2021年04月06日

【エンコードレシピ】暫定整理(X264FHD最適ビットレート,Level5.1,i8,p8,b8)

↓12)改稿.2021/04/06

> 縦1080のサイズは、16x16のマクロブロックでは割り切れない
> なので、内部1088計算でのビットレート割り振りを予想する必要があった


1920×1088÷256
195840(24フレーム)/244800(30フレーム)
12240(÷16)/15300(÷16)
13056(÷15)/16320(÷15)
16320(÷12)/20400(÷12)
19584(÷10)/24480(÷10)
24480(÷_8)/30600(÷_8)
32640(÷_6)/40800(÷_6)
39168(÷_5)/48960(÷_5)
48960(÷_4)/61200(÷_4)


 ‥↑で確認すると
 以前からのマクロブロックi4,p4を効かせて、b8を切るやり方だと
 なぜか、発光色が画面から浮いて見えてしまう傾向を得る(39168時)
 I,pにビットレート多めである要素が、逆に、bフレーム側に動きのアンバランスをもたらすらしい
 (平均的では無い事からの動きムラ‥bフレーム側割り当て不足の発生は他にもありそう)

 ‥そこで、(39168時)Level5.1,i8,p8,b8までとしてみたところ
 動きの印象としては、より平均的に落ち着いて見える傾向を得る
 (tsソースより増量してしまうだろう点はあしからず)

 ‥基本的にマクロブロックを多くすると、その分の符合量が増すわけだが
 Level5.1,i8,p8,b8までと、Level6,i4,p4,b8は同じ符合量らしい、なので増減差は無い模様
 (演算は、8x8のマクロブロックまでの扱いの方が速い)


L5.1--i8,p8,b8
1920×1088÷256
195840(24フレーム数)/244800(30フレーム数)
13056(÷15)/16320(÷15):480
19584(÷10)/24480(÷10):480→1080
39168(÷_5)/48960(÷_5):1080

1440×1088÷256
146880(24フレーム数)/183600(30フレーム数)
_9792(÷15)/12240(÷15):480
14688(÷10)/18360(÷10):480→1080
29376(÷_5)/36720(÷_5):1080


 ‥ビットレート割り振りが合致し得ない値だと
 b8への相対的なビットレート配分の低下から、イヤンなシミがわずかに残る傾向を見せる

 (つまり、b8x8のビットレート配分の予測は、ヒト側の考えより遥かに低品質に落ち込むらしい)
 (だからといって切ってしまっても良いかというと、より平均的な印象を得るには欠かせない)
 (すると問答無用で、高ビットレートの割り振りを要求する)

 (‥Ipb間での配分バランスが不均等だと、Bフレームの品質にムラ気がでる傾向だ)
 (だが通常は、b16x16がほとんどだろうから誰も気がついちゃいない)
 (というか需要は品質向上云々よりもディスク規格に収める事だから、妥協せざるを得ない)
 (というかマスターからのエンコードの方が圧倒的にくっきりしているので16x16でも十分っぽ)

※ ということから、HDR映像の発光効果を安定させるにしても
 尋常ならざるビットレートにおいてさえ、平均的な割り振りが欠かせないのかも知れない
 (もとい、若しくはその逆で、片寄りこそが発光感をもたらしているオチかも知れない)
 (とはいえ、HEVCはBフレーム中心だから‥平均的な割り振りの用に思われる)


※参考:720÷1088=0.6617647058823529(とりあえず割り切れるらしい)
1080→720(1920):25920(24フレーム数)/32400(30フレーム数)
1080→720(1440):19440(24フレーム数)/24300(30フレーム数)
(こんなにビットレートを要求する720pなんて誰も使うまい)


 ‥ちなみに、各ビットレートの値は経験に基づく予想値です
 すべての値での検証はまだ行っておりません(あしからず)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:54 | Comment(0) | 月下涙焉 | 更新情報をチェックする