2021年04月23日

【動画エンコード】ビットレート配分とマクロブロックと心理的エンハンストの基本理解

↓2)記稿.2021/04/23

 ‥動画エンコードの説明では
 Iフレーム、Pフレーム、Bフレームに分解する説明だけはよくされている
 だが、圧縮の品質に付いての説明は、それだけでは不十分なのに
 なぜか、そこから先の説明に関しては、口を濁して自信喪失している記事が多い


 ‥圧縮の品質を上げるには
 ビットレートを増やす事が最重要ではあるにしても
 折角増やしたビットレートが、どのように割り振られているかを理解しておく必要がある


> まず、映像の一枚一枚を
> ピクセル単位からマクロブロック単位に置き換える
> (是により、マクロブロック単位で割り切れない端数すぎる解像度を使用できない)


 最終的にビットレートの配分は、マクロブロック単位へと切り分けられる(QP)
 この時、特定のマクロブロック単位へのビットレート配分が少なすぎていると
 問答無用で、所々で形を有していないピンボケ状態の格子に堕ちる

 でもだからといって
 全体により多くのビットレートの割り振りをするのは非効率である
 ということから、マクロブロック単位内での再度割り振りをやらかす仕組みが(AQ)だ

 これはどんなにビットレートを割り振ろうと
 それぞれのマクロブロック内でピッタリとした細かさの構成は難しいのだから
 過不足の発生はやむを得ないのだから、AQをオフにしては損だとしたアルゴリズム理解だ


> この時、平均的なQP配分だけに縛られていると
> AQ内割り振りの段階で、無駄に多すぎるパターンが発生しがちのままになる
> そこで、この無駄とされる部分を如何に減らして
> その分をより必要とする動きや複雑さにビットレート配分を回せるか‥
> とした技術的な課題が付きまとう


 ‥一見これの理屈にどハマりすると
 AQ効果をより発生させずにQP配分を器用にやらかしたい
 とした問答に映らなくもないのだが‥
 (始めっからそんなの無理、それが非可逆圧縮だ)

(そこで存在していたのが2パスの立ち位置だったということになるらしい‥)

(だが庶民の視覚能力はスカポンタンだったのでそうにはならなかった‥)
(というか技術者側の生活保護にも黙りを決め込んでいたオチだろう)
(技術者が自分たちの生活保護のために技術公開を黙秘しすぎるのは問題がある)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:09 | Comment(0) | 月下涙焉 | 更新情報をチェックする