2020年11月29日

【詩】経済競争はうんこたれの如し

向宜詠吟.2020/11/29

うんこには、臭いし汚れるし垂れっぱなしで良いことは無いからとした理解がある
うんこには、それだけの説得力がある

面倒くさいからと、やたらそこらにうんこを垂れぱなしにしていても
其を自分が踏んでしまうお馬鹿さも付きまとう
なんだかんだで、トイレたるマナーを身に付ける
そうなってくるともはや
うんこたれは恥ずかしいしから、誰もうんこたれをやりたいとは思わない
うんこには、それだけの説得力がある

なのに

ヒトのやらかす競争はうんこたれの如しなのに誰もそれを厭わない
その極まった良い例がトイレ無きマンション運営だった(原発)
使えば使うほどにうんこたれ現象が進行して行く核廃棄物を誰も望まないのに
政府が一丸となって垂れ続けるそれは、どうしたって「うんこ」とした象徴だ

「このうんこたれがッ」

そんなうんこたれどもを担ぎ上げてきたのも、経済競争ゆえである
日々の暮らしの底辺とは何かと問えば、それはうんこの処理だ

うんこの後始末を考えずに競争なんてやらかすから、色々としたトイレ無き惨状を招く事になった

そうなってはもはや、お互いに罵り合うしかない
だがしかし、世間そのものがうんこたれを担いできたのだからどうしようもない
誰も色々としたうんこの掃除科学を育てて来なかったのだからどうしようもない

うんこたれどもを褒めたたえてきたのだからどうしようもない

科学のやらかしそのものが、経済競争のやらかしと同義だった
科学は人類を文明人に導いただろうか?
経済競争の末に手にしたのが「うんこたれ爆発」では、とてもとてもクサすぎてお嗤いだ

「このうんこたれどもがッ」

トイレを用意できてこそはじめて科学者なり有識者を名乗れるのであって
トイレを用意し得ない似非科学の推奨は、どうしたって「糞野郎」である

「糞野郎どもがッ」



> うた詠み終わります、ありがとうございました。



posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:29 | Comment(0) | 科特隊どころか無理だからウルトラ経済大作戦 | 更新情報をチェックする

2020年11月28日

【自動フィールドシフト】鱧(はも)の小骨を食らわんと

↓6)改稿.2020/11/30...20201128...

> 自動フィールドシフトでもインターレース解除しかねるダメなパターンに遭遇


 実写ソース:PV|動物と乗り物がいっぱい|ウルトラマンボーイ

 ‥ウルトラマンボーイがポニーの牽く前席だけのオープン馬車に乗って手を振っているカット
 その遠くに見える牧場の柵がちょうど細長のシマシマ状態となり
 そこにまんま、バリバリの細長いインターレースが、どハマりになっており
 解除するにたるデータ不足に陥るらしい

 つまり

 細長いシマシマ模様で、かつ、中間色の色幅に乏しい色調の組み合わせだった場合
 そこにインタレースが被ると詰みになると考えられる

 (このパターンは鬼門で、グラボによるハードパワーを用いても完全解除は厳しいだろう)
 (※ 解除精度が上がると、縞(しま)の外側から成功率が上がるっぽ)


> あと、自動フィールドシフトの想定外に位置するインターレースというのがある
> なので、常時確認をする事が大事なのら(単に経験不足)


 ‥如何にも2-3プルダウンにしか見えないのに
 解除しようとしまいと、5コマ置きに一枚だけブレ駒があったりなかったりという
 ソース:DVD|原作単行本第4巻限定版|未確認で進行形

 そのような場合には、トップとボトムを入れ替えてみよう(一晩悩んじまったz)


> では、まずは必要最低限度の調達です(もとい、お借り致します。m(_ _)m)


AviUtlのお部屋
aviutl110.zip
exedit93rc1.zip
bmp_output.zip

UtVideo
バージョン 22.2.0(2020-10-2)

