはり規格想定内の720pでやる方が良いだろう

 DVD480p→540pのインターレース解除において
 特にぼけやすい部分はどうにもならないが
 全体としてはさらに磨きが掛かって安定を見せている


> それにしても、Bフレームの追加で安定を見せるとは‥(しかも人気の無い一枚で)
> 一枚だとそれほどに圧縮率は上がらない(代わりにアンシャープで上がっている)
> 一枚だとエンコード時間への影響はそれほどでも無い(ここは時短を取って割り切るべきだろう)


 ‥それにしても、Bフレーム(1)とは
 もしかしたらと思って、qcomp値を再確認したところ
 コンマ3桁でもエンコードが可能だった
 (ただし、容量差の確認はできるが、使用した値の記録は四捨五入される‥後で判別不能)
 でもまぁエンコードするサイズ差やら何やらを考慮すると、やはり(0.63)が適当になる


> シャープ(0.1)では、Bフレームだめで
> アンシャープ(0.1)だとBフレーム(1)がベスト
> どういうこと???


 ‥エッジや平面の均一性の状態で、Bフレーム枚数使用での安定が変わるなら
 マスターのデータ量と品質があれば、Bフレーム(2)も可能なのだろうか?

 ‥1080pのままでも、アンシャープ(0.1)の使用もまんざらになく
 それなりにマスターデータとの差を埋めようとしているのだろうか?

 (そう考えないと、マスターデータの立場が無いからな‥まるで分からん)



> 余談になるが


 Fast P-Skipの解釈に別のを見つけた、それによると

 fast-pskipはPフレームに含まれるマクロブロックを判定し、
 前のフレームとほぼ差がないマクロブロックであった場合に
 エンコードせずに処理を省略するというオプション。
 スキップさせるとビットの節約になるが、一部ノイズのような残像が残る場合がある。

 ‥ん?
 HEVCでも似たような省略があったぞ
 「初期のCU深度再帰をスキップ」の項目だ

 つまり、初期のCU深度=Pフレームのことだったのか?
 (イントラはほぼお飾りだから、インターのそれということになる)

 そしてこいつこそ、GOPの切れの悪さと
 高いCRF時の細かいところバッサリ感の犯人かも知れないな
 (なにしろ確認せずにバッサリ飛ばしちまう仕組みってことだから)
 (でも、HEVCでこの項目を使用しないと決め込もうなら超絶にエンコ時間増大である)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:59 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする

【生活インフラ経費補助案】一律現金給付と収入額差での納税時加算案

記稿.2020/03/25

 一律現金給付は即効性が優位だが、格差問題が逐一うるさい
 そこでまず、生活インフラ経費(電気&ガス&水道&通信料)の基本料金分を
 一年分程度一律にて補助する名目に置き換える

 年収が想定される額より多ければ、納税時に一律現金給付額分が納税額に追加される
 ケチにやるなら収入差を二段階とする考えもできるが余り細かくやらかすと
 労働意欲の躊躇や申告での虚偽を招きかねない


 ‥生活インフラ経費補助の名目では
 生活スタイルによっては戸別単位でしかなく
 さらに追加案を模索するに、家賃補助までに広げるとするアイデアもあるが

 都市部と地方部とでの差が大きく国の采配だけではやりにくい
 仮に避難なり疎開せざるを得ない事態に突入なら、躊躇を無くす意味では有効かも知れないが
 移動先の人気と不人気で移入量に偏りが発生しかねない点がどうにも複雑となる

 (そもそもキャッシュバック方式になりそうな点が、誤解と詐欺を招きやすい)


>‥なので


 テレワークなのに、収入減で電気代節約しなきゃとした矛盾をやらかさない為にも
 電気代に関しては、基本料金だけとするよりは、一定w量とした方が納得感に繋がりそうではある

 (是には、電気代の料金体系を一次的に変更するなどの対応が求められる)

 夏場に突入した場合を鑑みるに、時節毎に細かくやれないのでは宜しくないのは明白だ



posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:26 | Comment(0) | 日記/2020 | 更新情報をチェックする