L-SMASH Works r940 release1 / mod1
r940 mod1

rigayaの日記兼メモ帳
AviutlColor
自動フィールドシフト


> 最後工程をXMedia Recodeでやらかすおいらは、とりあえずこれで足りるっす


 ‥で、ここからが初心者の第一の関門
 「自在にファイルを読み込ませられるまで」
 キーワードは「exedit.ini」でーす(ググって勉強しましょう)


 ‥ちなみに
 DVDのインターレース解除に、[自動フィールドシフト]×[UtVideo]を使用した場合
 AC3ソース → 32ビット×3072Kbps‥とした見たことない高ビットレート出力になる
 (うれしいような‥うれしくないような‥)

(そのままは無理だし、さらに変換しては野暮なので、やはりコピペでしょう)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:55 | Comment(0) | 月下涙焉 | 更新情報をチェックする

2020年11月26日

【上から目線】力こそ正義VS.ねぎらいVS.世話好き

記稿.2020/11/26

 ‥自由主義社会観において行われるヒトの勝手と言う奴は
 自分の立場を普通より上位に据えおいておきたいとした配分差別を前提にしている

 自分が上位なら、分け前をより多くしたとて差し支えが無いとした暗黙の了解だ

 どうしてこのような世界観が共通して成り立ってしまうのかといえば
 そこには「力こそ正義」とした野蛮だった頃からの習わしのままを踏襲しているからである


 ‥とはいえ今や多少は文化的になったので
 力尽くでは行わずに、契約を介するとした点が、自己責任論に結びついているわけだが
 契約の遂行義務が果たされていると、契約に沿った配分を行われなければならず
 そこで経営赤字をやらかしたならば、それはそのままに経営側の自己責任として双肩にのしかかる
 (とはいえ、雇用側にしたってクビ同然とした会社の倒産では身も蓋もない)


> 個人の勝手ではなく、経営とした観点から自由主義を論ずるなら
> 経営赤字を経営任せにしているお仕事観は、どうしたって組織にとってドブネズミ然だろう


 ‥というのが、今どきのすっかり資本主義に染まっちまった日本人の感覚だ
 &分け前にしたって、下にはケチケチ振る舞いのお家主義傾向でどうしようもない

 つまりこの段階でのお互いの立場は、赤字なり不景気をやらかしてしまている時点で
 だからもっと頑張り合いましょうと言い合っているわけだがら
 どう考えたって立場は対等だ、対等だから、道連れ破産とした流れにもなる

 そして、対等に映ってしまうからこそ、同一賃金であるべき論の方に支持が出る


 ‥だがしかし
 なにゆえに経営の志を立てたかと言えば、自分の立場を上にしたかったからだろう
 それが誰しもがやらかす思考だろう
 そのふざけた思考のそもそもは、実力があるかもどうかも分からない内から
 「脳内勝ち戦」だったという事になる

 そして、撤退時&敗戦時において如何なる姿を見せるのかについても
 どうしたことか‥ただのマヌケでしか無かったというのに
 殿様気分のまま、部下を殿(しんがり)にして見逃して貰えると思い込んでいる
 「脳内お殿様」だったという事になる


 ‥つまりどこの契約書にも
 営業売上の芳しくない際には、賃金を公平にして扱いますとした一筆が無い
 そりゃそうだろう秘守要素が絡むし、自分の立場を上としか見ていないのだから
 そんな契約書を作成できるわけがない
 さらに言えば、自惚れてる新人ならそんな契約書を見ただけで、内定破棄を決め込むだろう

 (折角にお世話になろうというのに、もとい、甘い汁をすすれると期待していたなら尚更だろう)

 ‥有能と思しき新人に頭から逃げられてもお話にならないからな
 まぁ、その時点で逃げ出すぐらいのクズならはじめからいなくて清清だろうはずだけどな‥


> そもそもにおいて、このような普通より上で居たいとした根性の根っこには
> その頭から偏見と差別と独り善がりがこびり付いたままだ
> それはそのままに、お世話にあやかりたい、お世話されたい症候群の延長でもある


 それをつまり男性型社会と表現できるにせよ
 お世話にあやかりたい&お世話されたい女子も多いのだから
 男性型社会とした表現にも無理は出る


 では、問おう「ならば女性型社会とはなんぞ?」


 つまり、世話好きな人たちが上に立っている社会構造と言う事だ

 普通より下とした自己評価では自信も持てずに、世間相手にお世話なんて無理ッ
 その点、そもそもの世話好きな性格こそが、日本人古来からの上から目線の本懐だった


> ところがどうだろうか?


 力こそ正義論者視点から、この世話好きな人たちを眺めてしまうと
 カネで雇えば済む事を、何をわざわざ奴隷仕事を買って出ているのだろうか?
 ‥ということになる

 ‥概ね、今どきの日本人の思考は、これのギャップに荒れている
 このギャップこそを欧米化と断定したとて言いすぎではない


 なにゆえに、その程度の事で悩ましく思うのかは
 そこには、自身を上に据えたいと思っている片手で
 「頑張ったからには、その分をしっかりとねぎらって貰いたい」
 とした一般的な労働観を握ってしまっているからだ

 ‥語るまでも無い
 そのような労って貰いたいとした弱音こそ、世話好きな性格からすれば格下の声でしかないのだ

 其に覚えのある者だけが歯を食いしばる
 それが古来からの日本人のお仕事観だった


> それゆえ、成果をお祭として等しくやらかすのも、そんな矜持からの裏返しだった事だろう



posted by 木田舎滝ゆる里 at 08:57 | Comment(0) | 科特隊どころか無理だからウルトラ経済大作戦 | 更新情報をチェックする

2020年11月25日

【是論】公金お金でサイト~是スマホ~是アプリの間のセキュリティ

記稿.2020/11/25

> すってんてんに更新が止まっていたのだが
> それはどうにもならないセキュリティ上の欠陥に気がついたからだった


 持ち歩いているスマホにマイナンバー情報を備えてしまうと
 それの紛失や盗難の際にどう考えたってとんでもないことになる

‥国がそれらの課題をどれぐらい本気で問題視するかでこの国の本質は決する‥

 スマホにマイナンバーカード機能を搭載へ 総務省が検討会を実施


> 悪意を持つ輩の手に渡ったマイナンバー機能入りスマホともなると
> そこに付きまとう好奇心を抑止しうるだけの仕掛けが必要だ


 まずお金にかかわるアプリすべては、オンライン状態でないと機能しない
 そうしておかないとオンラインから不通になった場所でやりたい放題という事になる

 (この点の技術は今や一般的なので導入に課題は無い)


> なんであれサイトに入るには
> ログインする上でのネームとパス(メールアドレス)が必要だ


 結果的に、マイナンバーなんてのは戸籍管理上の管理番号でしかない
 それを固定して使用しますからね‥という程度の内容だ
 だがなぜか、その番号さえ有れば、すべてあなたの証明ですと言わんばかりの空気はインチキ臭い

 結果的に、ネットを介せば、色々としたセキュリティとの組み合わせになるのだから

 マイナンバーとて、ただの管理番号だ
 パソコン管理上の番号にもう少し合法的な意味合いを持たせてみた程度だ
 だがしかし、そのような方向での解釈をせずに運命番号の如き扱いは不可解しい

 そりゃ電話番号なり口座番号のように脱会すればチャラになるという中身には無い
 国民保障としての扱いともなればそういうことだろう

 だがしかし、免許証の更新時にだって顔写真をし直すのに
 マイナンバーではそれの説明は聞こえてこない
 そういう意味での有効期限の説明をしてもいいのに、どこか煙に巻いている臭い


(不人気から利便性重視でネットから受け付けます‥ネットからの更新も可能です)
(なんて流れのままともなると、どうかんがえたってセキュリティ欠陥にしかならない)


 ‥そこで、公民お金でサイトでは
 是金是投資の操作を最終的にポチる段階で、顔認証という事になる
 すると、是スマホには自撮りのできるカメラ機能を必須とし
 その顔画像を常時送る事になる
 送られた顔画像と、行政からバックアップ用途としてメモリーされた画像との比較をするだろうが
 その適合率が下がっていると再登録の要請を可能とすべく
 送られてきた顔画像を適量ストックしておく方向が良いはずだ

 だが最終的に再登録の用がある場合の顔画像の更新には、行政窓口に出向くのが筋となる

 (自動車免許証より軽々しい扱いに位置する顔画像管理程度では困る)


> いじめや恐喝時のセキュリティ対策が難問だった
> スマホを取り上げられた状態で、脅されてる状況からの脱出劇がどうすれば成り立つのか?


 ‥そこで、アプリの起動時には常時オンライン認証と同時に
 敢えてパスワード要求する要素を取り入れておくとする

 すると、15~30分間ノンタッチならオフになるとかなんとか
 電子マネーアプリの再起動時に面倒くさい時間帯もあるので
 設定として、その手の時間帯にはパスを要求しないなどの要素が欠かせないだろう


 (塩梅の良い工夫との組み合わせが重要だ)


 ‥その工夫の一つとして、地雷用途パスワードを考えた
 恐喝されている状況でパスを求められ、渋った果てに地雷となるパスワードを教えた
 容疑者がそのパスを打ち込み終わったと同時に通報モードに切り替わるとしたらどうだろうか?

 そんな機能が有ると知れていたら、ヤバすぎて、恐喝しようなんて誰も思うまい

 容疑者側心理的に、大丈夫と思い込ませるに適当な時間経過と同時に、警報が鳴る仕掛けか
 警察からの電話音声が、ダイレクトに飛び込んでくるとかなんとか‥


 ‥当然、容疑者らのスマホが電源オンなら
 同時、同地点にいた位置情報から誰が犯行者だったかを簡単に割り出せる仕組みだ
 (つまり其を確認してからが、警報のタイミングになるだろう)


> 電子マネーとの一体化とした点での紛失に関しては
> 携帯通信会社の窓口での対応が適当に思われるが、現時点でのそれを知らん


 故障や破損した場合の受付窓口としても携帯通信会社の窓口対応が適当に思われるが
 内蔵していたデータのバックアップ保証としたサービス(有料)を兼ねるなら
 そりゃまぁ携帯通信会社だろうから携帯通信会社だろう


> ‥というように考えていくと、是論では


 単にマイナンバーを管理している縦割り窓口と
 公民お金でサイトを管理する縦割り窓口と
 携帯通信会社の各店舗窓口とした三つの窓口対応が、役割別に扱われる話になる



posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:35 | Comment(0) | 科特隊どころか無理だからウルトラ経済大作戦 | 更新情報をチェックする

2020年11月19日

【コロナ事時】GoToから見る第二波、第三波の捉え方

記稿.2020/11/19

> ×コロナ第二波 → ○東京外しGoTo第一波
> ×コロナ第三波 → ○東京込みGoTo第二波


 という連動を↓のグラフが物語っている

img_pic.jpg

 ‥コロナには種類が適当にあるので
 それぞれを保有しちゃっていても
 普段の生活周りでならどうにかバランスを維持できるにせよ
 外部から想定外の曲者が体内に紛れ込んでくると途端にバランスが取れなくなって
 発症するというのが想定のパターンなんだから

 東京が如何に外部からの出入り口だって次第の現れでもある

 なので、はじめから東京込みだったら
 日本の医療はパンクしていたに違いない


> しかしこれの裏を返すと


 東京圏に暮らしていて、普通に過ごせているなら
 全然大丈夫という油断をやらかす事にもなってくる


 ‥せっかちなGoTo経済が
 地方の皆さんのそれなりの免疫のできるまでを待って上げられたかどうかがとても大事だった
 なんだか地方置き去り経済の反動みたいだったような流れだったらしい

 とはいえ、現実は来い乞いだからツッコまれそうな物言いではある



posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:48 | Comment(0) | 日記/2020 | 更新情報をチェックする

【エンコード日記】テレビUSB挿しインターレース自動的解除の決定的な弱点

記稿.2020/11/19

> 業を煮やして、エンコード設定を「とろ重」から
> 2-3プルダウンに特化した、GOP(5)、Bフレーム(0)、REF(4)にしても
> リバウンドを繰り返す箇所がどうにもならない事から


 インターレース処理のなんらかが
 リバウンドを繰り返すような短いGOPならではのその間にすっぽり収まると
 どうにも解消できないというのをようやくに理解した

 つまり

 はじまりのブレ駒はいつだって2枚、3枚でしか参照できないので
 きっちりと4枚分参照できる状態にないと、ブレを解消する為のデータ不足で
 リバウンド現象にハマったりもするという事らしい

 ‥このようなグデグデを解消するには
 2-3プルダウンからテレシネしたGOPの頭から二枚目と三枚目だけは
 後方を足して合わせて4枚参照できる構造が求められる

(というか普通にそういう構造にしないと、平均的な圧縮率の追求としては不足していると思う)


> 話は変わるが


 VLCプレイヤーの設定を解除オフにしたまま使っていて
 いつの間にやら、解除オンが効かなくなっちまっていたのだが
 今回、試しに弄ってみたら、普通に機能するようになったのだが‥

 (これって更新時にオフにしておくと、そのまま機能しないオチだったのだろうか?)
 (それとも妖精さんのイタズラだったのだろうか?)

 15年近い歳月を無為に、インターレース解除できねぇ不満を抱えていたような‥
 否否、VLCプレイヤーの性能がどっかでボケて、どっかで復活していたとか
 (繰り返し機能だって、使えねぇ状態に陥るからな)
 その辺の波のままに思い込んでいただけだったとか‥

 (なんかこう、そこはすっきりしないのだが)
 (ソースのそのままの解除画質を確認できたので、その点はすっきりできた)

 BDに関して言うと、無理に解除リップせずとも綺麗だったりで‥orz
 DVDの方は、手の入れようがあるとだけ理解した


> そんなこんなで


 ‥インターレース解除には
 アナログフィルム時代ならではの2-3プルダウンされているタイプと
 そうでないデジタル時代ならではの概ね2枚でセットでやらかしているタイプと
 さらにそれを特化して、部分的なインターレース状態というのがあるのを混同していて

 DVDのGOPがM=3, N=15だったりで
 奇数でもいいんだと思っていたが、それだと
 トップとボトムの入れ替わるケースが頻繁にでちまう臭いことに、今頃になって気がついた

 そして

 テレビUSB挿し頼みの自動的解除の更なる弱みとして
 テレビ放送の規格外のインターレース処理に関しては脆いというオチがついて回る事を
 ようやくに理解した


> つまり、自動的解除できるのとできないのが出てくるのは、当然の結果だった
> さらに、再リップ時の劣化が大きすぎるとダメになるパターンとそれの逆のパターンとがある


 どうにも煮え切らない作業はクリエイティブでないので詰まらないので
 もう少し、職人芸を楽しめそうな作業をしたいので
 AviUtlプラグインの「自動フィールドシフト インタレース解除」を試してみた

 なんか自動と手動を両方入れないとどうたらと書いてあったので両方入れたのだが
 機能がダブっているようで今ひとつよく分からないところはあるが
 なんとか使える状態が分かってきて思ったのが
 普通にトップとボトムを合わせるだけでは違うらしい(へぇ~)

 (GOPの関係で入れ替わったりすりゃ当然だ、今理解したz)

 そこの塩梅のうんちくはさっぱりだが、エッジやらコーミングやらを
 すべて取り除こうとするのは野暮ってもんで、上手に利用しようとの空気を理解した


> 世界観がまったく違ってたンゴ!!!



posted by 木田舎滝ゆる里 at 03:19 | Comment(0) | 月下涙焉 | 更新情報をチェックする

2020年11月17日

【エンコードレシピ】絶対無敵!月下のとろまぐろ重

↓12)改稿.2020/12/02...20201117...


|十三夜 泪のような部屋明かり ビットレートにまで透けにけり


 ‥本日の十三夜の月明かりが部屋の窓辺に泪のようだ
 泪のように美しいのか、泪を流すように儚いのか
 トライ・アンド・エラーの動画エンコードとは
 まるでそんな涙の量を重ねてしまった果てのビットレートの増量傾向に似ていて
 どうにも「月下涙焉(げっかるいえん)」だなあ

 ‥これはガチで勝負エンコードだあと思いつつも
 また次の満月がやって来るように終わり無く、切り無く
 ただ、それの姿を移ろいてでも見てみたいとした欲がもたげちゃっただけかもなあ


> すべての諸悪その名は「Bフレーム動きベクトル」‥(誤差が大きすぎて使えねぇクズ!)
> すべての問題を丸く収めてしまう2pass平均ビットレート方式
> だがしかし‥カラー優先度をはじめとした三点盛りを無用の長物へと葬り去る権化だった
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:51 | Comment(0) | 月下涙焉 | 更新情報をチェックする

2020年11月15日

【エンコード日記】行列係数と伝送特性を付けてるとBフレームが‥だった件

記稿.2020/11/15

> 可変ビットレート(0)にして、鮪丼に、よりビットレートが均等に割り振られる云々よりも
> 行列係数と伝送特性を付けていると
> 低いビットレートにおいては、Bフレームの割り当てが悪くなってしまうらしい


 ‥さらに
 それ以前の中身として、GOP(8)にしていると
 Pフレームの重み付けが解除されてオフの扱いになっていた

 つまり、すべてのPフレームが

 (設定によるIフレーム爆発から)何らかのIフレームを参照する状態に置かれているので
 重み付けをする必要が無いほどに想定内品質にあることから
 逆に、Bフレームとの品質差が大きいらしい

 (その理由としてか、Bフレーム側の重み付けは据えおかれているかのようでもある)
 (まぁ3枚有効だからだろう‥BDだって多くは2枚程度だからな‥)


 ‥またそれに関連してだろう
 Bフレーム無しにすると、GOP(8)から
 Pフレームの重み付けが解除されてしまう成り行きで
 想定外のIフレームの連続帯が生じてしまうものと思われる


 つまり


 Bフレームのマクロブロックをより細かくしては
 割り当てに因る品質差がより大きくなってしまうので
 I4x4、P4x4、B16x16の構成が、鮪丼としては具合が良いらしい
 (なにはともあれIP(1.4)、PB(1.3)の差はどうしようもない)

 結果的に、行列係数と伝送特性の指定は「無し」×可変ビットレート(1)で丁度良いぐらいっぽ


> いやぁもう‥はじめから全部確認のし直しです‥orz



posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:26 | Comment(0) | 月下涙焉 | 更新情報をチェックする

2020年11月12日

【エンコード日記】インターレースの深淵に「K.O.」したった件

記稿.2020/11/12

> DVD4:3は、11250(ビットレート)でも頑強のようだが
> DVD16:9は、品質を90年代アニメに適うようにMAXに上げた結果
> テレビUSB挿しにおいて、インターレース縞の誤検知が発生してしまうらしい


 ‥つまり、今度は誤検知が起きない程度に
 MAXに上げた品質から下げる必要に迫られてしまった(ンゴ!!!)


 ‥例えば「獣の奏者エリンOP」では
 母と娘が手を繋いで歩いているシーンが、右側に小さくあったりするカットで
 インタレース解除が上手くできていないと思って、ちょいと逆サーチしてから再再生確認すると
 問題なく解除されている状態を繰り返す

 それと似たような箇所が他にもあり、タイトル全体で考えると悩ましい

 これは完全に誤検知が発生しているとしか思えないケースだろう


 ‥例えば「かなめもOP」では
 踊るタイトル文字表示の箇所から以降、タイミングずれが訂正しきらずにそのままになる

 AviUtlでコマ送りしてみたら
 激しいパンでカク付かないように
 なんとインターレース映像の二重撮りを含ませてあった(ンゴ)
 お陰で最大5枚連続のブレ駒が続いており、その前には4枚箇所がいくつか見られ
 完全にその影響からだろう‥タイミングずれが訂正しきらないままの状況に陥るらしい

 他にも普通に二枚連続の箇所にも、インターレースの二重盛りがされていたりしている
 タイトル全体で考えると卒倒しそうなこだわりを見せているようだ

 つまり是などは、完全に誤検知されないように品質を落とさなくてはならない


> DVDのタイトル毎にそんなこだわりを噛ましてあるんじゃないかと思うとうんざりだ
> (縦縞タイプのインターレースを見た事あるけど、これなんかどうなるんだろうね?)
> さらに悩ましいのがBDインターレースの場合だ


 DVDとBDとの差を嫌ったのかどうかまでは知らんが
 ここまでやって見せているとなるとそういう事だと思うのだが
 BT.601で読み込んで、なんちゃってBT.709をやらかしている1080iが存在していた

 フレッシュプリキュア!OPではまるで気が付かなかったが
 フレッシュプリキュア!EDでそれが発覚した

 (まさか‥OPとEDで違うのか‥組み合わせてあったりすると一発出しは完全にお手上げだ)

 つまり、なんちゃってなのでBT.709でも色がおかしくならないように
 平均ビットレートを下げている
 (他のBDインターレースと比べると平均ビットレートが低すぎる)
 (少ない割りにはどんなに盛り込んで再リップしようとソースより品質が良くならない)
 (なんちゃってBT709とインターレースに、エンコーダーが右往左往しているとしか思えない)
 (もはや解除してからエンコードするほか無い)


 ‥実際、同じことを1080p→16875(平均ビットレート)720pでやってみても
 ビットレートが規定とされる25000を下回っているので、ほぼ安定的だ
 (AviUtlからBT601を介してなんちゃってBT.709でも余裕らしい)

 ‥だが残念な事に
 テレビUSB挿しで発生するマムシ沙汰にコマ落ちソースのパターンは、挿してみるまで判らない
 そんときゃ、AviUtlからBMP介してut.videoにしてからエンコードするとマムシを退治できる

 とは云え、タイトル毎でBT.601からのなんちゃってBT.709にしてある場合もあるので
 プログレッシブだろうと、色が怪しいと思ったらそういうことだと思った方が良い


 ‥しかしそうなると
 AviUtlでの色をBt.601で読み込ませるべきかBt.709で読み込ませるべきか
 はたまたAviUtl独自のLWなんとかで読み込ませるべきかはソース次第ということになってくる


> なので、これなら一発楽勝ですとの案内はもはや無理ッ‥orz
> 自分でちゃんと色を比較確認してチェックしないとTIGEEってことになる


 (せっかくそろそろレシピにまとめられるかなと思っていたのに、空振りだった)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:57 | Comment(0) | 月下涙焉 | 更新情報をチェックする

【短歌】絶望と未来志向(十一射)

↓1)向宜詠吟.2020/11/12

|具体案無いけど口は未来志向 掛け声だけのやってる感
|披露会宣伝兼ねる派手の癖 格差をよそにイイ人面ら

|民主化をすり替え進む世の貧富 誰彼となくズル上等
|自由こそ悪党含み善に無し 基準はいつも私の都合

|汝しか見えていないと墓穴掘る 斯様な世間の穴埋めなんぞ

|競争を凶と化するお家欲 内輪でやらかすデキ合戦
|尻拭いさせる用にて才まほし 有能などと担ぎ上げむ
|お仕事の査定と常の人のせい 一石二鳥のライバル落とし


|育たない世間の夢や過疎三昧 俺の代まで我が社の幟
|愚鈍たる貴族好きすぎ世の自慢 質素を欠けば人間(ヒト)を失う


|いつだって結果は「後の祭り沙汰」‥資本世界の日常にけり‥

↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:36 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする